ゴー宣ネット道場

SCHEDULE今後の開催予定
延期 2020/5/3(日)14:00

テーマ:【開催延期】「立憲主義は常識だ!」

※【開催延期いたします】※

東海設営隊長I氏と話し合って、「東海ゴー宣道場」の開催を延期することにした。

コロナ感染拡大が直接の原因ではなく、山尾志桜里氏に来てもらうことを危惧する。
政治的にコロナを恐れることが正義となっている状況があるのに、政治家・山尾志桜里が集会に参加すると、非難される恐れがあり、万が一、感染者でも出そうものなら、「山尾志桜里議員が参加した集会で」と報道される恐れがある。

山尾志桜里は「ゴー宣道場」の宝だから、我々が傷をつけたのでは話にならない。
山尾さんから辞退を申し出るわけがなく、わしが延期を決定するしかない。

井上達夫氏も基礎疾患があり、自身の最終講義も中止された経緯がある。
氏から参加を辞退してくるわけがなく、とても心配だ。

東海設営隊の凄まじい熱意に水を差す決定になったことを申し訳なく思う。
そして、すでに参加申し込みをしてくれた人たちが90人近くいるが、本当に有難く、申し訳ない。

「東海ゴー宣道場」は、コロナ・パニックが収束したら、11月に開催したいと思う。

わしはこのコロナ・パニックを「民主主義の放棄」と捉えていて、世界が取り返しのつかない変化を起こすと考えている。
したがってコロナ・パニックを厳しく批判し続け、警鐘を鳴らすことが言論人としての責務だと思っている。

そういうわけで5月3日の「東海ゴー宣道場」は延期にする。
今後の「ゴー宣道場」の開催の仕方についても、再考し、間もなく発表する。

 

**********************************************

 

令和2年5月3日(日曜)、憲法記念日、名古屋にて「東海ゴー宣道場」が開催される。
テーマは『立憲主義は常識だ!』である。

安倍政権が新型コロナウィルスの水際対策を誤り、後手に回った対策で右往左往する中、果たして憲法改正までやれるのかどうか怪しい。
コロナの侵略阻止は、国民の安全を保障すべき政府の仕事であるはずなのだ!

さらに山尾志桜里議員が国会で質問していたように、コロナ対策のために、政府が緊急事態宣言を出すときの歯止めがないままの特措法を、枝野民主党が丸呑みするようなら、国民が権力を統制するという「立憲主義」が蔑ろにされることになる。
立憲民主党は「立憲主義」ではない!

「立憲主義」はコロナ騒動の最中でも、常に脅かされ続けている。
5月3日には、山尾志桜里氏、井上達夫氏、伊勢崎賢治氏をゲストに招いて、「国民が国家権力を統制する」という「立憲主義」が常識であることを、あらゆる角度から議論する大イベントになるだろう。

参加応募締め切りは4月22日(水曜)だ!
コロナ幻想をぶっ飛ばせ!
コロナパニックに挑戦せよ!
応募を開始しているぞ!

 

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ