ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.11.29 08:29

覚醒剤に替わる具体的な代案を求める馬鹿


民主党を批判するときにマスコミや識者は「アベノミクスを

批判するなら具体的な代案を出せ」と言う。

わしにはこれが理解できない。

アベノミクスとやらは、節操なき、不道徳な金融緩和ありき

で実行された博打である。

いったい誰が返すんだというほどの、ものすごい財政赤字を

積み上げている。

若者たち、子供たちが、返す借金になるのだ。

 

アベノミクスとやらは、少子高齢化と、グローバリズムと、

耐久消費財の充満によって、成長時代の終焉を迎えた日本

の社会に、いわば覚醒剤を打って、強引に経済を活性化させ

ようとするものだ。

 

覚醒剤以外に元気になる代案を出せ」と言われても、

いや、老化しつつある身体に、覚醒剤まで打って元気を出す

必要はないのです」と言わざるを得ない。

私の身体は老化しているから、若者や、子供たちのために、

投資することにしましょう。それがこの老体にも健全で公的な

活力を蘇らせる方法です」という以外にない。

 

脱原発で地方の特色を生かした再生可能エネルギーへの転換をし、

その再生可能エネルギーを核とした産業を地域別に根付かせる、

海洋風力なら漁業との連携ができるし、山間部風力や地熱発電なら

林業との連携になり、太陽光を農業と結びつけることができる。

都会では水素スタンドへの投資を一気に進めて、水素自動車の

普及を促進する。

 

エネルギーの多様化で、地域を再生させれば、昔ながらの因習や

しがらみを排した、新たな共同体を立ち上げることができる。

匿名の馬鹿がいがみ合うネットの絆ではなく、顔を見知った人間

同士の、礼儀ある絆を再構築することを、「きれいごと」と思われ

ようが目指さねば、ヘイトスピーチなんかなくなるわけがない。

ヘイト野郎は、共同体から浮遊した、劣化した感情の表出なの

だから、今や日本人は感情までが劣化しつつあるのだ。

つまり人間ではなく、獣化しつつある。

 

リベラルが言ってきた「きれいごと」を、無意味だと断ずるなら、

天皇陛下のお言葉をどう捉えるのか?

あれも「きれいごと」なのか?

民主党の中の現実派は、政権を経験した失敗に懲りて、自民党と

ほとんど変わらなくなる新自由主義路線を目指すのか、それとも

もう一度、理想の旗を掲げるリベラルを目指すのか、

決断が迫られている。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ