ゴー宣ネット道場

SCHEDULE今後の開催予定
第26回 2012/6/10(日)

テーマ:「保守って何?ー自民党ならいいのか?ー」

  • 第26回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その1

    よしりん先生と
    道場生(アンケート)の
    対話をお届けします!

     



    6月10日、
    「第26回 ゴー宣道場」

    『保守って何?
     ー自民党ならいいのか?ー』

    が開催されました。

    今回は会場が
    変更されていたのに、
    幻冬舎の志儀氏が
    いつもの大崎の会場の方に
    行ってしまい、
    美味しい昼食を
    食べ逃してしまいました。

    笹師範は朝食
    食べて来ないから、
    小学館の中澤氏のお菓子で
    腹ごしらえしていました。

    終了後の
    アンケートの回答をします。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 領土と不動産の話は良かったです。今回の石原都知事の尖閣購入は、
      不動産の部類に入るのだということは、殆どの人が気付いていないと思います。
      民主党はネットやテレビで随分な言われ様ですが、実際に田村議員の話を
      聞いてみると、決して悪人の集団ではないなと思います。
      (埼玉県・33歳男性・会社員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    民主党にはわしも不満はあるが、
    まさか悪人の集団じゃないでしょ?
    「B層」ネトウヨ
    そう思ってるらしいが。
    ちょっと足らん人たちだから。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 「領土と不動産は違う」小林先生のこの言葉に、頭をがんとやられました。
      「東京都が地主になって国にはたらきかけることができるようになる」と安易に
      考えていた自分に反省です。領土意識、領土感覚とでもいうものが私にも
      欠けていたんですね。自分では「愛国者」のつもりでいましたが、まだまだなんだと
      気づかされました。ありがとうございます。
      田村議員は正直な方ですね。とても好感が持てました。
      小林先生のファンということで、将来が楽しみです。きっとこれから考えを深めていって
      くれるでしょう。そして、周りの若手政治家を大いに感化してほしいです。
      (東京都・57歳女性・派遣社員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    わしはこの女性の素直さが
    あればいいと思う。
    意固地主義が好かん。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 皇位継承、原発、TPPについて自らのお考えを明言された田村議員に好印象を
      もちました。原発やTPPについてはゴー宣とは意見が異なるという前置きをしながら
      ご自分の意見を述べることは勇気のあることだと思いました。
      (埼玉県・36歳男性・会社員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    異論を述べても好感は残るという
    人柄の良さがあるなあ。
    田村氏には。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ まず、田村謙治議員の「知らなかった」と認めてしまう「知的誠実さ」、そして
      ゴー宣ファンであることに好印象を受けました。ただ、TPP・原発に関しては、
      「脇が甘い」と思ってしまいました。
      世代間の「右左」の変遷が面白かったです。私自身は「右=保守(現状維持)、
      左=革新(新しくする)」とざっくり理解しております。また、よしりん師範の
      「右左の基準は無い。個別に対応せよ」が最も心に残りました。
      (埼玉県・21歳男性・大学生)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    保守は歴史のタテ軸を意識する。
    先人が築いた良いものは
    残そうとする。
    だが悪しき因習・陋習には
    こだわらない。
    時代の変化に沿って
    漸進的に変えていくためには、
    強力なバランス感覚が
    必要とされるし、
    勇気も必要である。
    革新は頭で設計したアイデアで
    社会を変えてしまう。
    これに従って、
    皇位継承はどうか?
    TPP、グローバリズムはどうか?
    原発はどうか?
    という具体論になると、
    保守派も割れる。
    だから個別に
    対応するしかなくなる。
     
    ただし、
    ネットで匿名で罵詈雑言を
    吐いてる人種は、
    その品位において、
    保守とは全く違う残念な人たちで、
    それは
    「B層」 である。
     
    「ゴー宣道場」の門弟には、
    仕事と生活で精一杯で、
    ネットなんか見てないという人がいる。
    そういう人たちが月一回、
    国家や社会のことを勉強しようと
    来てくれるのだから、
    頑張らねばならない。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 小林先生の「領土とは祖国愛を育む揺り籠だから、左翼を含む全ての人のもので
      あるから、国税で買わなければならない」という言葉が一番印象的でした。
      個人的な話をすれば、私は石原知事の尖閣購入発言に喝采し、寄付もいくばくか
      しました(笑)。その時は、これはあくまで手段であって、最終的に国に買わせるのが
      知事の意図だと考えたからです。しかし、今日の小林先生をはじめとする師範方の
      お話や「文藝春秋」の知事のインタビュー発言を聞いて、自分の考えが軽率
      (とくに不動産と領土の峻別について)だったと反省しました。
      「愛国者か否かはお金を払ったか否か」で領土を分割してはいけないのであって、
      これは、戦死した兵士の思想信条にかかわりなく、「英霊」として祀らねばならない
      というのと同じだと思います。
      (東京都・41歳女性・大学教員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    この人、素晴らしいよね。
    一部の愛国者の寄付金によって
    獲得した不動産という感覚を
    残してはいけないと
    わしは言ったが、それは

    「戦死した兵士の思想信条に
     かかわりなく『英霊』として
     祀らねばならないというのと同じ」

    という達観に
    結びついたところが見事だ。
    こういう頭のいい女性が
    来てくれると、安心するなあ。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 尖閣については、堀辺師範が以前強く仰っていた「竹島は武力でしか取り返せない」
      というのを覚えているので疑問もシンプルですが、世の中の愛国者の人たちは
      そこが分かってないんだろうなと思いました。
      あと田村議員については、政治家はこの国の希望を語ってほしいと思っています。
      「原発は40年で止める」とか「ジリ貧だからTPP」とかの話からは全く希望を
      感じられませんが、これは質問ではないので発言していいのかなと考えてしまいました。
      (東京都・34歳男性・CGデザイナー)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「愛国者」 にも色々いるからな。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 一概にリベラル、保守、右翼と定義をするのは難しいとよくわかりました。
      ユーロ圏はギリシャの経済破綻から分かるように、市場の下に国家を置いていると
      思います。TPPに参加することや、グローバル化を進めることが、同じ道であると
      思いました。
      (埼玉県・27歳男性・製造業)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ユーロは無理がある。
    TPPの非関税障壁の撤廃も
    無理がある。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 今、極論を声高に叫ぶ人を保守と呼んでいますが、昔は極右と言ってたように思います。
      日本にとって保守とは?惻隠の情をもっている事が最低の条件ではないかと思いました。
      (愛知県・48歳男性・健康運動指導士)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    そうそう。 「極右」 だった絵文字:重要
    今の保守論壇って
    「極右」
    なんだよ。
    「Y染色体」「原発推進」 なんて
    極右以外の何ものでもないよ絵文字:重要
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ ライフル協会のおはなしが出てはじめて、アメリカと日本の保守のちがいがわかりました。
      マイケル・ムーアは自称リベラル派で、私は彼が大好きなので、自分は左か?と
      思っていたが、ちがった。が、ちがって良かったのかどうかはわからないけれど。
      今日の高森先生のスーツ、おしゃれでした。
      (東京都・34歳女性・会社員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    アメリカにおける
    マイケル・ムーアって
    貴重だろうな。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 切通師範は、今日はヴィダルサスーンみたいでびっくりしました。かっこいいです。
      (東京都・30歳女性・調理師)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    わし、ヴィダルサスーン、
    知らんかったなあ。
    あれ奥さんがカットしたんだよ。
    わしは一目見たとき、
    ドナルドダックかと思った。
    前衛的、芸術的カットだったんだね。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 石原氏とサヨクの共通点が反国家であるという指摘には納得しました。
      国家への信用がないから、あのような越権とも言える行動をとれるのでしょうか。
      「一坪地主」は、国有化を阻止するための手段だと理解したうえで書かれたのかは、
      気になるところです。
      高森師範が「保守のインフレ」と仰ったのは良い例えだと思いました。
      都に寄付をされた方の、命を懸ける覚悟はない、金で解決できるのに出さないのは
      非国民だというような発言を引用されていましたが、保守のインフレを象徴するような
      ことだと思いました。誰でも保守を称することができる。
      (神奈川県・26歳男性・大学生)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    石原都知事も、
    国有化してほしいのが
    本音だろうからね。
    国に文句があるときに、
    「反国家」
    になってしまうのか、
    自分がこの国家の
    主体者であると諦念して、
    少しずつでも変えていく
    努力をするかでも、
    「保守」
    「革新」 の差が出ると思う。
    「保守のインフレ」 はいい言葉だな。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 私が学生時代のときのリベラル、保守の概念が変化していることに初めて気づきました。
      堀辺師範の「共産党は領土を守る」発言で、小林師範の笑顔が良かった。
      (東京都・49歳女性・作業療法士)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    な・・・なんで?
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 市場の下に国家があるという感覚で、本当に国内企業は守れるのだろうかと思う。
      今の大資本側はTPP賛成というが、結果的に我が身を苦しめるような気がする。
      田村議員の誠実さは充分伝わってきたが、TPP賛成にはちょっと残念。
      ゴー宣道場参加をきっかけに変わってくれることを期待します。
      (神奈川県・49歳男性・会社員)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    みんなしっかり考えてるから、
    よほどの説得力がないとダメみたい。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 田村議員はTPPについて、東アジア諸国と連携してアメリカに対抗する、
      また東アジアでの存在感を示すというメリットを示しておられたが、実際に
      アメリカと対等に渡り合えるというのは楽観的すぎるのではないか。
      防衛面で頼り切っているアメリカに言い分が通せるだろうか。
      また自由競争協定の中で、むしろアジアの弱い国を食い物にしてしまうのでは
      なかろうか。経済面においても輸出産業の伸びを言っておられたが、
      関税だけでなく為替レートが大きく影響することや、日本の産業は国内需要が
      大きいことをどうとらえているのか疑問に思った。
      (福岡県・46歳男性・歯科医師)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「むしろアジアの弱い国を
     食い物にする可能性」

    を指摘する惻隠の情が好きだな。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 第1部のネットユーザーも参加する形式は今後も続けてほしいです。
      会場に来た方以外の方々のコメントも聞けるのは貴重だと思います。
      今回は民主党の議員の方でしたが、他の党の方もゲストで来てほしいです。
      共産党の方を呼んでみるのは面白いと思います。
      (東京都・44歳男性・アルバイト)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    実は「B層」ネトウヨだらけ
    だったのですが、反映させました。
    太っ腹だよ。
    共産党、来てくれるかな?
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 今日の小林先生のお話を聞いていたら、この「ゴー宣道場」に対する熱い思い、
      覚悟、ひしひしと感じました。
      高森師範が最後におっしゃった、1000年後までも残したいもの、私もそう思います。
      安定した皇位継承が進んでいく事を切に願います。
      (福岡県・46歳女性・主婦)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ありがとう。

    今は意見が違う政治家も、
    いつか変容してくれることを願って、
    招待したいと思います。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 本日の小林師範の顔色が良かったので安心しました。
      笹師範、パンツ姿も素敵です。司会、お疲れ様でございました。
      切通師範、発言の機会が少なかったですが、内容の面白さはピカイチだと思います。
      宮台真司、まだいたんですね(笑)。
      高森師範、鋭い一言突っ込み、とっても好きです。
      堀辺師範のお言葉、深くていつも感動してしまいます。
      (東京都・35歳女性・看護師)
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    優しいなあ~~~~~~~~~。
    女性はいいなあ~~~~~~~~~。
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ◆ 私がずっとよしりんファンだった理由は、様々な変節(質)はあったにせよ、
      一貫してずっと弱者の側に立っていらっしゃった方だったからだと改めて思いました。
      私はネット右翼という人たちもこの酷薄な社会の中で犠牲になっている弱者なのではと
      思っています。なので、グローバリズムを押し進めてそのような弱者層をつくりだして
      いる側が、さらにそういう層を利用して、現状肯定的に社会を支配しているという
      今の状況は非常に空恐ろしさを感じます。
      田村議員とは正直、保守という観念にゴー宣道場とはズレがあるように感じられました。
      TPPで経済競争に仮に勝利したとしても、これまで弱者だった層が、救いあげられて
      幸福になるということは決してありません。そういう部分でもっと突っ込んだ具体的な
      議論をしてもらいたかったような気がしました。
      (宮城県・44歳男性・会社経営)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    田村議員が 「変節」 という
    言葉を使っていたが、
    「変容」
    と言うのはどうだろう?

    すべての人の意見が
    変わらないのなら、
    「議論」の意味は失われるし、
    民主主義の意味も消滅する。

    わしは 「変容」 する
    勇気を持っている。
     
    アンケートの回答はまだ続きがあるよ。
     
     
     
     
  • 第26回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その2

    よしりん先生と
    道場生(アンケート)の対話を
    お届けします!






    「第26回 ゴー宣道場」
    アンケート回答の二回目です。

    今週いっぱいが「わしズム」の
    締め切りだから大変だよ。


    まだ天籟も書いてないし。
    「SAPIO」のペン入れもあるし。

    「歴史人」のカットも
    描かなきゃならないし。

    AKBについての雑誌取材もあるし。


    もーれつに忙しいぞ~~~~~~~~~っ絵文字:重要


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 国会議員の先生が公然とよしりんの漫画で考え方が変化したと堂々と発言された
      ことに好感を持ちました。国会議員もすべての問題に精通しているわけではなく
      新聞が情報源の一次的な最初のものだと知り、投書や声を上げていくことも
      重要であると思いました。

      (埼玉県・39歳男性・地方公務員)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    国会議員って、
    民主党も自民党も他の党も、
    皇統問題には特に無知。


    未だにY染色体を
    信じてるレベルだと思うよ。


    稲田朋美はもう
    高森師範を呼ぶ気はないようだし。


    男系絶対に決めちゃってるんだな。


    勉強する気なし絵文字:重要


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 田村議員が小林師範と明確に違う意見だと認識した上で自分の考えを述べて
      頂いたこと、また、“ 変節 ” について告白された事に感銘を受けた。人格的には
      支持せざるを得ない方だと思いました。TPPの推進については、日本の大企業を
      守る必要性について、重要な事だと思いましたが、国家を至上最大にすべきとの
      2部の論に心より賛同します。

      (神奈川県・27歳男性・会社員)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    「変節」 ではなく、「変容」 だね。


    田村議員は女性宮家を認めて、
    双系も認めてくれたようだが、
    残念ながら男子優先という
    詭弁に嵌っていて、
    それなら悠仁さま一人になる
    事態に変わりはなく、
    皇太子殿下不在の時代がやってくる。


    もっと「変容」してもらわなければ
    意味がない。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 田村議員の勇気に恐れ入ります。小林先生もおっしゃっておりましたが、
      女系容認は保守からの攻撃がすごいものです。また、私は自分の専門でない話題で、
      言葉もあやふやで話すのはかなり労力のいることだと思いますが、その点でも
      田村議員は臆することなく堂々と話されていて、印象はよかったです。

      (神奈川県・25歳男性・大学院生)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    わしの 『新天皇論』 を読んで
    変わったと言うだけでも、
    「B層」ネトウヨは騒ぐからな。


    しかし「B層」ネトウヨなんか恐れて
    政治家なんか務まらんぜ絵文字:重要


    自民党議員は実際、
    恐れてるんだけどね。


    なっさけない絵文字:重要


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 田村議員は真摯に応えてくれていたと思う。皇位継承についてもごまかさず
      勉強不足な面があると発言してくれていた。あとは高森先生の本を読んで
      直系優先と男子優先の違いを理解してもらえればと思う。
      TPPについては民主党らしく、デメリットも交渉次第という話だったが、
      そのテーブルでの交渉がはたして日本の要求を通せるのか、その目算について
      どれだけ可能性があるのかが大事なのであって、その点もう少し深く聞いてみたかった。

      (埼玉県・34歳男性・高校教諭)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    さすが教師。
    きちんと聞いていらっしゃる。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 田村議員もグローバリズムは必然と考えているのか? 皇位継承は男子優先
      なのか・・・と、小林師範の本を読んでもこうなのか・・・と少しがっかり。

      もう一度読み返して、変節して下さい絵文字:重要

      (埼玉県・38歳男性・介護リハビリ)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    直言だね。

    「変容」してもらおう。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 政治家というと虚勢をはる姿ばかり想像しがちですが、田村議員の話しぶりには
      好感を持ちました。悠仁様と裕仁様の御名前を間違えてしまった時にすぐに頭を
      下げられる素直さは、きっと田村議員なりに身の丈に合った政治活動をされて
      きたのだろうとうかがえます。これからの活躍に期待です。

      (群馬県・31歳男性・アルバイト)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    名前の言い間違えくらい
    あります。


    皇族の名前を
    言い間違えたら不敬とか、
    わしは全然考えない。


    わしもこれからに期待している。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 小林先生の尖閣諸島に関する御指摘に、これまで御本で見せて頂いた先生の
      深い本質的なものを見る目を目の当たりにでき、感銘を受けました。これだけでも
      はるばる来た甲斐がありました絵文字:重要絵文字:重要

      (兵庫県・63歳女性・主婦)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    兵庫県からいらっしゃったんですね。

    良かったです。満足いただけて。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 小林先生の国への信頼を補助線とした保守とは何かの話は分かり易かったです。

      (神奈川県・31歳男性・学生)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    信頼できる国にするしかない。


    100%OKの国なんか
    できるはずないしね。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 「領土は血を流して守るもの」「領土は不動産じゃない」との小林先生のお話から、
      領土は神聖なものなのだということを再認識しました。

      (東京都・33歳男性・会社員)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    こんな風にすとんと
    わかってくれる人がいると、
    「ゴー宣道場」やってる
    意義を感じます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 今回一番印象に残ったお話は、尖閣の今後の件で、小林先生が「最後は中国と
      戦争する覚悟が必要」とおっしゃったことです。ここぞという時にお話しされる
      小林先生の「覚悟」のお話はいつも気持ちを新たにさせていただけます。

      (東京都・44歳男性・会社員)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    カネで買えると思ってたら、
    忘れるんだよね。

    それが戦後民主主義だから。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 領土と不動産は違う、こんな基本的な概念すら改めてコトバにされなければ気付く事が
      できない、最後は戦争になる事まで覚悟して、尖閣の問題を考えているのか、自分も
      含め、戦後民主主義の感覚にどっぷりつかってしまっている事を痛感。

      (埼玉県・30歳男性・会社員)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    わかっているつもりでも、
    無自覚に嵌るのが
    戦後民主主義だな。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 尖閣購入の寄付金の件は新聞で目にし、単純に違和感が生じてました。そこを冒頭に
      小林先生が話してくれたのですっきりしました。そこをとらえると「保守」というものが
      ますますわからなくなってます。一坪地主という左的な方法はさっぱり理解できません。
      もはや「保守」という概念はなくなっているのではないでしょうか。

      (神奈川県・42歳男性・介護相談職)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    保守のバランス感覚を持った人が
    いなくなったんですね。


    極論・暴論にかぶれて、
    お遊びの極右言論が流行り、
    魂は戦後民主主義に
    冒されたわけです。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 師範の方々の話が、難しすぎて理解ができないところが多かった。マルクスや
      ケインズが突然出てくると、それだけで思考が詰まってしまうところがあるので
      (勉強不足ですが)、ケインズとは、こうつながるというような補足が欲しいと思った
      (もちろん自分でも勉強しますが)。

      (愛知県・38歳男性・自衛官)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    そんな外国の学者に
    重きを置いた話はしてないが?


    わしは日本語でわかる
    「ゴー宣道場」を目指す。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 堀辺師範がおっしゃったように、バークやトクヴィルら西洋思想で日本の保守を
      語りきれないと思いました。吉田松陰や橋本左内を勉強します。

      私はエネルギー・地質学の研究者です。その職業レベルで私が保守したいのは、
      美しい国土です。したがって国土を汚染する原発は早急に廃止したいです。
      また、古典文学(万葉集や平家物語)が好きなので、日本語を守りたいです。
      そして、日本の最高の模範である皇室も守らなければならないと思います。

      (茨城県・40歳男性・地質学者)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    保守論壇を見てみなさい。

    膨大な本を読んだ学者が狂ってるよ絵文字:重要

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    ◆ 歴史や他国を見ても保守もリベラルも変化しており、カテゴライズに意味が
      無いのだとも思いました。
      市場よりも国家が上であるべきだとは私も考えますが、それを維持していくには
      どうすれば良いのか。これから考えていきます。
      (東京都・40歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    原発問題では、サヨクの方が共感する。
    TPPもサヨクの方が話が合うはず。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 私は平成生まれだが、保守やリベラルといった言葉を知ったのはゴー宣からで、
      正直なじみの無い言葉だった。今回つくづく思ったが、こうした区分けにはそもそも
      意味があるのだろうか? 保守だ左翼だと規定することで、思考、議論することから
      逃げてしまうことにならないだろうか?先入観にとらわれることなく個別に見て
      考察していく姿勢が大事だと思う。その時、中心になるのは歴史感覚であり、
      天皇をいただく国体なのだろうと思った。
      (千葉県・21歳男性・大学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    それでも『ゴー宣』では
    文脈によって、
    「保守」「サヨク」「リベラル」「左翼」
    という枠組みを使わなければ、
    伝えられないこともあるんだよね。

    でも日本人は文脈で言葉の意味を
    わかる能力もあるはずだ。


    そこにも期待する。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 笹さんもおっしゃっていましたし、2名の女性が質問の中で話されていたように、
      私も保守の概念は現在においては非常にはっきりしないものになっていると思います。
      そんな中、今回のテーマである「保守って何?」をあらためて自分に問うてみると、
      高森先生も1番に挙げられていた、皇室の安定した存在と、家族や仲間と安心して
      暮らせる地(国土)だと思います。

      (東京都・39歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    それぞれに何を「保守」したいかを
    話し合うのもいいかもね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ かつて派遣切りが社会問題になっていた頃、「保守」とされる側は自己責任だ、
      努力不足だと罵り、同情的な事を言う者に対し左翼だ、共産主義のスパイが
      混じっていると言っていた。ならば派遣切りで苦しんでいる人達に対し温かい言葉を
      かけられた陛下は共産主義のスパイだとでもいうのだろうか?

      国民を「おほみたから」とし、大事に思われてこられた皇室の政の姿勢が受け継がれた
      ことが、岸信介らの統制経済・国家社会主義をうまく取り入れた形になったのでは
      ないかと思い、グローバリズムにはしっかりと距離を置く事により、日本の国柄を
      守っていく事につながっていくのではないかと思いました。

      (埼玉県・40歳男性・会社員)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    いいこと言うなあ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ (今後取り上げて欲しいテーマ)あえて興味本位に放言してしまえば「AKB」について。
      総選挙の各コメントには、巷の「言論誌」以上の「公」足る魂を含んだものだと思えるし、
      何より私にとってもAKBを観る、聴くことが楽しみになったから。
      しかし、やはり、ゴー宣道場においては副題的に取り上げていくべきものかな?とも思う。

      (茨城県・35歳男性・高齢者介護)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「ゴー宣道場」でAKBは難しいな。

    投票券をぬいたCDをわしが
    師範に配ってる状況だから。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 過去4回で一番聞きごたえありました。

      私事ですが、昨年、知り合いの共産党員の人のすすめで、反原発・6万人集会に
      行った時、自分の「メディアは真実を伝えろ」という自前のプラカードに共感した人が
      声をかけてくれました。自分が「僕は右寄りだ」と言ったら、その人は「小林よしのりが
      原発に反対しているのを知り、ホーッと思った(感心した)」と言ってました。

      (神奈川県・44歳男性・診療放射線技師)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    え?嬉しいな、それ。
    いい報告、ありがとう。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ アメリカの保守思想についてや、日本とアメリカのちがい、思想と主義は異なること、
      などなどいろいろと勉強になりました絵文字:重要
      確かに「保守」や「サヨク」など分類すること自体は効果的ではなくなっているかも
      しれませんが、その作業を通していろいろな考え方や立場を知って考えることが
      できたと思います。

      最後に、笹さんは本日もおうつくしくあられました・・・

      (茨城県・34歳男性・大学教員)


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    国家の意義の捉え方が、
    リベラル(自由主義者・グローバリズム肯定)や、
    サヨク(護憲・自虐史観・戦後民主主義者)や、
    親米保守(市場絶対主義者・グローバリズム肯定)と、
    わしでは違うんだな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 田村議員は民主党の中の雰囲気や自分の考えなどをわかりやすく話して下さり、
      勉強になりました。民主党も40年後には原発を全て止めるという意志ならば
      大飯原発も動かさないでよいと思います。「関東で昨年18%も節電できたのだから、
      関西もできますよね」と言えば、関西の人間もがんばると思います。
      保守や、リベラルという分類は、意味がなくなってしまったと私も思います。
      「サヨクのやることは全部ダメ」とか「それをいうとウヨクだ」とか言っていると、
      「より良い考え」が生みだせないと思いました。

      (大阪府・32歳男性・事務職)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    そうなんだ。

    もう誰と意見が合うかが
    わからない状況なんだ。



    これでアンケート回答は終了です。



    次回は自民党の
    総裁候補・
    林芳正議員
    ゲストに迎える。

    チルドレンではあり得ない
    知性の人だよ。


    9月 「ゴー宣道場」拡大版 にも、
    もう応募していいよ。

     

     
  • 第26回 ご報告

    6月10日(日)13時 から 「第26回 ゴー宣道場」 を開催しました絵文字:晴れ 今回の会場はいつもと違い、 八重洲の 「アットビジネスセンター」 です絵文字:昼 初めての会場でしたが、 門弟の有志による設営隊、 そして警備を担当して下さっている 骨法の皆さんが、 いつもと変わらず完璧な体制を 整えて下さったので、 滞りなく開催することができました絵文字:重要 ありがとうございます絵文字:よろしくお願いします 幻冬舎の志儀さんが間違えて 大崎の人事労務会館に 行ってしまったそうですが、 他の参加者の皆さんは 間違えず来れましたか?絵文字:冷や汗 今後も他の会場に なることはありますので、 このホームページの告知や 返信ハガキをよくご確認の上、 ご来場下さいね絵文字:重要絵文字:記念日 さて会場準備が進む一方、 控室では、志儀さんの美味しい 昼食を逃した師範方に、 よしりん先生から 別の素敵な差し入れが絵文字:重要絵文字:星 それは・・・ AKB48シングルCD 絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ 『真夏のSounds good絵文字:重要絵文字:キラキラ絵文字:キラキラ あ、もちろん投票券抜きのね絵文字:記念日 たくさん買っても、 配って布教して無駄にしない絵文字:重要絵文字:良くできました OK よしりん先生、エコですね絵文字:笑顔絵文字:音楽 CDでお腹は満たせないものの、 「SAPIO」編集部の中澤さんからは 今回も美味しいお菓子を頂いたので、 それを食べてパワーをつけ 道場開始に備えます絵文字:四人絵文字:二人 師範方・控え室 今回は、民主党の 田村謙治議員 をゲストにお招きし、 「保守って何? ー自民党ならいいのか?ー」 というテーマでの開催です絵文字:星 知ったかぶりの知識人が語る 「保守」 ではなく、 具体的な問題を取り上げながら、 もっと庶民感覚で 「保守とは何か」 を 語り合うとした今回、 どんな議論がされるのでしょうか? いよいよ第1部の開始です絵文字:重要 第1部スタート! まずは、石原都知事の 尖閣諸島購入問題 を取り上げました絵文字:会議 前回の道場で笹師範が 表明した違和感に対して、 門弟の間でもまだ理解が 進んでいなかったため、 よしりん師範が 「領土と不動産は違う」 という 基本的なことから一つ一つ説明し、 その違和感の理由を述べていきました。 それを受けて田村議員にも、 領土に対するご自身の考え、 そして民主党の中の意見などを 話して頂きました。 民主党・田村謙治議員 よしりん師範が紹介した 論壇誌掲載の読者コメント、 そして高森師範が紹介した 石原都知事の 「一坪地主」 発言は、 この問題の根底に流れる 戦後民主主義の感覚を 明らかにしていました絵文字:ひらめき 高森師範 よしりん師範 ニコニコ生放送には石原支持者の B層ネトウヨの皆さんが多く来場し、 罵詈雑言を書き込んでいました絵文字:パソコン そもそも国土、しかも 隣国との領土問題を抱える島を、 国民がお金で以って 声高に所有権を主張する、 というのが私は 不思議でならないのですが、 ニコ生のコメントや門弟の中にまで 「国には買わせない」 と意固地に 言い続ける人がいるのを見ると、 「国民主権」 や 「反国家」 という感覚が、 日本人の潜在意識に強く 植え付けられているということを 実感します。 左翼は大喜びでしょうねぇ・・・絵文字:困った 冷汗 この尖閣諸島購入問題には、 現在の自称ホシュが抱える 大きな矛盾が内包されていて、 「保守」 を考える上で とても重要な導入部になっていました絵文字:ひらめき さてその後は、 よしりん先生による田村議員への インタビューが行われました。 田村議員にインタビュー 皇統、原発、TPP等の 問題について具体的に 聞いていくよしりん師範に対し、 田村議員は臆することなく率直に、 ご自身の考えを お答えになっていました。 それぞれ 意見の相違はあったものの、 田村議員の誠実さが 伝わってくる内容でした絵文字:笑顔 また田村議員にとっての 「保守とは何か」 を語って もらった中で例に出された、 日本と諸外国の違い は、 日本における「保守」を考える上で とても重要な点でした絵文字:ひらめき この議論は第2部にも つながっていきます。 第1部の終盤、 私は一人会場を抜けて 師範方の昼食を買いにお出掛け絵文字:出張絵文字:急ぎ 道場では質疑応答が行われ、 田村議員と参加者の間で 活発な意見交換が行われたようです。 質疑応答 ゴー宣道場・道場生は、 どんな風に田村議員に 向かっていったのか!?絵文字:笑顔 私も早速、アップされた動画で 確認したいと思います絵文字:重要絵文字:パソコン 動画 『第26回 ゴー宣道場』 ↑ 動画 『第26回 ゴー宣道場』絵文字:映画 さて、第2部は 第1部の議論を受けて、 まずは師範方から 気付いた点をお話し頂きました。 堀辺師範 切通師範 日本における「保守」思想のねじれ、 「保守」「左翼」といった概念が 戦後どのように変化してきたのか、 また日本の「保守」と アメリカの「保守」は 同じなのか等といったことを、 現在日本が抱える問題を 具体例に出しながら話し合われました絵文字:会議 さらに議論は、 ネット言論と政治の関係 にも及び、 特に現在の自民党や 維新の会が採る手法の危険性が 指摘されました。 「こんなことで現実の政治が 動かされたら恐ろしい」 と思わされます絵文字:困った 冷汗 この「ネット言論と政治」の問題は、 師範方の 『語らいタイム』 内で 重要な補足がされています絵文字:重要絵文字:映画 今後、政治家の言動を判断する上で、 絶対に知っておいて欲しい点なので、 ぜひ動画をチェックして欲しいと 思います絵文字:重要絵文字:パソコン 高森師範 笹師範 第2部の終盤も 質疑応答が行われましたが、 その中で 「ここまで議論してきて、 もはや『保守』や『左翼』といった 分類は必要なのか? という疑問を持った」 と発言した女性がいました。 確かに、与えられた概念に 自分を簡単に当て嵌め、 思考停止になって 紋切型になった結果、 現実に浮かび上がってきた 問題への対処を、 大きく誤っている 論壇村の状況を見ていると、 そういう気持ちになるのは 必然という気がします。 ただ一方で、 今までそういった概念が 価値判断の基準に なってきたのは確かで、 では今後、 日本の大切なものを 「保守」するには、 どのように判断し 決断していったら良いのか絵文字:質問 それに対する師範方の答えとは絵文字:質問 ぜひ動画でチェックし 考えてみて下さいね絵文字:重要絵文字:パソコン 質疑応答 道場終了後、 田村議員と師範方は 「もう少し具体的に民主党と 自民党の比較をしてみた方が わかりやすかったかな」 と振り返っておられましたが、 「『反民主党』で『自民党支持』 という立場を取るのが『保守』」 なんていう 単純な話ではないということは、 今回の議論で十分 明確になったと私は思います絵文字:ひらめき 今回、与党議員という 立場でありながら登場して頂き、 ご自身の考えを率直に お話し下さった田村議員、 本当にありがとうございました絵文字:重要絵文字:よろしくお願いします 次回は 自民党 林芳正議員 をゲストに お迎えすることになっています絵文字:重要絵文字:笑顔 テーマは 「チルドレン政治の終わらせ方」 橋下チルドレンに 国政を任せられるのか? それとも再び 小沢チルドレンなのか? 国民は小泉チルドレンを 選択した過ちを繰り返すのか!? 今回の議論に続き、 混迷する政治状況を考える上で、 重要な回になること 間違いありません絵文字:重要絵文字:笑顔 できる限り多くの方に 会場で生で聞いてもらえるよう、 ギリギリまで椅子を 増やす予定ですので、 皆さん奮ってご応募下さいね絵文字:重要絵文字:重要絵文字:笑顔
  • 第26回 保守って何?ー自民党ならいいのか?ー

  • 第26回 語らいタイム

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ