ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.4.29 06:08

アイドルと言えども、やはり楽曲


わしが「笑っていいかな?」「いいとも――!」の掛け合いを

嫌いだと書いたら、また指原に対する非難かのようにとられる。

勝手に思えばいいが、わしは「笑っていいとも」が面白いと

思ったことがなく、当然見なかった。

「いいとも――!」の掛け声は知ってたが、

「人の同意を催促する」この掛け声が面白いと思ったことが

なくて、むしろ嫌いだった。

これは感性の問題だから仕方がない。

世間では番組の終わりを惜しむ声が大きかったようだが、

わしには真昼間から仲間うちではしゃいでるだけの番組に

しか見えなかったので、全然ダメだった。

 

わしは苦境に陥った子を助けたくなり、恵まれた子には関心が

なくなる。

秋元康を始め、あらゆるオッサンが応援する恵まれた指原には、

「頑張ってください」と言うしかない。

指原が苦境に立ったら、わしは応援するだろうが、多分出番は

なさそうだ。

 

運に見放された渡辺美優紀は可愛そうと思ってしまう。

でもUGN48には入れる気はない。

これはシビアに考える。

最近はSKEが苦境に陥っているようで、応援しようと思う。

 

昨日、武藤彩未のCDを買って聴いてみたが、

あれだけ可愛くて、あれだけ歌唱力があるのに、

残念ながら楽曲が良くない。

何度も聴きたいと思う歌がない。

なぜ80年代アイドルのようなキャッチ―な楽曲を歌わせ

ないのか?

プロデュースがダメだ。

 

やっぱりAKBは楽曲がいい。

歌唱力のなさは可愛さとダンスで誤魔化せる。

最近は「狼とプライド」をいつの間にか口ずさんでいたり、

だーすー&つーまーの「ここで一発」を見て

気分をメジャーにしている。

まだ未発売の新曲「ラブラドール・レトリバー」の旋律が

懐かしくて、何だったかなと考えてたのだが、

ようやくわかった。

ミッシェル・ポルナレフの「シェリーに口づけ」だ。

人が聴いて気持ちいい旋律は、もう出尽くしているのかも

しれない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ