ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2014.5.16 16:31

盲目の怖さ

ここ数日、ほとんど歩いていません。

歩数計を付けていたら、

おそらくカウントされるのは

一日50歩くらいかも。。。

外出する日は、一気に予定を片付けてしまおうと

あれやこれやと詰め込む。

それでこないだヒールを履いて歩き回っていたら、
その日の夜、
というか明け方、足がつって目が覚めた。

ぎえぇぇぇーーーという雄たけびと共に

夜の帳も明けましたとさ。

いまだに左足のふくらはぎに湿布を

貼っております。嗚呼ばばくさい。

 

仕事が一段落したら、もう一度

ミュージカル「ウィキッド」を

観に行きたいと思っている。

もう三度目になるけれど、

何度見ても飽きないだろうなあ。

 

このミュージカル、「オズの魔法使い」の

“知られざる裏話”になっています。

良い魔女と悪い魔女、この二人が

どうしてそう呼ばれることになったのか。

そこに、タイプの全く異なる女の子の

友情と恋愛、女の幸せってナニ?

というような命題が含まれています。

女同士が見せる戸惑いやたくましさ、

それらがミュージカルの柱なのです。

 

でも、もしそれだけだったのなら、

私は何度も観に行きたいとは思わなかったでしょう。

むしろこのミュージカルには、

恐ろしいテーマが通底しています。

それは、「統治者に対する庶民の盲目とその危うさ」です。

作者は、女同士の友情を前面に出しているけれど、

本当に言いたいことはこっちなのでは?

と私は思っています。

 

統治者であるオズは、あるとき

魔法の国にどういうわけか辿り着きました。

そこで魔法も使えないのに知恵を絞って

国難に対処。庶民には、その知恵が魔法に見えて、

いつの間にか「オズの陛下」になった。

「皆が望むのなら引き受けよう」とオズは言う。

しかしオズは元来ちゃらんぽらんな男。

「ほんとうなんかどうでもいい」

「悪人も善人も一皮むけば同じこと」

これってかなりのニヒリズム。

 

そして本当に魔法が使える主人公

エルファバが自分の思い通りに

ならないと知るや、彼女を「悪い魔女」として

迫害します。

何も知らない盲目的な庶民は、

悪い魔女を殺せ!とわめきたてる。

さらには「水をかければ溶けて死ぬ」という

荒唐無稽な話すらも信じ込むようになる。。。

 

そして、オズは得意げにこう言うのです。

「私の故郷では、皆の信じたことが

歴史と呼ばれている!」

 

私はこのセリフを聞いて、ゾッとしました。

これはミュージカルの中だけの話ではなく、

現代社会にも十分に通じることではないか!

慰安婦問題はその典型でしょう。

 

私はせめて、無知で盲目にはなりたくないと思う。

そうならないための努力は続けていきたいと思う。

それが流されないための唯一の方法だ。

 

……と言いつつ、こないだ大学時代の

成績表が手帳から出てきました。

20年間、入れっぱなし。

この手帳、20年も使っているのかと驚いたし、

そこそこ良い成績取っていたことにも驚いた。

でももっと驚いたのは、履修科目に「憲法学」があったこと!

きれいさっぱり忘却の彼方です。
盲目以前に健忘症か。
とほほ。

今度の道場では脳みそを活性化させるぞ!


テーマ
『憲法を知らぬ保守を叱る!』


平成26年6月8日(日)午後1時 から
『人事労務会館』 にて開催します。

「人事労務会館」
(住所:東京都品川区大崎2-4-3 )は、
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
『大崎駅』北改札口 を出て左へ、
「西口」 側の左階段を降りて、徒歩3分です。

毎回、会場の場所が分からず迷われる方が、多くいらっしゃいます。

人事労務会館のHPにて、場所をよくご確認の上、ご来場下さい絵文字:重要
(HP掲載の、駅から会場までの地図を印刷し、持参されることをオススメします )

詳しくは、 “ こちら ” でどうぞ。

入場料は、お一人様1000円です。


参加ご希望の方は、このweb上の申し込みフォームから申し込み可能です
絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のメニュー「道場参加申し込み」もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

※「申し込み確認メール」が届かない方は、以下のような原因が考えられます。

・迷惑メール対策サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている
・着信拒否サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが着信拒否の対象となっている
・ドメイン指定受信を利用していて、「gosen-dojo.com」のドメインが指定されていない
・セキュリティソフトやメールソフトで迷惑メール対策をしていて、 「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている

reply@gosen-dojo.com」からのメールを受信できるよう再設定をお願い致します。

「申し込み確認メール」が届かない場合、当選メールも届かない可能性がありますので、
ご注意ください絵文字:重要



申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。

当選された方は、道場当日、
その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。



 道場参加申し込みフォーム



なお今後は不定期開催となるため、
往復ハガキでの応募は中止させて頂きます絵文字:重要絵文字:記念日

応募〆切 は 平成26年5/28(水) です。

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ