ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2013.12.3 03:50よしりん先生の登場

特定秘密保護法案について1

よしりん先生の
警告です!!

・・・・・



「特定秘密保護法案」
自民党は今週金曜までに
成立させようとしている。


恐るべき事態だ。

わしは左翼運動家に起こされた裁判で、
最高裁まで戦って逆転勝訴したことがあるが、
結局、裁判というものは法律の条文を巡る
解釈の取り合いだということがよくわかった。

自民党議員が
「マスコミは自由に取材をしていい」とか、
「国家機密は一般国民には関係ない」とか、
「常識の範囲内の運用しかしない」とか
主張しても、信じてはならないのだ。

この国は「法治国家」であって、
「人治主義国家」ではない。

安倍政権を信仰化している
自称保守&ネトウヨは、
政権が替わったときに、
「特定秘密保護法案」
どう運用されるのか
を、
なぜ考慮しないのだろう?

安倍政権にとっては、
アメリカとの秘密を保護したいだろうが、
左翼政権になったら、中国・韓国との
秘密を保護したいだろう。

それでいいと
思っているのだろうか?

さらに言うなら、
政権はコロコロ変わるのだから、
結局、官僚が秘密を保護する
主体になってしまう
に違いないのだ。

「情報」を握って、
国民をコントロールする権力を、
官僚に与える法律に、
なぜ「みんなの党」や「維新の会」は
賛成するのだろう?

官僚支配打破が、
党是ではなかったのか?

条文の解釈が曖昧すぎる法案、
それが国の将来の姿を
左右するような重要な法案ならば、
安易に成立させてはならない。

トッキー

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ