ゴー宣ネット道場

SCHEDULE今後の開催予定
第47回 2015/4/12(日)

テーマ:「第2弾・『新戦争論1』と戦後70年」

  • 第47回「ゴー宣道場」アンケート回答1

    4月12日、第47回「ゴー宣道場」が開催された。
    それは日米安保に潜む恐るべき真実を
    浮かび上がらせることになった。
    今回は参加者の感想を紹介するだけでいいので、
    わしは一言応じるだけにする。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆国防を他国に任せている時点で、国民国家を
    形成する民主主義が成り立たないという堀辺先生の
    指摘は確かにそのとおりだと思った。
    覚悟が無いまま、議論が無いまま他国の戦争に
    首を突っ込むことのアホらしさに目まいがしそう。
    (東京都・34歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    民主主義はまず国家主権を取り戻してからなんだが、
    それが自称保守にも左翼リベラルにも分かってない。
    悲しゅうございますな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆勉強不足で「日本は今も占領下にある」と初めて知り
    驚きと失望と大東亜を戦った英霊に申し訳ない
    気持ちになりました。
    また民主主義は独立国家において成り立つということを聞き、
    現在の日本の状況に納得しました。
    (群馬県・40歳男性・金属加工業)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    自称保守が何を保守しているのか?
    情けのうございますよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆慰安婦問題について、安倍首相は「人身売買」
    と発言してしまったが、欧米と日本の感覚が全く違い、
    とうとう「性奴隷」を認めさせてしまったことに
    警戒をしめさなければならないと思いました。
    (大阪府・46歳女性・主婦)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    これも『新戦争論1』を読んでる読者だけが
    分かるのです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆もくれんさんの「フワフワしてた風船だったのが、
    世の中のことを考えることによって個が安定してきた」
    というのは、私の感覚に近いものがありました。
    「ゴー宣」に出会ってからは本もよく読むように
    なりましたし、よく考えるようになりました。
    (神奈川県・33歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    これがネトウヨやカルト宗教で個を安定させたと
    思い込むと、とんでもないことになるわけです。
    個の安定は常識に支えられなければならない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆安倍政権によってアメリカの日本占領が
    完成する。。。堀辺師範の言葉に対する言葉が
    見つかりません。
    日本人が自ら明確に反対する態度を示さずに
    ずるずると進んでいくことに、果たして対抗する手段は。。。
    国家主権を取り戻すための訴求力のある言葉を
    私も見つけたいと思います。
    (神奈川県・45歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    誰にでも説明できるように、わしも訓練しています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆世間に蔓延する「保守」なら安倍さんを
    支持するべきという意見が「警察官なら強盗を
    応援すべき」という程にハチャメチャな話だと
    改めて思いました。
    いつから日本人は主体性を失って、真っ当な論理や
    倫理観が影をひそめ、権力に迎合さえすれば
    嘘でも弱い者イジメでもOKという情けない国に
    なったのでしょうか?
    (埼玉県・42歳男性・自営業)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    戦後70年かかってそうなったとも言えます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆[第1部]現在はいまだ被占領国である、という事に
    非常にいきどおりを感じると共に、とても多くの事が
    腑に落ちました。
    日本を変えるために安倍首相を拉致るとか、
    テロしかないか、いやでもテロは現代国家に
    ふさわしくない、など考えてましたが、
    真の独立国家でないならば、そういう事(テロ)も
    具体的行動の一つとしてあってもいいと思います。
    [第2部]言論の動向で国は変わる、というのは
    実感として信じる事が出来ます。
    だからこそ、単なるプライドの代名詞のような
    “イデオロギー”にとらわれない、「より真理を求め、
    より社会を良くするため」の言論が必要だと
    痛切に感じます。
    (埼玉県・45歳女性・パート)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    女は凄いなあ。ここまで言っちゃうからな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆質問者の一人が、道場への傾倒が感じられた
    発言をした際に、すかさずそれは違うと小林先生
    (よしりんと呼んではダメでしょうか?)が
    注意されたのが印象的でした。
    他の師範方も指摘されていて、道場の健全性を感じました。
    (埼玉県・37歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    道場が個を鍛える場として、良き束縛になっている
    ということなら良いと思う。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆つい先日、棚田で農作業をしていたため疲労が残り、
    道場の途中に意識が遠のくことが多かったことを
    謝罪します。
    もし次回参加できるのなら、体のコンディションも含め、
    万全の状態で話を聞き、考えたいと思います。
    こんなこともありましたが、やはり道場は楽しく
    議論ができる場だと思いました。
    また参加したいと思いました。
    (岩手県・18歳男性・大学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    農作業で疲れていても来てくれたのなら、
    居眠りしていても仕方がないよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆本日は堀辺師範に久しぶりにお目にかかれて、
    とても嬉しかったです。
    言葉に重みがあって、すごく安定感があります。
    この感覚は、やっぱりゴー宣道場でないと
    味わえないなあと思います。
    ご体調の許す限り、来て頂けると嬉しいなあと思います。
    本日は、本当にありがとうございました。
    入場の際、設営隊の方がいつもの様に
    「女性は前へどうぞ」と案内して下さったのですが、
    私の前にいた女性は「ええ!?いいんですか!」と
    本当に恐縮されていました。
    着席後、後ろからも「いえ、そんな前の方なんて…」と
    遠慮されている声が聞こえてきて、
    皆さん、何て奥ゆかしいのかしら…と自分が
    恥ずかしくなりました。
    いつも当選させていただいているし、当然の様な顔をして
    前に座っていますが、本当に本当に有難いと、
    常に感謝していますよ(汗)!!
    (東京都・38歳女性・看護師)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    よかよか。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆児童福祉の現場では、子どもの成長と変化する
    可能性を絶対にあきらめないことが福祉の専門家に
    求められます。
    そのことと同じように国家が悪い方向に
    どうしようもなく進んで行く中でも決してあきらめず
    考え、疑問を持ち続ける大切さを学びました。
    先生方どうもありがとうございました。
    現場と道場のつながりを実感できた回でした。
    (埼玉県・41歳男性・地方公務員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「ゴー宣道場」の威力は必ず増していく。

     

  • 第47回「ゴー宣道場」アンケート回答2

    引き続き、「第47回ゴー宣道場」の
    参加者の感想を紹介する。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆現代の武士と会えてとてもうれしかったです。
    まだ小学生の自分だけど、今や将来何かできることが
    あればうれしいので、これからも時どき道場に
    参加していきたいです。
    (東京都・11歳女性・小学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    うわっ!11歳で退屈せずに聞いていて、
    また参加したいと思うなんて、すごいな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆前回参加した際に疑問に思った「武士型個人主義」の
    話題が出てとてもおもしろかった。
    また高森先生のそもそも道場とは個人主義というのは
    その通りだなあと思った。
    (東京都・27歳男性・営業)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「ゴー宣道場」は集団でデモして思考停止する団体の
    対極にある。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆江戸時代を通じての下剋上、武士道を端的に
    表現したのが「一身独立して一国独立す」だという点、
    武市瑞山の切腹の話など大変興味深かったのですが、
    「民主主義の基礎は他人を思いやる気持ち」という
    堀辺師範のお話には特に感銘を受けました。
    思いやり=惻隠の情=武士道 が
    日本の民主主義の基盤としてあったということなら、
    まさに大東亜論のテーマにも通じてくるように思います。
    (神奈川県・34歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    自民党議員からネトウヨまで、民主主義を
    多数派の専横と勘違いしてる馬鹿ばっかりだからな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆自分が本気で日本国民であろうと思えているのかどうか。
    刃を突きつけられるような想いがしました。
    今回に限らず「ゴー宣」や小林先生の思想は
    覚悟をせまられる。
    国民はぼんやりしていて成るものでなく、意識的に、
    それも強い意志が必要なんだ。
    堀辺師範の下剋上のお話には燃えました。
    日々、低底の仕事をしておりますが、時々、
    つかれてしまうこともありますが、明日よりまた
    一所懸命良い仕事をしていこうとヤル気が出ました。
    (東京都・41歳男性・日雇い人夫)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    よく理解してくれてるなあ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆やはり来てみてよかったです。
    動画で見るのとは全くちがいます。
    今日聞いたことと、自分の中で理解したことを、
    できる形で知人に伝えていきたいと思いました。
    考え実行する人が増えるように。
    (高知県・47歳女性・日本語教師)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「ゴー宣道場」はやっぱり体感してほしいな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆今回はゴー宣道場の真髄に迫る神回でした。
    絶対にもう1回視たいのでゴー宣チャンネルに
    登録しようと思います。アップ楽しみにしています。
    (東京都・42歳男性・SE)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    体感して、ネットで復習ってのはいいね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆戦後日本の状況がよく分かる内容だったと
    思いました。軍事力の問題は国家の体をなすうえで、
    避けてはおけないことであるのに、あまりに
    なおざりに扱われてきたというのが印象です。
    9条と在日米軍は一体であるというご指摘は
    その通りだと思います。
    改憲して9条を改めるのであれば、当然
    自主防衛と言うことになり、米軍撤退は自然の
    流れであるのに、9条を変えても米軍は
    駐留しておくというのは、なんのための
    改憲かということになります。
    その反対に、護憲をいいながら、米軍も撤退させたら、
    どうやって防衛するのかということになり、
    国民主権を語ることもできないと思います。
    主権は武力により確保されるというお話も
    ありましたが、主権を強烈に主張するような人に限って、
    この問題を無視しているのが現状のような気がします。
    当然その逆もまたしかりで、米軍に依存する
    呆守派の人たちも結局は潜在的に主権を
    放棄しているのだと思います。
    (神奈川県・28歳男性・大学院生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    その通りです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆20年前と現在の日本の空気の変化は
    大きいということを聞いて、現在の日本を大きく
    変えることは不可能ではないことを感じました。
    国民の自覚、覚悟をしっかりと持っていけば、
    日本を真の独立国として復活させていけることを、
    具体的な根拠として、日本の言論空間の逆転の話と
    日本の民主主義発展の歴史(自由民権運動)を
    挙げて論証していたのはとても分かりやすかったです。
    「諦め」では民主主義も国民も成り立たず、
    国が衰亡してしまうので、その点をしっかり
    押さえようと思います。
    (千葉県・19歳男性・大学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    思想する大学生を見つけたら、最近嬉しい。
     
  • 第47回 第2弾・『新戦争論1』と戦後70年

  • 第47回 語らいタイム

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ