ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2014.12.4 08:30小林よしのりライジング

感情の「表出」はスルーか、削除


切通理作氏の『本多猪四郎』を読み始めたが、そもそも怪獣映画を

こんなに見てないから、出てくる映画が全然わからない。

わしが子供のころは、親が怪獣映画なんか見に連れて行って

くれなかった。

親の好きな映画は、東映の時代劇が主で、美空ひばりとか大川橋蔵

の映画しか見てない。

したがって今のところ難解で、なかなか読み進められないが、

頑張る。

 

秘書みなぼんに尋ねてみて知ったのだが、「ライジング」の購読者は

少しづつだが、案外増えている。

ネット配信の影響力は微々たるものだと思うが、政治や社会状況を

論考する『ゴー宣』は現在、月一回「SAPIO」の2pしか描いてない

から、文章だけにせよ毎週書いておくことは意味があると思う。

 

問題はコメント欄が荒れることだが、横にコミュニケーションを

とると、その疑似共同体(的な仲間内で)評価されない者が、

和を壊したくなって、荒らしが始まる。

説得不可能な感情の「表出」を、説得しようとして、結局憎悪の

応酬が始まる。

 

宮台真司氏が分析した、ネトウヨは感情の「表出」だから、

「表現」による説得は不可能というのは見事な概念整理だ。

感情の「表出」による荒れたコメント欄を外部から見たら、

購読する気も失せる。

つまり営業妨害になる。

常識を逸した書き込みは、徹底的に「スルー」してほしいが、

こちらでも荒らし目的や、頻繁すぎる書き込みは、営業妨害に

なるから、削除しろと時浦に伝えた。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ