ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.4 03:28

自民党大勝のその先に・・・


自民党が300議席超えで大勝しそうである。

与野党がもっと伯仲する方が望ましいという
世論調査が出ていたのに、
やっぱり入れるべき野党がないという理由から、
結局自民党に入れるというのが、
大衆の心理傾向のようだ。

民主党政権を誕生させた、思慮のない大衆ほど、
民主党への幻滅感が大きくなっている。
そしてそういう風だけ、ムードだけの大衆ほど
自民党に入れるようになっている。

今の大衆には、政治家を育てる、
政党を育てるという意識がない。

自民党の中のもう少し知性的な勢力を
応援したいという理由から、
野党に入れるという選択をなぜしないのだろう?

自民党は安倍一派だけではない。
このまま自民大勝になれば、自民党内の、
よりリベラルで、保守的な政治家を
育てることが出来なくなる。

わしが期待している自民党議員もいるのだが、
安倍独裁の下では彼らは主体性を発揮できないし、
存在感を発揮できないし、成長も出来ない。

小選挙区制は政治家の質を徹底的に劣化させる。
議員が政党の頭数になってしまうのだ!

はっきり言って、維新とか、次世代とかは、
自民党の補完勢力なので、必要がないのだ。
アベノミクスは評価するが・・・と言った時点で
存在意味がなくなる。

アベノミクスをもっと吹かすとか、
アベノミクスを成功させられるのは
しがらみのない我が政党だけなんて
言ってる政党は、
それならば自民党に入れという話になる。

共産党は皇室の必要性がわかってないからダメだが、
自民党への批判票が流れてしまう。

まあ、日本人も一回、独裁制と超格差社会の
息苦しさを経験してみて、その先に
共産党の革命寸前まで行ってみる
必要があるのか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ