ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2010.8.26 12:27お知らせ

また、また・・・!

久々に、みなぼんの

“ 秘書みなぼんが見たもん♪”

です絵文字:女性

決して私がサボっていたわけでは
ないのですよ絵文字:冷や汗
ここ数日、よしりん先生共々、
厳しい残暑の中、頑張っておりました絵文字:出張絵文字:急ぎ

そのご報告は、
また後ほど・・・絵文字:重要

さて、皆さん絵文字:重要

な・な・なんと・・・絵文字:重要絵文字:笑顔

『国民の遺書「泣かずにほめて下さい」
靖國の言乃葉100選


またまた、増刷が決定しましたー絵文字:重要絵文字:重要絵文字:キラキラ

これで、6刷目です
絵文字:良くできました OK

こういった戦争に関する書籍は、
8月15日を過ぎてしまったら、
パタリと売れなくなってしまう傾向にあるそうですが、
この『国民の遺書』は、
まだまだ売れ行きが衰えないそうです絵文字:笑顔

買って読んで下さった皆さま、
ありがとうございました絵文字:重要

そして、まだ読んでない周りの方にも
どんどん勧めて下さいね絵文字:笑顔

何度も書きましたが、
この本は本当に重い本です。
とても一気に、
全てを読み通せる本ではありません。

死を前にして、葛藤の末に
「公心」を書き遺していった英霊の想いが、
ずしっと詰まっています。
ズンと心に迫ってきます。

ただ、だからこそ、
現代を生きる戦争を知らない人達が
戦争のこと、
そして日本の未来を想って
亡くなっていった
先人たちのことを考え始めた時の
“ 入門書 ” としても、
とてもオススメだと思います。

“ 入門書 ” と言いながら、
私自身もまだ、
この英霊の遺書を読み通して、
先人たちの想いに向き合って、
自分自身を内省してみる、
そして身近な人のこと、
果ては国のことを少し考えてみる・・・
そこまでで、いっぱいいっぱいです絵文字:冷や汗

「漫画家・小林よしのりの秘書」
という仕事をしていますから、
かなり保守的で、
戦争のことや国家のことを
常日頃から考えている、
と思われるかもしれませんが、
実際は私も日常に追われているのです絵文字:絶望

作品の締め切りに追われたり、
山のように積まれたゲラと格闘したり、
「ゴー宣道場」が始まってからは忙しさ倍増で、
その準備や管理のために、
一日中パソコンとにらめっこしたり、
ドッサリと寄せられる応募ハガキを読んで
鬼のような気持ちで選考したりと、
仕事に追われる日々・・・絵文字:急ぎ

かと思えば、
ひとたび、目の前に美味しそうな物が差し出されれば、
いの一番に飛びついたり、
映画を観に行きたいとよしりん先生にねだったり、
洗濯物が溜まっていることが頭から離れなかったり、
アキレス腱を再断裂しないよう筋力トレーニングをしたりと、
私事にも追われる日々・・・絵文字:急ぎ

それこそ、戦時中の日本人とは、
かけ離れた日常を送っているのです絵文字:困った 冷汗

そんな私なので、
戦争や先人のことを考える時、
実際のところは
本を読んで想像力を働かせ、
内省してみるところまでで精一杯です絵文字:困った 冷汗

しかも、よしりん先生は、
私にこう言います。

「戦後を知っている戦争体験者に
  話を聞いても、そこにはどうしても、
  戦後の価値観が入ってしまっている。
  この『国民の遺書』は、
  戦後を知らない将兵たちの言葉だぞ。」


私はこの言葉を聞いて、
目が見開かれる思いでした絵文字:ひらめき

私と同じように、
日常に追われて過ごす人達も、
まずは『国民の遺書』を読んで、
そこに遺っている先人たちの、
まさに当時の感覚や思いに
触れてみることからなら、
挑戦できるのではないでしょうか?絵文字:笑顔

そして、
『国民の遺書』に収められている、
英霊の想いの重さを感じた時、
それに少しでも応えようとしたならば、
どうしても自分の足元を
見つめざるを得ない・・・絵文字:ひらめき

この本は、
“ 内省を促す書 ”
なのかもしれませんね絵文字:キラキラ

みなぼん

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ