ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2010.6.21 07:10政治・経済

原口大臣に篭絡されて「民主党支持」なのか?


みなさーん絵文字:重要
よしりん先生から、メッセージです絵文字:音楽


特に、「小林よしのりは原口大臣に騙されてる」
と馬鹿げたことを言っている方々、
「結局のところ、参院選は誰に投票すれば良いの?民主党?」
と思っている方々は、必読です絵文字:重要絵文字:会議


はっきりさせておきたいことがあります。

わしが原口大臣を呼んだからといって、
民主党支持なんてことはないですよ。
わしの支持政党なんて絶対明らかにしませんから、
自分で考えて投票してください。

ただ 「反民主党」 なんてビジョンはあり得ない。
安倍元総理や、麻生元総理が
菅直人政権を「左翼政権」と決めつけたようですが、
それは自民党としてはそう言わざるを得なかったのでしょう。

ですが、それは説得力を持たない。
そもそも左翼とか、保守とか、右翼とか、
そういうイデオロギー論争は、
論壇村では通用するかもしれませんが、
せいぜい数万人の村です。
3万人か、5万人か?
恐らく『ゴー宣』の読者の方が多いでしょう。

保守系の議員は論壇村に引きずられ過ぎる。
しょせんが、“ タコ壺村 ” に過ぎないのに。
野党になって支持率が上がらないから、
支持してくれるところは、
藁でもすがりたいのかもしれませんが、
スケールが小さくなるのが心配です。

鳩山・小沢が退いて、菅直人に変わっただけで、
民主党の支持率が急増してしまうのなら、
どうやら国民はまだまだ自民党に飽きた状態から脱していない。

自民党が輝きだしたから、積極的に自民党を支持しよう
という機運が湧き起こっていない。
まあ、当然です。
輝きだしていないのだから。

ならばわしは、民主党を左翼と決めつけ、
左翼に追いやってしまうような愚は犯したくない。
どうせ二大政党制に近くなるなら、
保守二大政党制にしたい
という願いをわしは持っています。

民主党を左翼と決めつける人たちは、
次の選挙で民主党が勝ったら、
外国人参政権の問題は諦めますか?
単独過半数をとったら法案を通すことはできますよ。

わしは民主党にこの法案を出してほしくないのです。
だから民主党を左翼と決めつけません。
わしなりに微力ながら努力してみます。

自分自身の考えと、ぴったり一致する政治家なんていません。
自分の考えとは違うと主張するなら、
自分が立候補すればいいはずです。
自分にその度胸も覚悟もないなら、
自分に近い誰かに託すしかない。

原口大臣はその中の一人です。
消費税の考え一つとっても、
さっそくわしと原口氏の考えの違いが発覚しました。

わしは消費税10%に賛成です。
ただし、生活必需品にかけることを避けた方がいいとは思いますが。

消費税を社会保障に当てて、
将来不安を取り除くことによって、
貯蓄に回る金を使えるようにしてあげなければなりません。

こういうときに自民党は、
一気に民主党の誘いに乗るくらいの度胸を
見せればいいのにと思います。
反対のための反対は見飽きた。

「原口大臣の熱弁に感動していてどうするか?政治は納得だ」
と言う人がいました。
一見、大人っぽい理屈ですが、
一体、どの政治家になら全面的な納得が得られるのでしょう?
さらにその政治家の政策一つ一つについて、
なぜそれで納得できるのかを説明できますか?

参加者の中の質問で、
「結局、人柄しかわからないのでは?」という質問は、
的を射ているとわしは思います。

原口大臣が、あんなに汗を流しながら熱弁をふるってくれたのは、
わしが、「原口大臣は言葉に情念を込められる政治家だ」
と紹介したからでしょう。
この一言に即座に反応できる感性を、
わしは買いたいのです。
逆に道場の参加者はそのことに気付きましたか?
気付かなかったのなら、感性が鈍いな。

政局はどうなるかわかりません。
週刊誌的に政局に重大関心を持ったところで、
選挙の結果では政党の損得勘定で、
奇妙な連立が成立するかもしれません。

「反民主党」以上の理念を、
日本の将来像を語らなければならないのに、
それを描けますか?

菅直人の「第三の道」は
まだ考えてみなければなりませんね。

みなぼん

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ