ゴー宣ネット道場

SCHEDULE今後の開催予定
第45回 2014/12/14(日)

テーマ:「道徳教育は可能なのか?」

  • 第45回「ゴー宣道場」アンケート回答1

    1214日、第45回ゴー宣道場が開催された。

    テーマは「道徳教育は可能なのか?」

    終了後、回収されたアンケートから、時浦がピックアップ

    した参加者の感想に、わしが簡略に答える。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆岡田先生の話はシンプルでわかり易かった。また、議論も

    白熱していて、とても楽しかった。いつもと異なり、意見を

    言い合うシーンは新鮮な気がしました。

     ただ、道徳の定義から、もう一度作ってもよいのかな?

    と思いました。

     自分としては、今後経済が悪くなった時、「日本の道徳」が

    どうなるのか心配。

    (東京都・39歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    道徳とは何か?

    それを話し合うために笹さんも泉美さんも、わざわざ自分の

    罪を告白してくれたんだけどね。

    道徳伝達の「方法論」の話をしている岡田氏と、

    わしや師範方の認識がずれていたね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆「『権威』と『権威者』は異なる」が、自分にとって一番

    大きな気づきでした。私には今まで、「権威者」=「権威」

    と映っていました。

    だから、自分が今まで目にしてきた権威者の姿を見て、

    「権威ってこんなものか」と失望していました。

    でも権威者に腐らされた「権威」を、どうしたら復活させら

    れるのだろうか。

    失われた信頼を取り戻すのは、難しいと思う。

    (東京都・25歳・院生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    権威を持つ人のことを権威者と言うのじゃないの?

    iPS細胞の権威は山中教授であり、権威者も山中教授である。

    自殺した笹井教授はBS細胞研究の権威であったし、

    権威者でもあった。

    笹井教授をはじめとする理研が権威であったから、

    小保方さんのSTAP細胞もわしは信じていた。

    権威には本物と「形骸化した権威」がある。

    笹井教授は、おのれの科学者としての権威が崩壊すること

    を恥として自殺した。

    権威者はおのれの権威が形骸化しないように、常に研究を

    続け、自己研鑽を絶やしてはならない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆テキスト主義、キャラクター主義のおはなしはとっても

    興味深かったです。お前が言うな!!と言われないために

    実名をさらさずに議論を繰り広げているのがネットなのか

    と思うと、ネットの発言が軽く感じるのはキャラクターが

    全く見えないからなのだと気付きました。

     小林先生は根がROCKというのはとっても納得。

    バックグラウンドがあるからこその言葉のチカラは

    絶対にある。故に道徳教育には"人格者"(又はカリスマ)

    が必要になるので、定量化するのは難しい気がしました。

    (東京都・36歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ソクラテスとプラトンを例に岡田氏が語った、

    キャラクター主義とテキスト主義という話は興味深いですね。

    ただし道徳教育に人格者なんか必要ない。

    親でも学校の先生でも、ふるまいを通して教えられる。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆岡田先生の徹底した合理的な分析は、まず、刺激的でした。

    確かにそうやって割り切れる点も多々ありそうには

    思いますが、少年時代の自分の思いとは違うような。

    人の眼を意識して見かけの行動を恥ずかしいとする感覚が

    どこから来てるのか? 岡田さんに聞いてみたかったです。

    (茨城県・53歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    羞恥心や後悔や後ろめたさが道徳に繋がっています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆自分が得するようにふるまうという道徳B。正しいことを

    すると損をするケースも多々あると思いますし、

    場合によっては不道徳になるのではと思いました。

     道徳教育をするというのは、それを行なう側に何らかの

    意図があると思いますし、それが洗脳に近いやり方が

    行われるのであれば、逆にゆがんだ人間が生まれてしまい

    そうな気がします。

    (東京都・35歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    その通りだと思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆道徳Bは道徳じゃないですよね。損得が道徳とは

    どうしても結びつかない。礼儀と道徳が密接につながって

    いるのは解る。

    道徳って何?というところが参加者、先生方の中でも

    バラつきがあって、論がつながっていない気がした。

    道徳というのはその国の心が表に出てくるものだと思う。

    (神奈川県・49歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    あなたの言う通りだと思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆高森先生の団塊の世代の礼儀の話については、

    かなり共感する部分があった。

    最近入院していたところ、この世代についてはあいさつが

    できない人達が多くおり、きた看護師に無理難題を言う

    モンスター患者も多く存在し、驚愕していた。

    (初めは痴呆など脳に何らかの障害があるのかと

    思い込んでいた)

     正直なところ、道徳教育が昔は上手くいっていたとも

    思えない部分はあると思う。

    (東京都・39歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    幼少期に身につけた道徳も、年を取ると我が強くなって、

    崩壊するんですよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆私の勤務校は、中学でも下から3番目くらいの子たちが

    集まっているので正直大変です。学級崩壊の23歩手前で

    とどまっている感じかもしれません。

    その中で礼や道徳を教えることはぬかに釘の状態です。

    しかし、就職した卒業生や、教室では落ち着かない子が

    バイト先ではしっかり働いていたりします。

    その意味では道徳Bが重要で、そこから道徳Aへ移行する

    ことを目指す方がうまくいくのかなとも思うこともあります。

    それでも私は、小林先生のおっしゃるように、

    私のふるまいから、少しでも生徒達が何かを受け取って

    くれれば良いなと、日々頑張っていこうと思っています。

    (埼玉県・37歳男性・高校教諭)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    岡田氏の言う道徳Bの正体は、損得勘定をベースにした

    処世術です。

    社会に出れば損得勘定の重要さはわかります。

    資本主義の現場はカネが絡むから。

    道徳Bは伝達手段ですから、道徳そのものではありません。

    あなたが実践している伝達手段こそが正解です!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆小学女児の母です。3時間半の議論、岡田先生、学校の

    先生の話を伺いましたが、道徳の教科化が必要とは

    思えませんでした。

    家庭ではなかなかむずかしい、学校で学べることって

    いろいろあると思いますが、小林先生がおっしゃっていた

    ように、出会った先生、読み書きそろばん、友達との

    集団生活、でしょうか。

     入学したての頃に礼を学ばせるとおっしゃって

    いましたが、礼というより集団生活のルールではないかと

    感じたので、そういうことは時間の問題で、自然と習得

    するのではないかと。

    それと道徳や、学級崩壊はまた別の話ではないかと思いました。

    (東京都・40代女性)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「ゴー宣道場」の恐ろしさは、現場を持つ人々が集うところです。

    ネット民は現場を持っているかどうかわからない。

    引きこもりのネット中毒者の方が多い。

    「ゴー宣道場」には、今回なら子供を育てている親、そして

    教師が参加してくれる。

    現場を持つ者を誤魔化すことはできないんですね。

    わしが「ゴー宣道場」をやっている理由の一つが、

    現場を持つ人々から学ぶことにあります。

    わしは師範ということになっていますが、

    実は参加者から学んでいます。
               (つづく)

  • 第45回「ゴー宣道場」アンケート回答2

    45回「ゴー宣道場」アンケートの回答2です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆参加された現職の先生のご意見、お話や、岡田先生、

    師範方のお話、大変"ためになった"部分も多くあるのですが、

    何と言っていいか… 正直、道場としては"消化不良"

    後味です。答えがないからではなく、議論の方向性などの

    問題もあったと思います。もっともっと深められたテーマ

    だと思います。もったいないです。

    (埼玉県・45歳女性・パート)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    申し訳ない。その通りだと思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆岡田講師が打ち合わせに参加しなかったために、

    小林先生との対談・議論が白熱してしまいましたが、

    それはまた楽しく興味深く拝聴しました。

     もう少し聞いてみたかったと思います。

    (東京都・49歳男性・歯科医師)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    確かに岡田氏は徹底的に師範との交流を拒否しました。

    30分前に来てくれと頼んだのですが、15分前でいいと

    言って伝えてくる。

    休憩時間は控え室に戻らず、一人で参加者の前で、

    講義する。

    4時過ぎたら用事があるからと自分だけ帰る。

    二部が始まったとき、岡田氏は「どうせ楽屋ではろくな

    こと話せんでしょ」と言いました。

    打ち合わせは意見のすり合わせの時間ではないのです。

    休憩時間に話し合っていれば、「道徳の話になってない

    から、二部は道徳の話をしよう」と伝えられたはずです。

    宇野常寛氏のときのように、白熱議論が本質を巡るもの

    なら有意義です。

    本質からずれた白熱は、「朝から生テレビ」みたいに、

    暴言か口喧嘩になります。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆小林先生と岡田先生のやりとりが印象に残りました。

    物語・感性主義VS設計・システム主義、といった感じで

    見ごたえがありました。ただ、やはり岡田先生の論には

    最後まで納得できませんでした。

    もう少し、普遍性のある道徳論か、人間の根幹との関連

    などに議論が進めば良かったと思うのですが、

    限られた時間では仕方ありませんね。

    (広島県・43歳男性・技術士)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わしが描くしかないな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆「倫理経済学」と言うなら、自己犠牲はできないなと

    思いましたが、社会をうまく回すためということなら

    わからないでもありません。でもそれはそもそも必要

    なのかと思います。

     ゴー宣的には、やっぱり国を守って死ねるか、

    原発は許せるか、沖縄の基地はいいのかという点に疑問が

    出ますが、岡田さんが「それは極論」と返すのが

    押し問答のように感じました。

    しかし異論があったから違う角度で考えられたところも

    あります。

    (東京都・36歳男性・CGデザイナー)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    そうですね。「道徳」についての誤解が広がりすぎている

    ということが、今回よくわかって、自分の創作意欲の

    動機を作ってくれた岡田氏に感謝です。

    もちろん全面描き下ろしで、カントもニーチェも

    孟子や孔子も網羅した恐ろしいものを描きます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆最後の小林先生の「子どもの中には、はなから感動

    するものがあるんだ」という話に胸が熱くなりました。

    道徳教育にはこの熱さ(感動)が不可欠なんだなと感じた。

     岡田氏の話は面白くはありましたが、上記のような

    感動は無いと感じました。

     後、「いい人戦略」はいかがなものか。世の中、「いい人」

    に見られようとして失敗してる人が多い気が…

     小林先生のような嫌われても言いたいこと言うタイプの

    方が、多くの人に好かれていると思う。

    (東京都・40歳男性・日やとい人夫)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    自分を「日やとい人夫」と書く、照れと自嘲と覚悟の

    混ざった心性は、道徳心に繋がってるな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆岡田先生の「いい人戦略」に傾きかけましたが、安倍首相の

    様な表向きは国民に対していい人ぶって(特にメディアには、

    いい人に見える様に強要していると思っています)いる

    人物を見ると疑問がわきました。

    (茨城県・46歳男性・電気保安)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    安倍首相は「俺様を悪い人として伝えるジャーナリズムは

    許さん!」と言ってます。

    自称保守は「その通りだ!安倍首相はいい人だ!」

    「安倍首相を悪い人と伝えるジャーナリズムは悪だ!」と

    言ってます。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆道徳は学校教育ではなく家庭教育で、という事だったので

    実際に家庭を持たれている父母の方の話も聞いて

    みたかったです。

     最後に、泉美先生から立ちションするところに

    鳥居を書いたら立ちションがなくなったという話が

    ありましたが、そもそも立ちション防止に神の存在を利用

    する事も非道徳的な気がします。

    (東京都・38歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    日本の神々はGODじゃないからな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆道徳観念が自分でも意識できない程小さな頃から身に

    ついていることに気づかされましたし、道徳を教育する

    ことの難しさを感じました。

    笹先生の最後の発言「道徳は社会のあらゆる接点から

    学ぶもの」に集約されていると感じました。

    (静岡県・38歳男性・自衛官)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    そうだね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆岡田先生のゴー宣道場そのものに対するつっこみが

    緊張感があって面白かったです。現状批判に終始して、

    具体案が積み上がらないとの指摘から始まりました。

    対して小林先生、高森先生がしばしば"気づき"を強調して

    らしたことに私は共感します。

     個人的には、この道場に思考の材料としての"気づき"

    求めているので、具体案ができてしまってはむしろ思考は

    止まると思っているので、道場そのもののとらえ方が

    違うと感じました。

    (神奈川県・27歳男性・大学院生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    岡田氏が「ゴー宣道場」に対する偏見を持ってるだけだろう。

    まず現状分析、そして批判する中で、何が大切なのかに

    気づいていく。

    本質もわからぬまま、具体策を作るから、自民党の憲法草案

    みたいに、憲法の条文に「道徳」を混ぜてしまうわけです。

    ところで岡田氏の道徳教育に対する具体策は、多くの論客と

    対談した本を出したことだと言います。

    これには、わしは脱力しました。

    そんなことでいいなら、わしが描きましょうと言うしかない。

    「ゴー宣道場」の参加者から学んだ現場の声を、わしの本に

    活かすという積み上げ方をやってみせましょう。

    今、なぜ顔の見える、現場を持つ者たちが集って、議論する

    「ゴー宣道場」のような場が必要か?

    この意義は、宇野常寛氏の方がわかっているようです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆まず自分のこととして、今回の岡田さんとか前回の古市

    さんなど、リベラルな人達が来た場合の自分の考えとの

    違いを理解しつつ、それでもいいところを吸収しようと

    いう道場への取り組み方をしなければいけないと思いました。

     小林先生は岡田さんの道場に対する違和感を即座に

    感じ取って状況を説明したり考えの違いを説明したりと

    話の展開が驚異的だと思いました。

    (神奈川県・41歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「道場に対する違和感・偏見」のあるゲストを呼ぶべきか

    否かも考えなければならない。

    偏見を持ってやってきて、偏見を持ったまま帰っていく

    のでは、来てもらった意味がない。

    一応、「ゴー宣道場」は小林信者と思い込んでる人に、

    情報公開しておきますが、「ゴー宣道場」は実際には60

    が門弟ですが、その中にも是々非々でわしの思想傾向に

    賛成・反対している人もおり、中には左翼っぽい人もいるかも

    しれません。

    門弟と言っても、会ったことない、話したことないという人

    の方が多いし、頻繁に設営をやってくれる数名以外は、
    誰がいるのか知りません。

    あとの参加者は流動的で、毎回違う人が来ている、初めて参加

    する人もいる、ゲストのファンも来てるというのが実態です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆大変おもしろかったです。現場の教師としては、

    是非よしりん先生に小・中学校用の道徳教科書を書いてほしい

    と思います。形式は物語、漫画、映像、どんな形でもよいので

    期待しています。

    実はよしりん先生の『戦争論』を使って道徳の授業をしたことが

    何度かあります。特に特攻隊の授業では多くの生徒が涙して

    いました。ぜひよしりん先生の考える道徳を本にして下さい。

    (神奈川県・31歳男性・教師)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    時間はかかるけど、一度描いておく必要があるなあと思いました。

       
  • 第45回 道徳教育は可能なのか

  • 第45回 語らいタイム

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ