ゴー宣ネット道場

SCHEDULE今後の開催予定
第80回 2019/3/10(日)14:00

テーマ:「石破茂は何を考えているか?」

  • 第80回「関西ゴー宣道場」アンケート回答1

    3月10日(日曜)石破茂議員をゲストに迎えて、第80回「ゴー宣道場」(第6回関西ゴー宣道場)が開催された。 大阪まで来てくれた石破茂氏には大感謝だ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆石破議員の深い知識とふところの深さを感じたお話でした。 丁寧なお話とユーモアにも、ご本人へのしたしみもすごみも感じさせられました。 ぜひ総理大臣になっていただきたい。応援します。 (京都府・46歳男性・介護職) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ この人が総理大臣にならなかったら、自民党は宝の持ち腐れだ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆安倍首相を始めとする、議論の成り立たない政治を是正し、国民がたとえ反対であっても納得させられる政治ができるのは自民党では石破議員であると。 より強く感じることができた。 (大阪府・45歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「国民がたとえ反対であっても納得させられる政治」というのは大事だな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆石破さんの、くだけた感じの話し方が親しみやすさを感じて、いいなあと思いました。 「国民を信じて、国民に向かって話さないでどうするのか。 政治家の仕事は賛成してもらう事ではなく納得してもらう事だ」との発言が、とても印象に残りました。 石破さんの、小林さん発言に対するリアクションが、愛きょうがあって可愛可笑しくて、とても好感を持ちました。 (新潟県・48歳男性・運送業) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 石破氏は知らないふりして聞く耳を持つという術も身につけたら、もっと人気を得るだろう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆石破議員には〝勇気と真心をもって真実を語る〟国会議員であってほしいと思います。 憲法9条2項削除には大いに賛同しています。 私個人としては、自衛隊を国防軍として正々堂々と認める憲法にしていただきたいと切に願っています。 (兵庫県・53歳女性・主婦) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 女性がこれを言うんだから、大したものだな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆淡々としていますがはぐらかしたりせず答えていて好感が持てました。 感情に訴えるのが安倍なら同じ土俵に上がってはダメですね。 そうなるとまわりは「政治家みんな一緒」としか見なしません。 (大阪府・41歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 政治家は感情に訴えるのが上手いからなあ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆政治家の方とも限らないのでしょうが、どうしてもマスコミを介して見ることが多いことで、見識や思想よりも見た目のイメージやうまいフレーズという、マスコミ映えが良い悪いで評価しがちになっていることに気付きました。 テレビでよくある多人数がちょっとずつしゃべる議論とは違って、少数による深い議論を久し振りに聞けて面白かったです。 (兵庫県・47歳女性・団体職員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 女性はすごいね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆石破氏の論理的かつ情熱的な話を多方面にわたって聞くことができ、とてもよかった。 ただ、日米地位協定に関することなどで、石破氏の説明がやや詭弁めいた官僚的なものに感じられたが、そこは防衛大臣を実際に務めていた頃の論理が残っているのかなと思う。 (大阪府・53歳男性・大学教員、医師) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ちゃ―――――んと見てる人は、いるんだよな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆イラクへの後方支援は戦闘行為ではないという部分は、賛同できませんでした。(物資・補給も戦闘行為に 含まれると思います) (大阪府・49歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 航空自衛隊は米軍の武器弾薬も運んでいたよな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆国会答弁に制服組が出たことがないというのは、全く気づかずでした。 外国人を入れないとGDPがもたないという話と、グローバリズムによる、国内の賃金downが、政策によってどう切り分けられるのかが私の頭では理解できませんでした。 (神奈川県・56歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ その通り。わしも制服組を国会に出して説明を求めなければ、文民統制にはならないと思う。 そして移民政策とグローバリズムによる国内労働者の実質賃金の低下は必然だから、そこは石破氏の論理が通っていない。 そのように自分の頭で考えていればいいのです。 ネトウヨみたいに安倍への「信仰」を育ててはダメ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆私が言うのは非常におこがましいですが、石破先生はきちんと勉強している、有能な数少ない政治家であるなと再認識しました。 同時にそういった人材の少なさに恐ろしさを感じざるを得ませんでした。 人にモノを伝えるということは、背景にものすごい知識や関心や思考が必要となることを痛感しました。 とにかく恐ろしいまでの知識量にびっくりしました(笑)。 そこが説得力につながっているのだなと。 逆に知識にも理念にも欠ける某首相の言葉の軽さに苦笑いしかないです。 (京都府・41歳男性・医師) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ まず議論ができる政治家を育てなければならない。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆参加者からざっくばらんな意見が出て、非常に活気があってよかった。 自民党員になる件、検討します。 日本女性のスキルは高いという話、うちの妻もそうなので良くわかります。 (兵庫県・49歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ のろけじゃないか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆「軍隊は、国の独立のためにある」 このコトバは、勇気と希望がわいてきました。 (千葉県・82歳女性・アパート経営) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ これも女性の言葉なんだからすごいな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆主権者であってほしい、投票するとき自分が為政者ならどうするか考えてほしいと言って下さったのが、すばらしいと思いました。 アベさんなら(歴代の総理も)、選挙前は目先のえさをぶらさげて釣るだけなのにと思いました。 子供にもそう教えてきたのでうれしいです。 (兵庫県・45歳女性・専門学校講師) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ その通りですな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆安倍総理の国会の答弁、あまりにも情けないと思って見ています。 憲法9条2項を残したまま3項に自衛隊を加憲するという論理矛盾の気持ち悪さを感じます。 憲法学者に違憲論者がいるからとの理由から、最近では、自衛官の子どもはいじめられる、さらに自衛官募集に集まらないから、と、どんどん改憲理由が情に訴えるものになっているのがおかしいと思います。 安倍総理は法というものが論理の積み重ねになっている事を理解していないのではないかと思います。 「国民を信じていない政治家」は「国民も政治家を信じられない」というお言葉が印象に残りました。 (大阪府・58歳女性・主婦) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 論理的に考える女性だっているということが分かって、嬉しいなあ。 「ゴー宣道場」にだけ、こんな女性が集まるのか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆世代が同じせいか共感する点が多いです。 改めて現首相の説明能力のなさ(無能)が実感されました。 全ての議員に今一度、何のため議員になったのかと考えてもらいたい。 自身としては、どのような職業でも「世のため人のため」(公)という意識を持つべきと思います。 世の中「結果が全て」という流れ(医学研究でもそうです)を変えるべきですね。 (京都府・62歳男性・医師) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 政治家に説明能力があれば、議論が成り立つ。 そこから、国民の側からの異論や反論をぶつけていく。 その第一歩を石破茂から始めるしかないのではと思う。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆正しい事はあまりおもしろくなかったり、なかなか広まっていかないという石破さんの言葉も印象に残っています。 我々国民がどれだけ現実逃避をしているのかという、政治家からの意見ではないかと思います。 (大阪府・28歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 国民の側もちゃんと論理的に考えなきゃな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆開場時間とほぼ同時に来たのに、もう半分ほど席が埋まっていたり、設営隊のみなさんの元気なかけ声が絶え間なくひびいていたりと、いつも以上に活気がありました。 笑いの濃度がさすが大阪という感じ。 アクの強い質問が多かったのもそれ故でしょうか。 石破議員の包容力に拠るところも大きかったと思います。 とても楽しかったです。どうもありがとうございました。 (静岡県・36歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 設営隊の熱気がすごかったし、参加者も変な人もいたが、わしは面白かったな。 第2弾に続く。  
  • 第80回「関西ゴー宣道場」アンケート回答2

    3月10日(日曜)石破茂議員をゲストに迎えて、第80回「ゴー宣道場」(第6回関西ゴー宣道場)が開催された。 参加者のアンケート回答の第2弾です。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆おだやかな口調で語りかけている石破先生に良い印象を持ちました。 これ程ロジカルに、文脈もあって、かつ熱く語りかける講演はまれだと思います。 議論の前提となる事実を数字できちんと押さえておられ、説得力がすごく高いと思いました。 密度の高い時間でした。 (大阪府・男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 記憶力、わしないから、凄いと思ったな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆今までも、面白かった回はたくさん、80回もあるしそりゃたくさんありましたが、今回はとてもおもしろかったです! 石破茂氏の印象は、何だか恐いなとか、顔が赤いなとか、オタクな一面を紹介されたりとか、断片的にしかありませんでしたが、今回の道場を通して、今後、注目したいヒトになりました。 (愛知県・38歳男性・高校教師) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 産経新聞などは石破茂バッシングが酷い。 安倍の対抗馬はいないという報道をしている。 ネトウヨも石破茂を対抗馬から外そうとしている。 結局、彼らの望みは安倍4選なのだ。 安倍4選を阻止できる対抗馬を考えねばならない。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆どうしても自民党や安倍首相に対する私憤をお聞きしたいという野次馬根性的好奇心が捨てきれない自分がいるのですが、石破氏は私的感情は抑えて、もっと大きな志で国の将来のために何をしなければならないか、学ばなければいけないか具体的データを示して頂き勉強になりました。 昭和の時代の自民党の志ある教えを大切に実行している政治家の姿を今の国会中継等で見受けられないのは残念です。 「俺たち偉いんだ病」にかかっているように見えるというのは言い得て妙でした。 (神奈川県・51歳女性・パート職員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 石破氏が教えを請うた渡辺美智雄とは、わしは対談して漫画に描いている。知らんだろうな。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆石破議員の公のために尽くす姿勢を再確認させてもらいました。 日本の国家の形・枠組みを、時代・前提の変化に応じ、不都合でも、難しくても、国民に理解を得、変えていこう、このような姿勢を持つ石破先生のスタンスに大いに感動しました。 (兵庫県・27歳男性・アルバイト) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 安倍政権に排除されている石破茂を、今は応援するしかない。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆石破議員、表情豊かで見ているだけで面白いです。 またいらしてほしいです。 常日頃から、人が注目しない場所でも、色々なことを考え続けているのだろうなと感じますし、それこそが公僕としての姿勢であるべきと感じます。 きれいごとだけではない、痛みを引きうける覚悟を国民に対して求め、そして自分にも刃を向けている。 師範の方々がおっしゃるように誠実な人だと思いました。 (奈良県・45歳女性・調剤事務) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 理が分かる人間なら、国民が説得することもできるだろうという期待も込めて、今は支持するしかない。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆石破先生が「自民党を出ない」と明言していたのがよかったです。自民党内からの変化を期待します。 また、立憲民主党と枝野氏への評価を小林先生から聞けてよかったです。 今回は必要な説明だったと思います。 石破氏が本来の自民党を、枝野氏が保守・リベラル政党の党首となってほしいです。 (大阪府・38歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ そうなると、とても助かる。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆「この程度の国民に、この程度の政治家である」という言葉が嫌いであるというお言葉にすごくショックを受けました。 こんなに国民にウソをつく安倍政権がなぜ半数近くの国民に信任されるのか、国民に対して憤る自分が恥ずかしくなりました。 国民を信用する政治家というのをはじめてまのあたりにした気がしました。 (福岡県・33歳男性・ITエンジニア) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 愚民だと言いたくなる衝動は抑えきれないが、政治家がそれを言っちゃおしまいよというのはある。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆国民が主権者であるのなら、自分が国をどうしていきたいか考えて票を投じたり、日々の行動を正していくことが主権者としての義務だと感じた。 地方が栄えなければ日本のGDPに悪影響が出て、日本が壊れてしまうことになる。 地方の繁栄は日本の繁栄なのだと気づいた。 (滋賀県・30歳女性・臨時職員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 全くその通りです。 東京から人が地方へ逆流する政治が必要なのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆ゴー宣の考えとは異なることがあっても迎合せず自分の考えをはっきり述べられた石破先生は信用できると思った。 立憲民主党が高森先生を呼んで皇統についての勉強会を今もやっているというのを知り、まだ信用できる部分があることを知れたのは良かった。 最後の最後、高森先生の女性宮家、女系天皇の話が最も印象的だった。 皇統維持のベストアンサーですら、眞子さまや佳子さまにとっては残酷であること、愛子さまは結婚して民間人になるか天皇になるかという全く逆の人生になる可能性がある事は、深く考えていなかった。 そのことに気づくことができたのは本日一番の収穫だった。 (静岡県・43歳男性・旋盤工) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 新天皇が即位されたら、また天皇制の議論をやらねばならぬだろうね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆集団的自衛権の話は、倉持師範に「分かっておっしゃってる」とおっしゃいましたが、逆に石破議員が実は分かっていると思うのですが、今集団的自衛権を認めればそれを根拠にアメリカが日本に対して基地使用を含めてアメリカの「人殺し」に世界中参戦することを強制される流れになると思います。 国会が否決もありえると言われても現在の政治状況から見て信用できないというよりは考えられません。 今までと違った角度から集団的自衛権というものの見解が聞けたことはよかったと思います。 (兵庫県・43歳男性・公務員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 自民党の議員は、あのように集団的自衛権もイラク戦争も擁護するしかないのですよ。 政治家は「集」に偏り、「個」にはなれないという面はあるのです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆日本の女性が置かれている現状をあらためて語られると、やはり残念な気持になりました。 毎日こんなにがんばってるのに、どうして報われないんだろうなんて、少し感傷的になってしまいます。 石破先生が多くのことを把握されていることはよく分かりましたし、期待したいと思いました。 一方で、そうであればなぜこんなに現状が悪すぎるのかという悲しい気持ちも同時に沸き起こり、少々涙ぐんでしまいました。 だから、質問者の中で、安倍にガツンと言ってほしいという気持ちはすごく共感します。 勇気づけられる思いでした。 (大阪府・41歳女性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 安倍にガツンと言うと、たちまち「反安倍」の報道が出るから、党内での支持を失うというジレンマがある。 次を狙わなくていいなら、何でも言えるだろうけどね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆石破先生の深い話をじっくり聞けました。 人口増加・経済成長から、人口減少・経済停滞と構造が変化した中で、社会保障(おそらく年金も)の持続は不可能だという部分が印象的でした。 石破先生がおっしゃられてましたが、結婚とお金は切っても切れないです。 自身も未婚ですが、給料増えないし、共働きじゃないと厳しいな、ましてや子供なんて…と思ってしまいます。 (若い頃は歳とともに増えると思ってました) (愛知県・35歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 実質賃金が増えなければ、結婚も子育てもできないと考えるのは仕方がない。 そこは4月の「ゴー宣道場」で、藤井聡氏の話を聴こう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ◆実際に石破氏にお会いして話を聞くことで、思った以上にユーモアにあふれる人であり、そして、国民と真摯に向き合って政治を行おうとしている人であることを感じることができました。 石破氏は、私達が日々の生活に追われていることを承知した上で、できるだけ丁寧でわかりやすく説明しようと心がけているので、私達国民もそれに応えなければいけないと思いました。 (大阪府・35歳男性・会社員) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ その通り、国民が感情的にではなく、論理的に政治に関心をもたなければならない。 例えば「ゴー宣道場」には他の市民の集まりよりは、年齢層が若いようです。 けれども、やっぱり女性は少ない。 わしはもっと女性が来れるように、子供や赤ちゃんを連れた母親でもOKにしています。 母親に連れられて、小学生で参加していた子供も、あっという間に大学生になってしまう様子も見て来ました。 現在「ゴー宣道場」の門下生には、女性を増やす意欲満々の女性の推進隊長がいます。 ぜひ頑張って欲しいものです。  
  • 第80回 石破茂は何を考えているか?

  • 第80回 語らいタイム

3月10日(日曜)は「関西ゴー宣道場」、大阪で開催します。
なんと次期総理大臣候補・石破茂氏をゲストに迎え、テーマは『石破茂は何を考えているか?』と題して、議論します。

実は石破氏とわしは、これまでに何度も対談してきて、人柄の良さと、丁寧に論理的に説明しようとするその誠実さには、いつも好感を持っています。
ちゃんと説明すれば国民は分かってくれるはずだという、国民を信頼する感覚を持っている数少ない政治家だと思っています。
次期総理候補の石破茂氏が関西まで来てくれるのだから、こんな貴重な機会はない。

現在の北東アジアとアメリカの緊張感の中での日本の国防のありかたと、憲法問題。
そして実質賃金が低下して、景気回復感がさっぱり得られない現在の経済状況と、石破氏が考える将来の経済政策について。
石破氏の地方創生案がそのカギになるか?
さらに皇統の危機の問題までを、議論しようと思います。

一部は師範方との議論。
二部は参加者を交えた質疑応答の時間です。
石破茂氏を最大限の敬意をもって迎えましょう。
応募締め切りは2月27日(水曜)です。
あと3週間しかないので、急いで応募を!

 

次回の開催予定

第82回

第82回 平成31年 6/9 SUN
14:00

テーマ: 「新天皇即位と皇室の未来」

INFORMATIONお知らせ