ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.19 12:54

慰安婦は借金を返せば朝鮮に帰れた


村山談話・河野談話に未来はあるか?

58回 米軍調査報告に見る慰安婦の実態(その9)

 

最後にもうひとつ、米軍による調査報告書を紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・

「慰安婦」はすべて、次のような契約条件で雇われていた。

慰安婦は彼女自身が稼いだ額の50パーセントを受け取り、

交通費、食費、医療費は無料だった。

交通費と医療費は軍当局によって負担され、食料は、軍の

貨物廠の援助のもとに慰安所経営者によって購入された。

経営者は、衣服、必需品、奢侈品を法外な値段で慰安婦に

売ることによって余禄を得た。

慰安婦は、彼女の家族に前貸しされたお金と、それに

加えて利息を返済できた場合には、朝鮮へ帰るための

無料の交通の便宜を提供され、あとは自由の身であると

みなされることになっていた。

しかし、19436月、第15軍司令部が、債務から解放

された慰安婦たちを帰国させる手配をしたにも

かかわらず、戦況のゆえに、これまでのところ、M739

(注・慰安所経営者の捕虜番号)のグループでは

だれ一人として、帰国を認められた者はいなかった。

そして、前述の条件を満たして帰国を希望したある

慰安婦は、他愛もなく説得されて残留することに

なってしまった。

739の施設では、慰安婦一人の稼ぎの最高額は

月に約1500円、最低額は月に約300円であったが、

この慰安所の規定により、慰安婦は、最低でも月あたり

150円を経営者に支払わなければならなかった。

・・・・・・・・・・・・・・

これまで紹介してきた資料と内容が重なる部分もあるが、

これは別の機関が作成した報告書である。

前回までの報告書の内容が決して特異なものではなく、

状況は誰が調べても変わらなかったという証明にも

なろう。

慰安婦は借金さえ返せば自由の身で、無料で朝鮮に

帰れたのだ。

この報告書の調査対象は一人も帰れなかったというが、

それはあくまでも戦況悪化で帰路の安全が保証でき

なかったためである。

帰国を希望した者が「他愛もなく説得」されたのも、

危険を冒してまで帰りたいほど過酷な生活では

なかったからだろう。

なおこの報告書で、もっとも稼ぎの悪い慰安婦の月収が

手取りで150円程度だとわかるが、

これは陸軍少尉の戦地手当て込みの月給よりも高い。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ