ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
みなぼん
2011.5.25 03:41皇統問題

忘れてはならない皇統の危機

『新天皇論』(小学館)の感想が
まだまだ返ってきています絵文字:記念日

リテラシーのある読者、
サイレント・マジョリティーは
ちゃんといるのです

一部の偏狭なカルト保守に
惑わされてはなりません
絵文字:ひらめき

 『新天皇論』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ 『天皇論』に答える如く目覚めよと
  新燃丘に爆発続く
  
  腕を痛め治療中で字が飛んで書けませんが、書かずに居れません。
  特に政治家に目覚めてもらわなくてはなりません。乱筆乱文ごめん。
  (匿名)
 
◆ 私も男系派でした。保守なら男系だろうという位の気持でした。
  でもこの本を読んで、気持ちが変わりました。ありがとうございます。
  私は日本のためを思っている心算で、とんでもない不忠者になっていました。
  もし、このままでいて、皇統が断絶するようなおそろしいことが起きたら、
  陛下にも、靖國の英霊の方々にも、申し訳がつきません。
  一刻も早く皇室典範を改正して、陛下の大御心を安んじ奉らねばなりません。
  (愛知県・15歳女性・中学生)

◆ ここ迄、噛み砕いて書いてもらえれば、私の様に、頭の回転が
  今一つ良く無い者でも、とても良く分かりました。
  ものすごく膨大な勉強量だと思います。
  ここ迄、国や皇室の事を体を張って、本気で想って行動する人がいるでしょうか。
  一人でも多くの政治家に読んでもらいたいです。
  今回、2か所涙の出る所が有りました。
  一つは、天皇陛下の「どうもありがとう」の所です。
  もう一つは、「あとがき」です。何故だか分からないのですが、読んだ後、
  涙が止まりませんでした。
  先生とスタッフの皆様に
  「どうも、ありがとうございます」 (山口県・54歳女性)
 
◆ 私は以前、女帝については、否定的でした。理由は、女帝となられる方の
  配偶者の問題があったからです。生涯独身を強いられるのは、
  気の毒だと思っていたからです。しかしその一点さえクリアになれば、
  女帝は一つの選択肢となり得ると確信しました。
  今の雅子妃のお立場は、本当にお気の毒です。私も嫁として、
  色々なストレスにさらされてきましたが(今も…)、
  雅子妃は、もっと大変だと思います。
  皇族の方々が、こころ穏やかに暮らせる様、私達も祈りたいと思います。
  (岐阜県・43歳女性・主婦)
 
◆ 本当に読み応えのある素晴らしい本をありがとうございます。
  皇位継承問題の論点と解決策が繰り返し丁寧に噛んでふくめるように
  説かれてあり、非常に解りやすかったです。
  先生の論は終始一貫して皇位継承は直系による継承が
  今上天皇の御心であり、そのために女性天皇を認めるべきだということを
  充分理解することができました。私も先生の主張を支持いたします。
  それにしても、かの渡部昇一氏がこんなにも頭が悪かったとは驚きでした。
  (福岡県・48歳男性・会社役員)
 
◆ これまで天皇は「男」であるべきとの説が正しいと思っていた
  (TVなどで大好きな櫻井さんも説得力ある話をしていた)。
  しかしこの本を読んで「目からウロコ」で、大いに納得できました。
  この本を国会議員全員に配って勉強してもらうべきです。
  (広島県・73歳男性)
 
◆ 1冊目の『天皇論』では女系容認論は受け入れられませんでしたが、
  今回の『新天皇論』を熟読してようやく理解することが出来ました。
  絶対男系派の考えの根拠が(私もかつてそうでした)あいまいで
  正当性を欠くことに気づかされました。
  本書では特に男系絶対思想がシナから由来していること、
  平城京遷都1300年祭に天皇が見えないつくりになっていることには驚きです。
  奈良県民として恥ずかしい限りです。
  小林先生の作品は大学生のころから拝読させてもらっていますが、
  私にとっては「考えるリトマス紙」です。膨大な情報・報道の中で
  何が正しいのか、正しくないのか、操作されているのか、それが自分で
  考えた考えなのか否かを気づかせてくれる作品が多いと思います。
  毎回すさまじい内容でこの値段は安すぎます。倍でも買います絵文字:重要
  (奈良県・32歳男性・医師)
 
◆ 皇統をどのように維持していくかということに対する答えを示さないままに
  保守論壇がくだらぬ「カルト」になっていることに失望してしまいます。
  守るべきものは皇統であり、天皇制度だと思いますが、男系男子に
  固執していれば、いずれ我国から天皇制度はなくなってしまうでしょう。
  小林先生が示された「三つの質問」に答えないまま逃げるのは不誠実と思います。
  私は、今のままでは天皇制度は維持していくことは不可能であるので、
  政治の責任として法改正して女系女性天皇をみとめるのが正しいと思います。
  (神奈川県・38歳男性・会社員)
 
◆ 渡部昇一氏の「皇室入門」を Book- offで見かけて、ちょっとめくってみたけど、
  この人はマンガを表現手段としか見てない。絵に何も感じない。
  完全にマンガをナメてる。ふざけんな。
  学生の頃(ガンダム、うる星やつら全盛、コミケ初期)マンガ研究会にいた。
  本当にマンガが好きで、マンガの凄さを実感していた。
  けれど、いざ描こうとすると、自分の中に、何も伝えたい内容がない事に、
  ガク然となりました。以来、何を見ても聞いても、自分が伝えるとしたらどうか、
  この番組はどう取材されてるか、意図は何か、よくよく考えるようになったのは、
  私の宝です。
  よしりん先生は、曖昧を赦さず、真実を伝えるべきだという執念が
  これほどの本を描かせている。本当に頭が下がります。
  (熊本県・40代女性・主婦)
 
◆ 日本国・日本人にとって天皇陛下がこんなにも尊い存在だったのか… 
  大切な方であることは何となく分かっていても、本当に無知な私でした。
  「天皇論」シリーズは丁寧で分かりやすく、何より小林先生が情念こめて
  描いておられる事が伝わってきて、天皇陛下への敬愛の気持ちが
  自然とわきおこる内容でした。
  また私にも男系主義の人たちの放言を信じていた部分があり、
  不勉強ゆえに皇室の品位、神聖さを軽んじる事になっていたと思うと恥ずかしい、
  恥じ入るばかりです。
  古来よりの皇室のありかたをきちんと学び、女系天皇への道をひらき、
  皇位継承を安定させることは、将来の日本への遺産です。
  そして、今上陛下に、一日もはやく安心していただきたいです。
  (大阪府・39歳女性・主婦)

◆ 女系公認。
  『新天皇論』を読めば、男系男子継承はできません。明白です。
  皇統が永遠に続くことを望みます。
  天皇陛下のことは日常ではそれほど思っていませんが、小沢さんの
  事件の時は自分の中で小沢さんへの怒りがおさまりませんでした。
  自分の中に無意識の奥深くに天皇陛下があるのでしょう。
  これも『天皇論』、『昭和天皇論』、『新天皇論』のおかげさまです。
  (福井県・43歳男性・自営業)
 
◆ 今の皇室の現状を見、過去からの皇統の歴遷を鑑みた時、小林よしのり様の
  見解こそ、皇室を日本を救うための最上の方策であると考えます。
  これは、すぐにでも実現させねばならぬ最喫緊の事です。
  長野は戸隠の一隅からですが、千里を照らす志を強くしたいと思っています。
  (長野県・60歳男性・教師)
 
 
 
 
みなぼん

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ