ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2010.6.3 01:53ゴー宣道場

次回『第3回・ゴー宣道場』に向けて!

昨日、 「鳩山総理&小沢幹事長 辞職」
という大きな動きがありましたね絵文字:急ぎ

本当に、驚きました絵文字:困った 冷汗

3年前、取材先の病院の待合室に置かれたテレビで、
安部総理(当時)の辞意表明を知った時と同じくらい、
驚きました。

私はてっきり、鳩山首相は、ある種の図太さで、
少なくとも参院選までは続けるのだろう、と思ってました。
昨日の各紙朝刊も、ほとんどが、
「退陣拒否、批判集中か」と報道してました。
でも、その日の午前中には辞意表明・・・絵文字:冷や汗

毎日のように、国会議事堂・首相官邸・議員会館・・・と
政治家に貼り付いて取材している
報道陣ですら読めなかったのだから、
政局だけを追いかけて、あれこれ予測して考えるのは、
本当に意味がない・・・と感じました。

 “ 政局 ” ではなく、
 “ 国としてのビジョン ” がどうあるべきかを
常に考え続けたいと、つくづく思います絵文字:ひらめき

さて絵文字:重要こんな激動の中、
次回『ゴー宣道場』、どんな展開になるのでしょうか?絵文字:笑顔

以下、13日(日)に向けての
よしりん先生からのメッセージを伝えます絵文字:重要
参加予定の方は、必ず読んで下さいね絵文字:重要絵文字:会議


「ゴー宣道場」のメーリングリストに、
会員の女性からとても良い意見が寄せられました。

最近、タクシーに乗ると運転手さんに
「民主党には期待してたけど、
鳩山総理はだめだ。でも自民党もだめ。」
という話を持ち出されることが続いているそうです。

マスコミも、野党の議員も、
「選挙目当てで、表紙だけ変える気か!」
と一斉に非難しています。
辞めなきゃ、辞めろと非難し、
辞めたら、卑怯だと非難するのだから、
一体どうしろと言うのだと、わしなんかは思います。

確かに、民主党が清新なイメージになる顔を選べたら、
支持率は再び上昇する可能性もあります。
いつも寝ぼけまなこの管直人ではどうかなと思いますが。

彼女はこう書いています。
「志を持って国会に臨む議員の方が
きちんと仕事が出来る状況であってほしいと思います。
挙げ足取りで引き摺り下ろすのはやめてほしい。」

まったくその通りです。

残念ですが、この意見を書いた女性は、
急な仕事の用事で6月の道場に参加できないそうです。

「職を賭して道場に!
というのは本末転倒ですので、
今回は諦めます。
ご迷惑かけてすみません。」
と結ばれています。

もちろん、
「身を修め、現場で戦う覚悟をつくる公論の場」
が、「ゴー宣道場」の主旨です。
現場をほったらかして駆けつけるような
非日常の市民運動ではありません。

また次回に参加してください。

鳩山総理の辞職表明演説を見ていた自民党の議員は、
鳩山総理の言葉をいちいち揶揄し、
「ざまあみろ」的な嘲笑をしていました。
まったく情けない連中です。

わしは、鳩山総理の演説に、ある種の感動すら覚えました。
初めて鳩山由紀夫の本心が理解できました。
もちろん、それは、遠すぎる理想主義の愚かさでもあり、
まるでジョンレノンの「イマジン」のような
ナイーブさではあります。

さらにわしは、
「新しい公共」や「地方主権」の概念には
疑問を持っているのですが、
これは自民党時代から提出されていたテーマです。

鳩山総理は

「日本の平和は、日本人自身で作り上げていく時を、
 いつかは求めなきゃならないと思っている。
 アメリカに依存し続ける安全保障を、
 これから50年、100年続けて良いとは思わない。」

と言ってのけました。
自民党時代に、ここまで踏み込んで
国民の前で発言した総理がいましたか?
これを自民党の議員が聞いて、
何も思わず、何も感じず、
ツイッタ―やりながら、ただ嘲笑していたのならば、
やはり今の自民党はカスです。
タクシーの運転手さんが言う通りなのです。

せっかく二名の政治家が来てくれるのです。
たった100名弱の前で、長時間、
みなさんと議論してくれるのです。
参加者の意見のレベルが低すぎると
わしが感じたときは、
わしがこの貴重な時間を奪います。
わしが城内議員、
原口大臣(当日、大臣なのかどうかわかりませんが)
を独占して議論します。
そこは覚悟していてください。

道場は悪しき平等主義の場ではありません。
しっかり
『希望の国・日本』を読みこんで、
質疑応答に備えてください。


次回、『ゴー宣道場』に来て頂く、政治家のお2人は、
“ ビジョン ”を持ち、それを自分の言葉で語れる方です。

5名の先生方はもちろんのこと、
骨法の道場生の皆さんも、
お2人に礼を失することのないようにと、
着々と準備を進めています。

参加を予定されている皆さんも、
13日に向けて、心して準備して下さいね絵文字:重要
頑張りましょー絵文字:重要絵文字:重要絵文字:笑顔

みなぼん

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ