ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.10.31 01:57よしりん先生の登場

AKB48とは何かという関心

よしりん先生の
登場です!!

・・・・・



中森明夫氏が週刊朝日に
AKB48論』(幻冬舎)に対する
素晴らしい書評を書いてくれている。


大感謝します。ありがとう。

確かにAKBは規模が大きくて、
絶えず変化し続けているので、
全体を把握し、核心を押さえるのが難しい。

一つ分かったのは、
宇野常寛氏はAKB以前のアイドルは
興味なかったと言っており、
そういえば現在のAKBメンバーが
アイドルといえばAKB
なってしまっている。

せいぜいモー娘。くらいからが
彼女たちの記憶だろう。

だから「王道」と言っても、
ワケが分からないのかもしれない。

王道などもう
崩壊したのかもしれない。

わしが古い価値観に
こだわってるのかもしれない。

だが、テレビのバラエティーか歌番組で、
ちょっぴり見る一般の人々にとってみれば、
AKBの多彩な魅力を
本当に知っているとは思えない。


NHK
BSプレミアムでやってる
AKB48 SHOW!」のような番組が、
地上波のゴールデンタイムでやっていれば、
もっと伝わると思うのだが。

この先、AKBはどうなっていくのか?


今のAKBの懸念材料は何か?


7
年後のオリンピックまで、AKBはもつのか?


そのとき誰がセンターなのか?

今、台湾から『AKB48論』を
出版したいというオファーが来ている。

実現するかどうかはわからない。

だが、「AKBとは何か?」という関心が、
国家の枠を超えているのは、間違いなさそうだ。

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ