ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.6.9 03:03ゴー宣道場

憲法の議論、伝わっていたようだ


昨日の「ゴー宣道場」、難しかったかな?

いきなり知識を詰め込みすぎたかな?

と心配してたのだが、門弟からこんな投稿があった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。Tです。
今回の道場で最も興味深かったのは、日本と西洋の、

憲法に対する意識の違いです。
西洋では近代憲法が成立する過程において、王権という、

倒すべき明確な他者がいました。
そのため「国民が権力を縛る」という憲法の意義が実感

し易かったと思います。


一方の日本では、天皇が古代から立憲主義の思想で、

国を統治していました。
故に日本人は、縛る対象を具体化できなかったのでしょう。
西洋の概念を丸写ししたとき、天皇をGODとして捉えた

のは、必然的な誤謬だと思います。
しかしそうまでして西洋化しなければならなかった時期が

ありました。
自然状態の国際社会に身を投じなければいけなかった時代

に対して、思いを致したいです。

また西洋では、神との契約が根本にあること、そして契約

とは人間同士の相互不信から生まれることも分かりました。
逆に日本では、相互信頼のムラ社会が基本にありました。
この違いが、憲法に対する感度の違いに関わっているので

しょう。
日本人は、一々明文化せずとも何となく話が通じるので、

憲法も何となくあるものだと考えてしまうのだと思います。


しかし憲法は「慣習法」を元にしている。
そのため国民の意識が低下すれば、憲法は容易く形骸化して

しまう。
この御指摘は、私自身、よく噛み締めなければいけません。
取り敢えず私が今できることとして、天皇陛下や皇后陛下の

お言葉を注視していきたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやあ、こんなに見事に理解してくれてたとは驚いた。

熱心な門弟だから(と言ったらまた選民意識が出るから

危ないが)なのか、本当に良くわかってくれている。

このTという男は普段は単なるドスケベらしくて、

笹さんの脚ばっかり見てるらしいが、内容もちゃんと

聞いていたのだ。

人は見かけで判断してはいけないな。

とにかく伝わっていたのだから安堵した。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ