ゴー宣DOJO

BLOGブログ
トッキー
2012.4.28 13:28お知らせ

ブチギレ橋下徹市長ツイッター第2弾!

橋下徹市長の
ツイッター吠えつぶやきが
本日20時48分から突然再開しました。


小林よしのりと中野剛志の
批判のどこにそこまで
激怒したのかわかりませんが、
今回は1時間がかりの連投です。

市長、ヒマですね。

以下に全部紹介します。



小林よしのりや中野剛志、共通するのは批判はするが、
今の現実の課題に対しての具体策は一つもなし。
批判は楽。具体策を提示し、実行するのは死ぬほど大変。
人間の考える策に完璧なものなどない。
批判しようと思えばいくらでも粗捜しはできる。
それでもやらざるを得ない。これが現実の政治・行政。

小林よしのりと中野剛志の共通点は、自分の論こそ絶対に
正しく、その他の論は全て愚。自分と反対する人間は全てバカ。
自分こそが今の日本を引っ張っているという勘違い。それと非常識。
まあ僕の嫌いな自称インテリ層の典型だ。
僕は学者が嫌いなんじゃない。学者さんの多くに知恵を頂いている。

小林よしのりは、東京都の「都」が、天皇陛下がいらっしゃる
「都」と勘違いしている。もう少し勉強しろ。東京都の都は
行政体の名称だ。1943年、東京府と東京市が合わさって
東京都になったに過ぎない。首都とは関係ない。
大阪都構想も府と市を再編する行政機構の変革。

現在「都」と呼ぶしかないから都構想と言っているだけだ。
他の名称があればそれで構わん。それを「橋下は都とは何かを
まるで考えていない」だって?お前が考えていないんだよ!
また自分の漫画で、日本の自虐史観を相対化することが
できただって?おいおい頼むよ。ガキ相手にしてただけじゃねえか。

そして中野剛志、こういう官僚こそが国賊だね。中野は、少しネットで
ちやほやされたらもう一流学者、日本の論客入りという認識だ。
維新八策が中学生レベルの内容で大学生がこんなレポートを
書いたら私は不可を付けますよだって?おいおい、誰が中野の講義を
聞くんだよ。維新の会にそんな暇人はいない。

そもそも維新の会の政治塾の講師陣にあなたはノミネートに全く
上がりもしない。自分が上で他は下という思い上がりは正しなさい。
公の場で下品な悪口を垂れ流さないのが礼儀とか日本人らしい
振る舞いだとすれば、橋下はそれをぶち壊しているだって?
俺は下品な奴に下品で返しているだけだ。

中野の著書やその他をざっとチェックしたらこりゃ酷いね。
TPP亡国論では結構しっかり論じてるのかなと思ったら、
ちょっと注目されたらまあ下品で無責任な悪口のオンパレード。
批判はするが具体策は一切ない。何よりも、経産省のひも付きで
大学に行ってやがる。

税金で自由な時間をたっぷりもらって好きなお勉強をして
学生相手にくっちゃべって、そりゃ気楽ご気楽だぜ。ある雑誌に、
「私は地方選挙に興味がない」「大阪で起きたバカげた政治運動」
だと。ネットでは、「今こそ国の行政組織が強くならなければならない」
「計画経済が必要だ」と。

国が偉くて、地方の田舎のことなんかどうでも良いって認識がありありと
出ている。大阪のバカげた政治運動って、どこまで有権者をバカにするのか。
こういう官僚は選挙を、政治をとことんバカにして、官僚こそ全てって認識
なんだろう。大阪の動きは大阪府民の選択
だ。

政治家は専門家ではない。大学教授のように好きなだけ勉強
できる時間はない。だから大きな方向性を示して、中身は専門家に
委ねる。実行するときには様々な政治的な障壁に出くわすから、
それを突破するのが政治家だ。これは専門家にはできない。
政治家と専門家の役割分担だ。

だから専門家は、政治家の実行しようとする政策について
具体的に批判をし、対案があるなら対案を示すのが役割だ。特に
中野のように官僚を一旦辞めた形にして大学に出向し、また官僚に
戻る輩は、それが義務だ。それをやらなきゃ税金の無駄遣いだろ。

こちらは現実の行政組織を動かすのに日々のマネジメントがあり、
日々現実の課題にぶち当たっている。大阪市役所のHPに日々の
スケジュールと課題が掲載されているから、もっと具体的に批判
して来い。維新の考えが90年代初頭のままだって?レッテル貼りで
批判する一番楽な道を選ぶな。

そんなことを言えば、中野の考えなど大宝律令の時代のままだろ。政治家は
価値観や方向性を示す。確かに僕らは、自由や競争を重んじる。制度改革や
統治機構改革の必要性を感じ、自由貿易を重んじる。中野の価値観と正反対
なのだろう。しかし政治はその時代や状況に合わせた舵とりだ。

今の時代、今の日本の状況にはどちらの価値観を当てはめなければ
ならないのか。90年代初頭の考えだからそれは悪いってそんな
批判理由があるのか?今の公務員制度、行政機構、
ありとあらゆる既得権。正すものは正さなければならない。
どこまでやるのかはバランスだ。

どういう方向で進むのか、それを提示してあとは国民に選択して
もらう。完全自由や完全統制はあり得ない。バランスだ。制度疲労が
著しい場合には作り直す必要がある。制度がうまく行っている
場合には改善で済むだろう。今の日本の状況からどちらを選ぶかだ。

方向性を国民が定めたら中身を考えるのは専門家だ。中野剛志、
もう一度官僚に戻るなら、「売国奴に告ぐ」など、国民をバカにした
タイトルの本を出すな。お前のその自由時間は税金で賄われている。
官僚だったからこそ、今のいい身分が与えられている。

今は大学准教授だから、何を言っても自由だなどと勘違いするな。
それなら官僚の身分を完全に捨て去れ。お前のように身分保障に
甘えた官僚が日本をダメにした。税金で自由時間を与えられたのは、
調子に乗って毒を吐くためじゃない。しっかり勉強して国民に還元しろ。

中野剛志、俺を呼び捨てにするなら、俺の目の前でやれ。
批判をするなら大阪市政において具体的な批判をしろ。
公務員改革でも外郭団体改革でも何か一つでも具体案を提案しろ。
学生相手に授業をやって、ネットでちやほやされて調子に乗るな。
お前は官僚だ。



しかし、市長の立場というのは、
タレントや言論人とは違うんですよ。


批判に対してここまで罵詈雑言
並べて立てるという行為は、
常識に適ってますか?
トッキー

次回の開催予定

第115回

第115回 令和6年 3/16 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO「チェブリンに保守思想を分かるまで教える」

INFORMATIONお知らせ