ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2014.8.16 08:32

8月15日、ドワンゴ公式ニコニコ生放送で靖国神社を語る(前編)

8月15日、ドワンゴ公式ニコニコ生放送ではこれまで、
日本武道館の全国戦没者追悼式典や靖国神社境内の様子を、
ひたすら中継していたようだ。

ところが今年は、靖国神社の基礎的な事柄について、
誰かに解説させようという企画が持ち上がったらしい。

どうしたいきさつからか、その解説役が私に回って来た。

当日、境内の適当な場所で喋ってくれないか、という依頼。

ニコ生の視聴者は、恐らく若い人が多いだろうから、
私のようなオジサンで良いのか、どうか。もう1つ自信が持てない。

そこで、私がやる場合でも、
若くて可愛い女の子からの初歩的な質問に答える形式の方が、
視聴者に身近に受け止めて貰えるのではないか、と提案してみた。

勿論、下心があってのことだが。

先方は検討してみます、との返事。

結局、この「検討してみます」というのも、
チョイ“危ない日本語”だったようだ。

当日、私への質問役として現れたのは、
もとより私よりは若いものの、
お兄さんとオジサンの中間のような
男性。

Jリーグの中継もやってるバリバリのプロのアナウンサーだという

事前に入念な勉強もしてこられたようで、手元にはドッサリ資料が。

大変心強い。

だが、私が下心半分で期待していたのとは、
やや違うシチュエーションに。

話す内容は、「太平洋戦争」までの靖国神社の歴史。

それと8月15日に靖国神社境内で見ておくべきスポット。

というのが、運営サイドの希望だった。

戦後ではなく、戦前の靖国神社を取り上げる辺り、
ちょっと変わった面白い着眼だ。(つづく)

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ