ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.11.4 02:50ゴー宣道場

どんどん紹介!山本太郎「直訴」に対するライジング読者の意見!

小林よしのりライジングVol.59の
コメントが250件を突破!
 
山本太郎「直訴」についてのコメントも
どんどん入ってきて、読むだけでも
大変という状態ですが、
コメント欄だけに置いておくのは
もったいないものも多いので、
どんどん紹介していきます!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
山本太郎議員のやったことは問題があるとは思いますが
政治利用と騒ぐほどのものではないでしょう
手紙の内容は誰にも分かりませんし
これついて天皇陛下が発言されることもありません
天皇の政治利用などということは政権側にしかできないことです
 
これが原発大好きな人たちに利用されちゃうのは残念ですね
もともと原発反対派にはエキセントリックな人が多いので
 
原発推進派=常識のある人
原発反対派=非常識な人
 
という認識が事故前には浸透していましたが
現在でも、あまり変わってないようです
今回の騒動がこれに拍車をかけなければいいのですが
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
山本氏は天皇陛下を弱者に目を向けられる方だと
信頼しているのだと思いますし、また、
陛下に世俗的な権力を超越したものを感じたからこそ、
今回のような行為に及んだのではないでしょうか?
 
その意味では、山本氏はある意味
庶民的な感覚を持っていると思います。
 
ただし、敬意を持っているかは疑問ですが。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
山本太郎による園遊会での直訴は、
極めて非常識で不敬な行為や
天皇皇后両陛下に対する圧力的行動として
批判されて当然に思います。厳格責任の立場でいえば、
結果(直訴の効果の有無)にかかわらず
政治権力を利用した「皇室の政治利用」といえるでしょう。
国会議員の立場で園遊会に招かれていたのですから。
 
しかし、それ以上の不敬行為(女性宮家潰し,
皇統の正統性の源泉である農林水産業潰し,
神宮外苑鎮守の森破壊計画,...)を
現行犯で犯し続けている政治家や活動家などが
不敬を理由に批判するのは、
極刑に値する強盗殺人犯が軽犯罪者に
正義を説くようなモノで、その資格は全くありません。
 
以前、小林先生が被災者の読者からの
陛下への感謝のお手紙を陛下にお見せしようと
懐にあたためながらも結局果たせなかったことを
思い出しました。僭越ながらその理由は、おそらく
陛下は当然ご存じであろう、その陛下と庶民との
間にある目に見えぬ相思相愛に介入すべきではない、
といった思いがあったのではなかろうかと推察致します。
 
情熱に駆られるのは一概に悪いことではありませんが、
山本太郎にはそういった敬愛と配慮が不足していたのでしょう。
 
しかし、だからといってこれを一方的に断罪して
他を見て見ぬふりをすることは許されません。
断罪されるべき者はむしろ、ここぞとばかりに
山本太郎を血祭りに上げようとしている者たちでしょう。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
僕は山本太郎さんが庶民感覚として、
「本当の意味で一番偉い人
(尊皇心とか関係なく、サヨクでもなんとなく
共有できる国民のお父さん的感覚で)」に、
聞いて頂きたかったという、一見浅く見えるけど、
当たってる庶民感覚で、
いきなり手紙を出したという感じがします。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
今日はとても疲れる一日でした。
いつも酷い皇室バッシングをする職場の同僚達が
今日は山本太郎氏を標的にしていました。
同僚のその態度にイライラしてしまって…。
 
頭カチカチの自称保守オヤジなら、もう仕方ない
かもしれないけど、若い子も感化されて
一緒になっているので、それが悲しいです。
 
多くの人が「天皇とは何か」を知らないということが、
問題なんですよね。みんな知らないし、気にしてないし。
私だって学ばなかったら、今回の事だって
きちんと把握できなかっただろうから。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
まず「天皇とは何か」を
知ることが第一歩!
 
そして明日配信の
「小林よしのりライジング」では
山本太郎「直訴」問題を徹底考察!
 
次回道場の重要性も、
ますます増してきています!
参加ご応募はお早めに!


第39回ゴー宣道場
「政治権力と天皇」

平成25年12月1日(日)午後1時 から
『人事労務会館』 にて開催します。

「人事労務会館」
(住所:東京都品川区大崎2-4-3 )は、
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
『大崎駅』 の 北改札口 を出て左へ、
「西口」 側の左階段を降りて、徒歩3分です。

毎回、会場の場所が分からず迷われる方が、多くいらっしゃいます。

人事労務会館のHPにて、場所をよくご確認の上、ご来場下さい絵文字:重要
(HP掲載の、駅から会場までの地図を印刷し、持参されることをオススメします )

詳しくは、 “ こちら ” でどうぞ。

HP上の申し込みフォームからも申し込み可能です絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のHPメニュー「道場参加申し込み」もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。
当選された方は、道場当日、
その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。

 道場参加申し込みフォーム

引き続き、往復ハガキでの応募も受付けております絵文字:重要絵文字:記念日


入場料は、お一人1000円です。

参加ご希望の方は、

往復はがき に、『第39回参加希望』 と明記、

さらに、


1. 
氏名(同伴者がいる場合はその方の氏名と続柄・関係など)

2. 住所

3. 電話番号
4. 年齢

5. 
職業(学生の方は学校名)
6. 
募集を知った媒体
7. 
応募の理由と道場への期待

返信はがきの宛名には、ご自分の氏名・住所をご記入の上、

152-8799

東京都目黒区目黒本町1-15-16 目黒郵便局・局留め

『ゴー宣道場』代表・小林よしのり、担当・岸端


まで、お送り下さい。

応募〆切平成25年11/20(水)必着です。


当選された方にのみ
当選通知を送らせて頂きます絵文字:記念日
(往復ハガキで応募された方は返信ハガキで、ネットから応募された方は
 当選メールでの通知となります。)

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ