ゴー宣ネット道場

SCHEDULE今後の開催予定
第49回 2015/8/2(日)

テーマ:「安倍晋三は中韓に屈している!」

  • 第49回「ゴー宣道場」アンケート回答(その1)

    8月2日に開催された第49回「ゴー宣道場」の
    アンケート回答です。
    当日は松竹伸幸氏をゲストに迎え、
    安保法制や慰安婦問題、そして
    戦場の性の問題なども議論しました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆松竹さんのお人柄がとてもよかったです。
    どんな人かと思っていましたが、とても温和そうな方でした。
    やはり司会は笹さんがよろしいかと思いました。
    (東京都・47歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わしも司会は向いてないと悟りました。はい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆男性の師範の方々のお話しより、やはり笹さん、
    泉美さんのお話しの方がすとんと腑に落ちてきました。
    私は子供はいませんが、別個の人間ではあるけれど、
    我が子というのはやはり自分の分身のように
    感じるところがあるのだろうなと思うし、兵隊に
    とられるというのは文字通り、身を切られるような
    辛さという泉美さんの言葉が、女性としてのいちばん
    率直な感覚だと思います。
    (長野県・37歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    現代の国防婦人会みたいな右派系の女性より、
    安保法制で徴兵の心配してる女性の方が
    自然です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆泉美さんの、子が戦争に行くときは身がちぎれる
    ばかりの感覚になるというお話に、男の自分も
    苦しくなりました。
    たしかに母が子を思う愛情は強烈で、それが、
    女の愛国心は信じられないということに
    繋がりやすいのかなと感じました。
    (東京都・37歳男性・CGデザイナー)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    子を育てるのが母親の公ですよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆女性の戦争についての思いを聴けてすごく
    ためになった。
    腹をいためて産むという事を男はできないが、
    母性というものの片鱗を垣間見た気がしました。
    息子の特攻隊への志願を「裏切」ととらえる
    母親の感覚はとても大事で重要なものだと思いました。
    (東京都・44歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わしもそう思う。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆笹師範の遺骨採集について、左右のイデオロギーの
    文脈に集約するのが迷惑というのは「なるほどな」
    と思った。しかし同時に「母性」を感じ「ここまで
    育てたのに悔しい」という感覚があるというお話しに、
    正直にゾッとした。
    母性は、ここまで男を支配するものなのか。
    母性から外に出ることは出来ないのだろうか。
    (東京都・28歳男性・営業)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    鋭い感性だな。
    笹さんって我が子でもなく、祖父の世代の男たちに
    母性を感じるのだから恐いよね。
    でも旧日本兵のためには貴重な存在です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆私はゴー宣道場に参加させてもらっていることもあり、
    安倍晋三の顔を見るのもいやなほど嫌いですが、
    ゴー宣を読んでいなくても、きっと安倍晋三のことは
    生理的、本能的に嫌いだったと思います。
    言っていることが深刻でも、本人はいたって軽く、
    本能的に信用できません。
    いさましそうなことを言っていても、本人は
    いさましさをともなう行動するつもりが全くないことも
    本能的にわかります。気持ち悪くていい加減、
    女に嫌われる要素を備えているのです。
    (東京都・40代女性)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    女性誌でも嫌われてるからなあ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆笹師範が仰った「醜い2号」という言葉が、
    安倍の本質を表していると思います。
    男(アメリカ)に気に入られようとして、あらゆる
    姑息な手段を使う。そして、そんな2号に付き従う
    間男のような自民党議員や言論人。
    そうしたいやらしい部分に、市井の人々が
    Noを示しているのだと思います。
    (福井県・25歳男性・遺跡発掘作業員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ネトウヨはモテないね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆手を挙げられた女性のお話で、女性は出産に
    命をかけるので男性は戦場で命を…という発言が
    ありましたが、同じ命をかけるにも、内容が
    男性のほうがつらすぎると思う。
    男と女は役割が違うと言ってもらったほうが
    まだすっきりします。
    (東京都・43歳男性・SE)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    女は出産、男は戦争、それが本質だと思うな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆笹先生が、遺骨がかつての戦地で埋もれて
    いるのを見て、母親の気持ちになると話されたとき、
    “卑怯者の島”で描かれていた、兵士の家族が
    心配している姿と、心配されているその兵士の
    無残な死に様の対比が重なり、一段とリアルな
    印象をもちました。
    (神奈川県・28歳男性・大学院生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    昔の若者は母親への愛情が強いからな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆中国脅威論を唱えている安倍政権は空想ばかりを
    無理矢理想定してでも米軍と一体化していこうと
    しているが、その中国の脅威(ガス田開発など)を
    政権の外交失敗によって引き起こしてしまった
    という矛盾を国民が気付き責めていかなければ
    ならないと思いました。
    (千葉県・20歳男性・大学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    外交をまずしっかりやらなきゃ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆前半疲れで睡魔に襲われたが、マイクトラブルの時
    小林先生が“時浦上等兵”と言って、卑怯者の島を
    読んだばかりだったので爆笑して一気に目がさめました。
    毎日仕事仕事で、政治のことも全然わかってなくて、
    自衛隊や国防の事が大変な事になっていると知り、
    日本はどこまでアメリカ追従なのか!!と情けなさと怒りに
    涙が出ました。
    女性として笹さんの“死ぬ場所がここか!?”という思いは
    コトバを聞いて胸がいっぱいになり泣けました。
    (千葉県・49歳女性・販売)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    時浦上等兵、冗談通じないよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆先生方のなるほどと思えるお話が次々展開されて
    いったので、振り返ってみてもあっという間だったという
    感想になってしまいます。すみません。
    「中韓に外交面で負けている(屈している)→
    軍事面で対するしかない→米軍依存」という見解は、
    なるほどと思いました。
    (女性のお二人があまりに美しくびっくりしました。
    見とれてしまいました。できれば起立して
    話してほしかった…!!)
    (宮城県・42歳男性・教員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    今度、起立させましょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆2部の中で「歴史的強者に位置する自分は
    韓国に対してあまり攻撃的な気持ちになれない」
    というようなニュアンスを小林先生はおっしゃいましたが、
    その気持ちは差別的な発言ではなく人間には
    必要な感覚だと思いました。
    その感覚がないと和解は難しいと思います。
    (千葉県・51歳男性・自衛官)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    はっきり言って、同格と思って「嫌中」してる奴らって
    大人げないよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆慰安婦問題については松竹さんの意見に概ね
    賛成です。また今後の戦争においても慰安婦は
    必要だと思います。戦場における男性兵士の
    性欲処理が、友軍の女性兵士や現地の民間人を
    強姦することになるより慰安所を整備する方が
    絶対にいいと思います。
    その際の慰安所の運営や慰安婦の募集は、
    厳格な規準を設けて行わなければならないと思います。
    (東京都・18歳男性・学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    合理的に言えばそうなんだけど、「女性の人権」が
    国際的に叫ばれる状況で、それをやるのは
    難しいだろうね。
    アメリカがそんな国とは同盟できないと言うから、
    「慰安婦付き軍隊」を持ちたいくらいだけど。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆慰安婦や女性と戦争、軍事のリアルを追求しよう
    とする議論がとても参考になりました。特に 
    1.小林先生が過去「強制連行の有無」に
    フォーカスして慰安婦問題を議論していたと
    思いますが、近年、慰安婦の実態や多様性を
    より重視しており、またそのことを自身の男女性差に
    関する認識の変化(成長?)と関連づけて率直に
    吐露されていた姿勢
    2.米軍における女性兵士の性的被害について
    語られた際、自衛隊の実態にも触れられたこと
    などは非常に公正な姿勢であったと思いました。
    (神奈川県・34歳男性・海上自衛官)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    こういう冷静な理解ができる自衛官がいるのは
    頼もしい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆憲法九条と沖縄戦をテーマにぜひもう一度、
    松竹氏をゲストに議論を深めていただければと
    思いました。
    松竹氏の相手を理解しようという誠実な姿勢は、
    よしりん先生とつながる部分があるので、
    実りのある議論になると思います。
    (埼玉県・42歳男性・地方公務員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    松竹さんの都合が合えば、次回にでも
    やりたいのですが。
     
     
       
  • 第49回「ゴー宣道場」アンケート回答(その2)

    第49回「ゴー宣道場」アンケート回答の2です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆松竹氏の、自衛隊の方々との取り組みに、
    大変興味がわきました。
    “戦争をさける方法を考え続ける軍隊”として自衛隊が
    存在するのであれば、逆説的ではありますが、
    大変意義深いのではないかと思います。
    笹師範の遺骨ご帰還の活動は、まさに母性が
    根底にあるのだと思いました。
    (埼玉県・46歳女性・パート)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    その自衛隊も間もなく米軍と一体化してしまいます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆よしりん先生は自身が司会なさる事を心配なさって
    いたようでしたけど、すごくうまかったですよ。
    特にいつも司会をなさっている笹さんから色々な話を
    引き出していたところを見て驚きました。
    泉美さんからの話も非常に興味深く、女性からの
    戦争の話は男の自分としては大変勉強になりました。
    よしりん先生の司会はまたやってほしいと思いました。
    (東京都・24歳男性・フリーター)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    笹さんの話を引き出すのは元々の目的だったから
    納得したけど、司会はもうやだ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆慰安婦問題については、過去の問題というだけでなく
    未来の問題でもあるということが、今回の道場で
    わかったことでした。
    女性隊員の問題、男性隊員の性の問題、戦地で
    亡くなった場合のこと、軍神様のような体になったときの
    保障、保険の問題などなど、国家は国民全員で
    守らなければいけないことですが、覚悟と同時に
    考えておかなければいけない問題がこんなにあるなんて
    気が遠くなりそうでした。
    (東京都・40代女性)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    いやあ、それに気づいてくれたのは嬉しいが、
    自民党も自称保守も何も考えてないことなんだよね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆松竹先生がおっしゃられていた、終戦から何十年も
    経っても湧き上がってくる言葉にし難い“何か”が、
    日韓だけでなく、世界中で起こり、賠償問題として
    現れているとの指摘は、疑問点が多く、理解できて
    いませんが、無視してはならない大事な視点だと
    感じます。
    (神奈川県・28歳男性・大学院生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    過去の戦争の反省だらけになるのかな?
    そうなりゃ、戦争も抑えられるけど、現在の状況は
    破滅に向かってるような気もするからなあ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆現代の戦争においても、軍内でのレイプや
    セクハラが起こっているということは、やはり
    いつ死ぬかわからない状況での男性の生存本能は
    おさえきれないのではないでしょうか?
    外国の戦争映画では、よく軍神的にあがめられた
    女性戦士等出てきますが、現実はやはり
    ありえないでしょう(オール・ユー・ニード・イズ・キルや
    パシフィック・リム等)。
    やはり、国がきちんと職業とみとめた慰安婦制度を
    構築して軍隊内に設置するべきだと思います。
    そうゆう仕事が好きな女性もいると思いますし
    (勝手な思い込みですが…)。
    (東京都・47歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    具体的に考えると、一人で何人も相手するというのは、
    やっぱり難しいかもね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆『卑怯者の島』のお話はあまり出ませんでした…ね。
    本の中で「女は戦争に行かない(行けない?)」という
    くだりが出てきましたが、自分も、正直、女性は戦争に
    向かないと思います。
    会場の女性も発言されていましたが、女性は月1で
    気分のムラがあるし、体力も正直男性に及ばないし…。
    機能的に無理があるのだと思います。
    女性が出産で命をかけているというのは事実だと
    思いますが、それが命懸けの戦闘と対価かと言えば
    そうではないと思います。
    かと言って、戦闘に向かないというだけで、
    女性は卑怯だー!と言われても、すこーし
    カチーンとくるし(笑)…。
    (東京都・38歳女性・看護師)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    女は戦争に関わらなくていいよ。
    クルド人は女性兵士が活躍してるけど、
    あれは民族の存亡をかけた戦いだからね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆軍隊の「性欲」と「戦死後」の対応を、どうすれば
    良いのか考えさせられた。自身に引きつけて
    考えてはみるが、身近な政治的な「運動」などの
    行為として関わっていくべきなのか、身近な
    共同体の内で、自身の言葉として、公論に近づけて
    いけるのか、常々考えさせられています。
    (茨城県・38歳男性・高齢者介護)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    性欲と戦死、これ頭が痛い難問です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆自衛隊や自衛官を格別倫理観や道徳心のある
    組織や個人や人物とみなすのは適当ではないと
    思うので、戦場に日本の代表として送り出すからこそ、
    厳しくみておくべきと思っています。
    「慰安婦と軍人の性」について触れて頂いた際、
    そういった問題が現在的でもあるという観点から
    論じて頂き、よかったと思いました。
    現在もPKO隊員(他国)の買春問題もありますし、
    私個人としても任務や訓練で疲弊した後など、
    はりつめていたものが緩和した際、
    どうしても女性を抱きたくなり、またそれを果たした
    ということを(犯罪とかではないです!!念のため)
    吐露しておきます。
    たかだか数日~数週間の「訓練」でさえそうですから、
    実際の戦場ではどうなってしまうかということは、
    切実な問題と思っています。
    (男性・自衛官)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    勇気ある、そして誠実な告白に感謝します。
    「頼むぜ、死んでくれよ」としか言わない国民じゃ
    無責任だから、考えてあげなきゃね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆慰安婦問題については、謝罪しなきゃいけない
    ところは謝罪すべきだと思いました。
    アメリカにとって今のアベ政権の日本というのは
    「自分に都合のいい女」ではないかと思って
    しまいました。日本は「都合のいい女」にされている
    自覚はなく、「私をいつも守ってくれている」と
    カン違いしています。いつかは美味しいところだけを
    食いつくされて捨てられるでしょう。
    (大阪府・46歳女性・主婦)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    大事にしてくれはしないのよ。
    尖閣諸島は日本の「領土」とすら明言しないのだから。
    思わせぶりにして操ってることに気づかないんだな。
    騙される馬鹿な女の典型だよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆「人権意識の発達で、過去の罪(奴隷制・植民地支配・
    慰安婦問題など)を訴えられるようになった」というが、
    私は違うと思う。国家が私利私欲のため他の国家に
    イチャモンつけてるだけのような気がする。
    また、小林師範の「あえて」謝罪もよくないと思う。
    日本はいつも「あえて」何かをやって失敗してきたのでは
    ないだろうか。謝罪されて、いやされるとかちょっと
    疑わしいと思う。むしろ、東氏が前回主張していた
    「歴史観を合意させないことを合意すべき」じゃないか
    と思った。
    過去の価値観を現在の価値観で断罪して
    よいのだろうか?
    (東京都・28歳男性・営業)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    歴史観は「実証主義」で国家間でも合意できる部分は
    あると、わしは考えます。
    原爆投下に対する歴史観でも、アメリカ側から
    自国が悪いという歴史観はまだ少数派とはいえ、
    出てきています。
    わしはいずれ「原爆投下は絶対悪」とする認識が
    アメリカ国内にも広がると思います。
    慰安婦問題はすでにアジア助成基金という方法で、
    国と民間の協力で、償い金を出して、橋本元総理が
    おわびの手紙を渡しています。
    同様の方法で、もう亡くなるだろう女性たちに、
    「我々の祖父を癒してくれてありがとう」という
    感謝の意を込めて謝罪すれば、彼女たちが今度は
    癒されるでしょう。
    そのためには挺対協だけが邪魔なので、韓国政府と
    元慰安婦たちで、これを抑え込まねばなりません。
    しかし、あなたは松竹さんの本を読みましたか?

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ゴー宣道場を知ってから、日本も軍隊を持ち、
    自立して独立国家になるべきだと思っていた所に
    『卑怯者の島』で戦争の不条理、恐ろしさ、
    当事者となる覚悟を問われた様な気がして、
    逃げたい気持になったが、今回の道場に参加して、
    外交できる事、戦争を避ける為に出来る事が
    色々ある事がわかった様な気がして少しホッとした。
    考え続ける事の大切さを改めて実感できたと思います。
    ありがとうございました。
    (千葉県・32歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    固まったらイデオロギーになります。
    思想は永久運動です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆憲法九条の話、もっと聞きたかったです!
    『卑怯者の島』矢我隊長の“誰もが一秒先に勇敢と卑怯
    どちらに転ぶかわからないのだ。他人の命を犠牲に
    蓄えられた食糧を盗む卑怯だって、次の勇敢の
    布石かもしれぬ” 小っちゃい自分はこの言葉にとても
    勇気をもらいました。
    『卑怯者の島』ものすごい生命を感じました。
    道場の感想ではありませんが…
    (埼玉県・41歳男性・水道メーター検針)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    色んな箇所で何かを思ってくれたら嬉しいね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆憲法9条のこと、軍は何を守るのかということ、
    おもしろそうです。
    特に後者について、いつも偉い人たちが「国民の
    生命と財産を守る」といっているのを見るにつけ、
    「それだけ?」と思っていました。
    みなさんはどう感じているのでしょうか。
    (宮城県・42歳男性・教員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    あの言葉は安易だよ。薄っぺらい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆慰安婦問題で戦い続けていたのを一読者として
    見ていた自分としては、本日の小林先生のご意見は
    とてもマイルドになったと感じ、少し驚きました
    (昔なら松竹先生のひと言で大議論になったのでは?)。
    「小林が変わった!」「オワコンだ!」とネトウヨは
    騒ぐでしょうが、勉強を続け、思想を繰り返し、
    変わる事を恐れない姿勢に共感を覚えます。
    (東京都・38歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    原則として「人さらい強制連行」はなかったのだから、
    そこは不変です。
    だが官憲が関わって騙したり、未成年の少女を
    レイプしたのは、人間として断罪せざるを得ない。
    その時代にわしが生きていても、少女のレイプは
    止めた。
     
  • 第49回 安倍晋三は中韓に屈している!

  • 第49回 語らいタイム

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ