ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2014.1.6 06:31

女々しい!

小林先生にいわれて、

ふと自分の死生観について

思いめぐらせてみました。

「千の風になって」という歌は、

私も共感できます。

ソロモンにいるときでも、

晴れ渡った空や風雨、

ジャングルのざわめきに

いつも耳を傾けます。

私自身もまた、もし自分が死んだら、

風になって親しい人々を

見守りたいとも思います。

 

でもそれは、天寿を全うしたらの話。

もし自分が抗うことのできぬ

時代の波に押し流され、

死に折り合いをつけられないまま

倒れたとしたら、せめて、せめて

自分がいたことを忘れないでくれと

願い続けるでしょう。

怨念のように、ドロドロと。

 

誰かに見取ってもらいたい。

誰かに認めてもらいたい。
「かえりみはせじ」と言いたいけれど、
心の中では「かえりみてーー」と叫ぶ。

嗚呼、この悪あがき。

我ながら女々しすぎる。

 

小林先生や高森先生には、以前、

「骨にしか興味がない女」と

からかわれました。私自身も

「もしや自分はそうなのか?」と

思い悩んだこともありました。

けれども、私の遺骨収容の原点は、

ブーゲンビル島で見た、

60年以上も野ざらしになったままの

兵士たちの姿。

私にとって戦没者の遺骨とは、

骨そのものがどうというより、

忘れ去られてしまった時代と、

戦後日本の悲しいまでの無関心、

その象徴なのです。

だから執着するのです。

 

また、日本人は果たして遺骨に

執着しているのか、私は疑問に思います。

もしそうなら、遺骨収容事業はとっくに

終わっていることでしょう。

 

ただし、愛国心の拠りどころとしての

「信仰」は芽生えているように感じます。

数年前まで誰も見向きもしなかったのに。

硫黄島でより多くの人が参加できるように

なったこともあるでしょう。

すると、草生す屍の存在より、

参加した自分は偉い、

愛国心を持った自分は誇らしい、

そうしてイデオロギーと結びつき、

排他的にならないとも限らない。

私も気をつけなければなりません。

 

 

しかし少なくとも今、私が現場で感じるのは、

悲しみと怒りだけです。

愛国心どころか、「何が誇りある国家だ」と

忌々しささえ覚えます。

 

「こんなところで死なせるために

腹を痛めて生んだわけじゃない!」

 

いや、まあ、自分で腹を痛めた

わけではありませんが。。。

つい母親の感覚になってしまう自分がいます。


笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ