ゴー宣ネット道場

SCHEDULE今後の開催予定
第20回 2011/12/11(日)

テーマ:「70年目の日米開戦前夜」

  • 第20回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その1

    よしりん先生と
    道場生(アンケート)の
    対話をお届けしまーす



     

    12月11日、
    「第20回 ゴー宣道場」
    『70年目の日米開戦前夜』
    の参加者が書いてくれた
    アンケートに回答します。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 小林・高森両先生の女性宮家創設に関する正論は、まさに我が意を得たり、
      という思いでした。五反分さんの本当に分かりやすい説明は大人の自分にも
      有難いものでした。堀辺師範の戦争についてのお話は、今の日本人に
      欠けている視点を補ってくれるもので、気持ちがひきしまる思いでした。
      切通師範のTPPに対するリベラリストの態度への疑念も得心がいきました。
      笹師範の迅速な指名はこのままで良いと感じました。
      (群馬県・27歳男性・家事手伝い)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    やっさしいよねーーー、この人。

    師範の誰をも褒めてさ。

    笹師範が指名してくれない
    と文句言う人がいたから、
    笹さん気にしてるんだね。

    笹さんの指名は
    神の指名と思わなきゃダメ!

    当たり前でしょ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 「TPPは武力を使うよりも恐ろしい経済戦争である」という話はすごくよくわかりました。
      やはり戦争を経験している先人の話は重いです。
      (神奈川県・44歳女性・パート職員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    90歳過ぎの
    戦争体験者が語る
    経済戦争の恐ろしさは
    真実味があったな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ TPPとは要するに「勝ち」と「負け」のどちらかしかないということが良く分かりました。
      もしTPPに参加し、百歩譲って米国に勝ったとしたら、恐らく米国はTPPという
      経済戦争から本物の戦争による勝利を目指すのではないでしょうか。
      あらためてTPPが国防上も大変危険なものであると感じました。
      (東京都・35歳男性・公務員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    アメリカは
    経済戦争で負け過ぎたら、
    スーパー301条を発令して
    制裁を加えてくるさ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 大半の国民は、日本という国に興味がないのかと思う。ありがたみを感じていない。
      だからTPPに対しても真剣に考えてみようとしない。
      私も、来年から教師になる。
      子どもたちが日本の国を誇れるように、自信をもてるように語って行くことが、
      私ができる国防と信じ、現場で努力していきたい。
      (千葉県・25歳男性・学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    現場で 「国防」 するぞ
    という決意、えらいな!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 重要なのは「信頼」というキーワードだと思った。これがこれまでの「イエ」という
      考えであり「労働」=「幸せ」という考えであり、「国体」というものであることを
      しっかりわかった上でTPPなり何なりを考えなければならないと思った。
      (東京都・20歳男性・大学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    資本主義は一種類じゃない。

    日本には日本型の
    資本主義があるんだから。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 日本人の幸せの観点ですが、「役割」があるかないかだと思います。
      イコール「労働」につながり、失業者が増えれば、それだけ幸せの消失に
      つながるのではないでしょうか。公務員の削減を声高々に言いますが、
      職を失う事の重さをちゃんとわかっているのか。
      人並みに食べれて、健康で仕事をする事で、人の役に立っているという事柄を
      自分の「幸せ」にしたいと思います。
      それを捉えると私は100%以上幸せを常日頃感じています。
      (神奈川県・42歳男性・介護相談職)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「首切り」 という言葉を
    復活させなきゃダメだな。

    「リストラ」 は後ろめたさを
    感じなくなる英語なんだろうな。

    言葉には言霊が宿るから、
    従米ポチは日本語を崩して
    和製英語にして、
    日本人の脳を
    アメリカ化するところから
    始めるんだな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 80%以上の内需があるから日本の中間層が守られ、中間層が厚いから、
      高品質な物やサービスが生みだされるという笹師範の意見はその通りだと
      納得しました。その日本の強みをTPPに参加することで手放してしまうことは
      とても危険だと思います。
      (大阪府・31歳男性・事務職)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    野田首相は今も
    輸出企業の利益が
    トリクルダウンして、
    労働者からさらに
    国民にまで回ると
    思ってるのかな?

    アホだな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 幸せも苦しみも共有できる日本の国柄が好きです。
      勤務先でも、コツコツ細かい仕事を文句も言わず(たまに言いながら!?)
      一所懸命こなしている同僚が沢山います。
      会社にめざましい利益をもたらさなくても、こういうなくてはならない
      根っこになる業務を地道に労う企業風土でないと、崩壊すると思います。
      日本に能力主義はそぐわない!
      (東京都・48歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    もっともだと思います。

    能力のある者に対する
    嫉妬もダメですが、
    地道に働く者に対する
    敬意も忘れてはならない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 現在「アルバイト」という貧困層である自分としては、よしりん御自ら
      株主資本主義の説明をしているのを聞いていて、現在の経済状況に
      納得するのと同時にふつふつと怒りを感じました。
      どんな仕事だろうと真面目に働いても報われないという構造は、理屈抜きで
      卑しいものではないのでしょうか。
      (群馬県・31歳男性・アルバイト)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わしが
    「年収200万以下の貧困層が
     フジテレビにデモかけてる場合か」
    と言ったら、
    ものすごい罵詈雑言が
    ネトウヨから寄せられました。

    小泉・竹中構造改革の頃には、
    彼らは小泉が靖国参拝
    するからという理由で、
    自分たちを貧困層に落とす
    政策を支持しました。

    怒りの矛先が常に
    狂っているのですから、
    わしも虚しいのですけどね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 三国同盟の当時も、これからの時代は全体主義という空気だったと知り、
      困った歴史も繰り返している事がわかりました。
      バスに乗り遅れたくない、仲間外れにされたくない、行列があったらとりあえず
      並びたい根性は同じですが、勝つ気がない分、質が悪いと思います。
      米国の正義の演出の悪どさも学び、むざむざ引っかかるのは大変悔しいと思いました。
      (神奈川県・28歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    全体主義が
    歴史の必然と思うのも、
    グローバリズムが
    歴史の必然と思うのも、
    まったく同じです。

    グローバリズムというときに、
    情報のレベルと、
    経済のレベルと、
    国家のレベルの違いすら
    わからぬ連中が多すぎる。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 独善的で独りよがりな閉塞感の打破願望の危険性について明確に示して頂き
      ありがとうございます。この考え方は地に足つかぬ国家論に限らず、
      日常の生活、仕事にも言える事だと思います。
      会社の中にいてもそういう雰囲気があります。今の職場では、管理と業務を
      明確に分けている為(そういう所は多いとは思いますが)下で働く労働者は
      作業とそれに関する経験しか得られず、これもグローバリズムの影響が
      少なからずあるかと思いました。
      (神奈川県・26歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    閉塞感を
    「改革」によって打破する、
    「TPP」によって打破する。

    秋葉原で大量殺傷した男
    みたいな精神性だな。

    キレてヤケクソTPP!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ PISA型学力調査テストからいわれている日本の子どもたちの学力問題では、
      情報を読み取る能力は高いけれど、思考力、表現力が低いそうです。
      TPPって何かを知っていながらも賛成と言ってしまう日本人の思考停止状態には
      やはり教育も絡んでくるのでは、と感じました。
      (石川県・24歳女性・学習塾経営)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    TPPって何かを
    知らないんだと思うよ。

    危険性を指摘したら、
    「感情論」「陰謀論」
    としか思わないほど、
    「バスに乗り遅れてはいけない」
    と思い込んでる。

    バスが崖から転落したって、
    原因に気づかずに、
    崖の下で生きていくのが
    普通と思い込めるのが、
    日本人の気質かもね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 中小企業のサラリーマンなので、今年、冬のボーナスは出ませんでした。
      給料のベースアップなど、まず期待する事ができません。
      部下、上司、社長、皆、グローバリズムは当然で、TPPに賛成です。
      今、会議でも、レポートでも、積極的に日々の現場の報告とTPPの流れを
      結びつけて、社内にフィードバックしています。客先も大手メーカーが多数いて、
      ほとんどTPPに賛成です。そういった矛盾だらけの中で、まず発言力を持つには、
      とにかく「結果」を出し、交換のきかない歯車になる事を考えています。
      その為に何を我慢し、何を捨て、どの様に目的を達成するのか? 
      ゴー宣道場を通して、日々精進していきます。
      (埼玉県・29歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    TPPに参加すれば、
    デフレはもっと進むので、
    企業は自分の首を
    絞めるだけだと思うよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 生活保護者は高齢者も増えて来ていますが、20代後半、30代の若者の
      相談が急増しています。寮付きの会社などを紹介して取りあえず生保需給
      までには至りませんが、10、20年後のこの方々が再度、生活保護に大量に
      つながって行くのではないかと思います。
      マスコミでは生活保護受給者数のみを問題としていますが、若者の相談件数増は、
      この国の閉塞感を表しています。
      大阪市は生活保護数が日本で有数に多い地域です。橋下市長は矛盾を抱えながら
      どうして行くのか注目しています。
      (埼玉県・38歳男性・公務員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    まず内需を刺激しなきゃ
    どうしようもないな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 私は色々な事情により10代の頃から家族を養い、ずっと家族を守って
      いきたいと思い、生きてきました。体が続く限り働き、家族と一緒に暮らして
      いきたい、その考えも普通に持っていました。しかし小泉構造改革以後、
      自分の働く状況が一変しました。今は、このまま働き続ける事が出来るのか
      本当に考え続けていて、いつも心の中に不安がくすぶっています。
      40代、健康であれば、ちょうど人生の半分、まだ、家族を見守っていきたい。
      それが今の私の一番望んでいる幸せです。これをかなえる為に、TPPは
      絶対反対しつづけたいし、私自身、考える事しかできないのがとても歯がゆいです。
      (神奈川県・42歳女性・接客業)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    これ以上悪くならないように、
    わしも世論や政治家に
    訴えかけてみますよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 先生のお話を聞いていて、「TPPってまるで抱き合わせ商法みたいだな」
      と思いました。アメリカとの一対一の交渉というと警戒されるので、弱小国の
      輪の中に敢えて入り、「自由貿易」の素晴らしさを説いて、日本を引きずり
      こもうとしているのだと感じました。TPPなんてブロック経済ですよという
      先生の一言に、ああ、そういうことだったのかと納得しました。
      (東京都・31歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    一対一では日本を
    騙せないのでTPPで、
    というアメリカの策略は
    当たっているでしょう。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 小林師範の解説で、やはりグローバリズムの世界では労働者は
      極端に言うと「血の通った人間」ではなく「コスト」としか見られなくなるのだと
      改めて実感しました。
      まさにその被害を受けようとしている自分の会社の契約社員にもTPPの話を
      しましたが、これからも「空気を読まず」周りの人に言いまくることが必要だと
      感じました。
      (神奈川県・38歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    労働者は「コスト」、
    そうなっちゃったな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ TPPに参加して、日本人で中間層が減ってしまうと、どうなるのかという話を聞いて、
      韓国や他のアジアへ出張して見て来たような事になってしまうのか・・・と思った。
      あらゆる物の品質が低く、貧富の差がある・・・今思えば、あのような社会構造で
      高い品質のものが作れるわけがなかったのですね。
      日本の得意な事、好きな事が、そうでなくなってしまうというのは、まさに
      日本でなくなる事なのだとリアルにイメージできました。
      (東京都・34歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    韓国はグローバリズムで
    生きていかなきゃいけない
    不幸な国だから、
    GDPが伸びても、
    格差は広がるだけ、
    貧困層は膨大になっている。

    韓流、KーPOPに
    惑わされちゃダメ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ つくづくこの問題を聞く度に「鎖国」がしたい!と思ってしまう。ガラパゴスになって、
      しかしそこには美しく、キレイな物がある。そんな国造りを目指したい。
      唯、まわりは肉食獣だらけ・・・核だけは持っておかないと。
      オチオチ寝てもいられない事が日本の不幸だなと思う。
      (東京都・38歳男性・介護職)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    「鎖国」 という言葉も
    誤解を生むからなあ。

    日本は江戸時代も
    国を開いていたし、
    今は他の国々より
    平均関税が低く、
    「自由貿易」 してると
    言わなきゃならないな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 小生、昭和20年生まれにつき、師範方々のお話は全て腑に落ちます。
      小林師範の「TPPなんぞにフラフラと期待する日本人。ゴキブリホイホイに
      引っかかってしまう日本人。何故アメリカの戦略、ワナ、仕掛けと見抜けないのか。
      馬鹿だし、情けない」
      これに対する高森師範の一つの答えは「敗戦により日本人はアメリカに調教されて
      しまった。今その調教が功を奏している」
      そして小生思います。アメリカに調教されてしまったことを今の若者、55歳以下の
      日本人は認識しているのであろうかと。
      (67歳男性・自営)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    戦後の歴史すら
    喪失されつつあるからな。

    いつか戦後史を描きたい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ スミマセン。「前夜」を買ったため、満島ひかりさんのキレイさでいまボーゼンと
      しています。よしりん師範の感性の鋭さに改めて驚きました。アイドルオタクとして、
      満島ひかりさんはFolder5のメンバーで沖縄県出身である事を思い起こし、
      「本土を沖縄に同化させよ」の言葉がパッと浮かびました。
      (埼玉県・21歳男性・大学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    『前夜』 
    真面目な「ゴー宣道場」の
    門弟・参加者には
    快楽主義が
    強すぎるかもしれないな。

    硬派な内容も載せてるんだが。

     
     
  • 第20回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その2

    よしりん先生と
    道場生(アンケート)の
    対話をお届けしまーす



     

    「第20回 ゴー宣道場」
    のアンケート回答、
    第二弾です。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 小林先生の天皇陛下のお話で、産経新聞の記者も「女性天皇を考えても
      いいんじゃないか」という記事を書いているという話を聞いて、自分は
      女性天皇で良いと思うし、早く天皇陛下に安心して頂きたいと思うので、
      一刻も早く国民が女性天皇を認めて天皇陛下を安心させてあげたいと思いました。
      (埼玉県・19歳・学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    発売中の
    「文芸春秋」 の記事に、
    一代限りの女性天皇と
    女性宮家を考えるときが
    来たとありましたが、
    書いたのは
    産経新聞記者でした。

    「一代限りの女性宮家」 では、
    将来、悠仁さま一人になる
    危機から免れませんから
    宮家を作る意味が
    ないのですが・・・

    なんにせよ
    産経新聞の記者が
    「女性天皇」「女性宮家」
    を認めてもいいと
    公言するところまでは
    きたということです。

    産経新聞本紙の方は、
    振り上げた拳の
    降ろしどころが見えなく
    なっているのでしょうが。


    しかし、君のように
    「早く天皇陛下に安心して頂きたい」
    と考えるのが
    国民常識だと思うよ。

    男系固執派には、
    そもそも陛下への
    敬愛の念がないからね。

    「皇統はオレ様が決める」
    と思ってるのだから。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 切通師範のお話が印象に残りました。「経済戦争は武力よりこわい」
      TPP賛成論者は、これが経済戦争だと考えていないのではないでしょうか。
      単に、従来からの貿易の発展版程度にとらえているから、高度経済成長を
      思い浮かべ、勝てると思ってしまうのではないでしょうか。
      (神奈川県・28歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    そもそも外交の背景には
    軍事力がなければダメです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ TPPの反対論が一般に感情論と言われているけれど、小林師範のお話から、
      賛成論こそが感情論となっていることが理解できました。
      TPP反対論のほうが歴史の経験から理性的といわざるをえず、感情論という
      批判は、反論できなくなった人の言い訳だなと感じております。
      (東京都・18歳男性・大学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    TPP賛成派こそが
    「感情的」 なのは
    今後も証明してやるよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ アメリカを中心として世界(TPP加盟国)の金持ち達だけがもうかるのが
      TPP、グローバリズムなのだと、改めてわかった。
      その他、多数の人々は、そこそこ生活するだけのお金を得る事もできなくなり、
      地域に根ざした、素朴な愛情がある幸せとは遠くはなれていってしまう。
      私の子供の将来が本当に心配になります。結婚して、安心して子どもが
      産めるような未来を残していきたいです。
      (千葉県・41歳女性・主婦)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    独身女性の30%以上が
    「貧困」になってるという実態が
    最近発表されましたよね。

    貧困から抜け出すには、
    高収入の男を探すしかなく、
    そんな男もなかなかいないから、
    結婚できないのは
    当たり前ですよね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 70年ぶりに迎えた戦争前夜。私たち日本人は彼ら「アングロサクソン・ユダヤ」の
      人たちのえげつなさを思い出さなければならない。世界を牛耳るのは今後も
      彼らであり続け、そのために、彼らは手段をえらばないであろうことを、
      私たちはしっかり認識する必要がある。
      70年前、世界の善意を期待して敗北した経験を忘れてはならないと思う。
      (埼玉県・48歳男性・公務員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    高度経済成長があったから、
    戦争では負けても、
    経済では勝てると、
    思い上がり過ぎてるんだよな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 構造改革によって会社のあり方が変わり、構造改革推進派の政治家が今も
      出現しているという話があった。そういった政治家を選ぶのは自分達有権者なので、
      自分自身がブレないよう、しっかり勉強していきたい。
      お金の力によって、メディアの主張が左右され得るということは頭に常に置いて、
      ミスリードされないようにしなければならない。
      (東京都・40歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    橋下徹や小泉進次郎に
    すり寄る政治家が多いからなあ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 五反分氏が「総取り型資本主義」に進むのか、「みんなで共有する資本主義」を
      選ぶかで日本の将来が決まると話されていましたが、日本の長い歴史の中で
      培われた信頼関係を大切にしないと、弱肉強食の資本主義になってしまうと
      感じました。
      (東京都・31歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    然り。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 五反分さんのおっしゃっていた、基本的に日本人はアメリカ人が好きというのが
      非常に危険な気がしました。中国ぐらい分かり易い悪だったら警戒のしようも
      ありますが、アメリカ人がうまいこと言うとコロッとだまされることが多い気がしました。
      私も小林先生の作品を読んでいるにもかかわらず、何度もマインドコントロールに
      ひっかかってしまい、その度に「ゴー宣」でたたきおこされるような感じがします。
      (神奈川県・38歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わしは特に
    欧米人を好きと思ったこと
    ないなあ。

    アン・ハサウェイと
    アンジェリーナ・ジョリーと
    ジェシカ・アルバと
    ミラ・ジョボヴィッチと
    キーラ・ナイトレイと
    スカーレット・ヨハンソンと
    ペネロペ・クルスと
    ケイト・ブランシェット
    くらいしか好きじゃないぞ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 「既得権益は悪じゃない」という師範の意見は、感動しました。
      正にその通りだと思います!
      既得権益が壊れたから、現在の格差社会が生まれたんじゃないの?と
      ずっと思っていました。
      日本の求める幸福とは「労働」に尽きると思います。それもサラリーマンの様な
      労働形態ではなく、自分が主体的になって働いている人々(つまり農家や
      自営業者)がもっともっと増えなければいけません。その為には、日本にはもっと
      既得権益、規制が必要なんだと思っています。地方が衰退したのは、
      大企業のみが勝ち残る世の中になったからだと思います。
      (埼玉県・30歳男性)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    既得権益は
    どこにでもあるでしょ。

    原発にもあるし。

    不当に利益を貪る
    コネクションになったら、
    修繕するしかない。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ すでに私の会社でも契約書がないと何もできなくなっている。元々は口約束で
      億の金が動く世界だったのに、今や数万円で発注書が必要だったりします。
      日本の会社のよさがないです。
      (神奈川県・46歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    現場からの発言は
    貴重だなあ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 高森師範のイラク戦争についてのお話は衝撃的でした。ゴー宣道場ではすごく
      勇気の要ったご発言だったと思います。ですが、それを言ってしまう、
      告白してしまったというご姿勢は、誰もが尊敬するべきだと思います。
      (東京都・34歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わしもちょっと感動したね。

    彼はりっぱです!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 高森師範の、アメリカが人工国家で日本が自然国家だから本質的に合わない
      という点と、アメリカがこの先も世界一の大国で居続けられないという指摘に
      視点を変えさせられ、驚きました。
      (神奈川県・31歳男性・学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    従米ポチはアメリカ支配を
    望んでるからね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 笹師範は指名も一流だとずっと思ってました。スピードも技のうちだと思います。
      今日は小林師範とペアルック感が出てて素敵です。
      (東京都・29歳女性・調理師)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ペアルック感?
    全然気づかなかった。 
    笹さんってセンスいいよね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 私の購読している「長崎新聞」もやはりTPPに反対の論調です。
      長崎市に合併された旧町の小学校に勤務していますが、耕作放棄地の増加、
      児童数の減少、過疎化は進むばかりです。TPPによって更に悪化しないことを
      切に望みます。
      (長崎県・41歳男性・小学校教員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    長崎から来てくれたのかあ。
    ありがたいなあ。

    地方は反対なんだよな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 構造改革、グローバリズム、TPP推進派は思考停止してしまう耳にひびきのよい
      言葉をいくつか並べればいいだけですが、反対派はひとつひとつに説明しなければ
      いけないのは、不利としか言いようがなく、もどかしく思います。
      (東京都・40代女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    まったくその通りです。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 「修繕」はいいと思いました。
      システムをこわすとかでなく、こわれているから直すというのは正に絵文字:重要
      (東京都・36歳男性・自営)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    一昔前は
    「革新」 って言い方が
    流行ってたんだよ。

    それがいつの間にか
    「改革」 になってる。

    「維新」 も最近、
    「改革」 や 「革命」 と
    同じ意味で使われてる。

    バカバカしい。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 日本は国を築いていく大局的な視点や外交を有利にもっていく気概のようなものが
      少なく思える。それはどこからきているのかわからないが、国益について考える上で、
      世界を見たとき、日本が悪として戦争をしたという罪悪感から入らねばならないことも
      理由にあるのではないかと思う。
      改善のためのベストな手段は今は思いつかないが、国を守る気概は教育で身につけ
      させていきたい。
      (埼玉県・34歳男性・高校教諭)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    日本型システム、
    日本型資本主義は、
    アメリカに比べてダメだと
    思い込んでるんだろうね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 弱肉強食、自由競争は日本の國がらには合わないと思います。
      自然淘汰を唱えたダーウィンに対して、日本の生物学者の今西錦司先生は
      棲み分け理論による進化を唱えました。こちらの方がグローバリズム競争より
      日本人らしいと思います。
      日本はガラパゴスであることを恐れる必要はないと思います。バスに乗り遅れても
      歩けばいい。TPPも原発もパックス・アメリカーナのためであり、日本の国益には
      なりません。商売のために国を売るのは許せません。アメリカ・グローバリズムに
      支配されるのではなく、世界を日本化していく方策はないでしょうか?
      (茨城県・40歳男性・科学者)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    そのためには、
    まず日本が再日本化
    しなければならないんだよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 経済成長しても労働者の給料が上がらないのは凄く悔しいです。
      日本人にとって資本主義の形式は合わないと思います。昔の会社のように、
      会社は最後まで労働者の面倒を見て、労働者は会社が潰れるまで働き通す
      という共同体的な形式が一番日本人に合うのではないでしょうか。
      (埼玉県・16歳・学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    16歳で昔の
    日本型経営のこと知ってるの?

    えらいね!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 僕を見ながら話してくださってありがとうございます。
      アメリカ陰謀論はよくわかります。今回のお話すべてがわかりやすくて感想が
      あまり書けないと思います。つまり直感的にわかった気がします。
      小林さんがおっしゃっていた好景気についてなのですが、僕の考えを書かせて
      いただきます。まず基本的に公務員の給料はいつでも同じです。しかし民間の
      給料は好景気の時は上がりますし、不景気の時は下がります。この状態からして
      好景気のほうがよいです。しかし、なぜ官僚は好景気にしないのか。
      それはプライドが高いからです。好景気にすると官僚の給料は相対的に下になります。
      しかし不景気の時は上になります。そのため、いまだ不景気なのだと思います。
      一種の陰謀論です。
      (東京都・14歳男性・中学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ほおら、
    官僚はこんな風に
    思われちゃったよ(笑)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ グローバリスト、原発擁護、男系絶対ってなにかつながってますよね。
      いったい彼らは日本をどこに導いていこうとしてるんでしょうか。
      結局、彼らは日本の一番大事なもの「国体」「天皇」「国柄」を最初から
      わかっていないんでしょう。自分が何か言って目立てば良いという気持ちが
      根底にあり、ある一面から見るとそれなりに見えるのがやっかいです。
      政治家は選挙で落とせますが、声の大きな自己顕示欲の固まりの評論家は
      やっかいですね。
      (埼玉県・47歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    まったく
    その通りだと思います!

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 小林先生の「日本人はどうして気づかないんだろう、なぜわからないのか」
      という問いに対し、五反分氏の政治と経団連の関係や、高森先生の記者の
      レベルの話、メディアと広告企業の話など、TPP参加賛成派の影響が大きいことが
      わかりました。
      一般大衆はメディアの影響を大きく受けることから、今は反対、賛成が拮抗
      していますが、今年初めの無関心の状況から比べたら大きく前進しているのでは
      ないかと感じます。これは小林先生を中心としたゴー宣道場によるところが
      大きいと思います。
      (埼玉県・47歳男性・自衛官)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    そうならいいが・・・

    今後、どれだけ影響力を
    発揮できるかだね。


    第三弾もあるようです。

    しかしトッキー、
    いっぱい選んでくるなあ。

    ひとことコメントでも
    大変だよ。
     
     
     
     
     
  • 第20回 よしりんと道場生(アンケート)の対話・その3

    よしりん先生と
    道場生(アンケート)の対話を
    お届けしまーす



     

    「第20回 ゴー宣道場」
    のアンケート第三弾、
    ふうふう、
    やっとこれでおわりだ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 道場冒頭にお話があった皇室典範改正の話は、ようやくここで主張してきた
      内容の正当性が認められてきたと感じました。
      1日も早く改正され、陛下のご心労を和らげることができるのを祈ります。
      皇統の維持も、農業稲作の保護も、悪いところを修繕しながら守っていくべき
      日本の伝統であると思います。本当に根底から改革すべきは外来のもの、
      例えば憲法だと思うのですが。
      (福岡県・46歳男性・歯科医師)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    その通りですね。

    わしが咄嗟にもらした
    「修繕」 という言葉に
    反応してくれてる人が
    いるのがいいな。

    打てば響く太鼓のようで。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 小林先生の「女性宮家」創設の話から始まりました。ご高齢の陛下の事を
      考えると早急に皇室典範の改正が必要だと思います。
      グローバリズム、TPPは必然なのか?「バスに乗り遅れるな」小林先生の
      お話を伺っていると、日本の行く先は地獄。日米経済戦争前夜の幕開け。
      切通先生の話された中で「白旗の挙げられない戦争」という言葉が心に残りました。
      (福岡県・46歳女性・主婦)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    『ゴーマニズム宣言』を
    描いてるだけでは、
    伝わったかどうかわからないけど、
    「ゴー宣道場」だとすぐに
    確認できるのがいいね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ TPP参加で海外から安い商品が入ってくると、国産商品は間違いなく
      対抗できません。食品メーカーに勤めていますが、最近は値段の話ばかり・・・
      よい物を出しても高いと売れず、売れないと棚から外されるという状況で、
      よい物を出す会社ほど生き残りが難しくなっている現状が残念です。
      今は安ければよいという考えの人が多いので、TPP参加でますます日本の
      本来の産業、文化が失われてしまうと感じました。
      (神奈川県・33歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    モノには適正価格が
    あるはずなのに。

    本や雑誌も全然
    売れないからなあ。

    もうおしまいかな?

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 思ったより内容が濃くて驚きました。父とはいつもTPPについての話をしていて、
      世界のパワーバランスをくずしたくないアメリカの悪あがきという話には
      あらためて共感できました。日本が守るべき国体である皇室や、日本が
      持つべき独立精神についても家族と話し合ったり、本をしっかり読み勉強したいです。
      (長野県・12歳男性・学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    君も12歳!?

    もう君たちの世代に託すよ。 

    わしはあと2年で引退かな?

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 「アメリカはジャイアンの格好をしたドラえもん」という五反分さんのたとえには
      笑ってしまいましたが、言いえて妙だと思いました。TPP推進派の人たちは
      そのドラえもんの部分にすっかり骨抜きにされてしまっているわけですね。
      「ドラえもんに頼るのび太」プラス「ジャイアンの威を借るスネ夫」という
      日本人が数多くいるというのが情けないです。
      (東京都・57歳女性・派遣社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ほんとだね。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 五反分さんの日米摩擦のお話を聞き、この時点で譲歩しているのに今の
      日本人が交渉で勝てるわけがないと感じました。
      日本人の幸福についての質問があり、お話を聞き、やはり日々平凡ながらも
      働くことが幸福感につながっていると感じました。その安定感を無くすTPPに
      対して拒否感が湧くのが日本人ではないかと思いました。何ともない幸福に
      対する認識も必要かなと思いました。
      (東京都・30歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    幸せの青い鳥は
    海の向こうには
    いないんだよ。

    なんて言ってみる。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ TPPは経済戦争であること、気づきませんでした。しかも武力戦争とは違い、
      最後の一滴まで絞り取られるという認識は殆どの人がしていないかもしれません。
      特に戦争体験された方がそのように言われたということは、やはりTPPは
      簡単に決めて良い問題ではないと思います。
      (埼玉県・33歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    みんなぽやーーっと
    してるからね。

    ぽやーーっと。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ ラチェット規定(注・一度緩和した規制は、不都合が生じても二度と元に戻せない
      という規定)のあるTPPをはね返すには戦争をするしかないわけで、切通師範が
      「リベラル左翼はもっと真剣になったほうが」と仰っていましたが、真ん中も左右も
      関係なく、今の日本人に欠けているのが真剣さ、本気さなんだろうなと自分を
      振り返っても思います。
      ただやっぱり殺す殺されるまではいけませんが、金か美徳かは選べるので、
      周りの人には伝えていきたいと思っています。
      (東京都・33歳男性・デザイナー)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    おお、いいこと言うな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 政府が普天間基地問題等でアメリカに対して下手をうったからTPPに自ら
      入って行くというお話を聞いて、本当に腹立たしく思いました。
      小林先生が最後におっしゃったように、選挙での議論にTPPを持ち込み、
      TPPに賛成議員には投票しないという流れに持ち込みたいですね。
      私も少しでも周りの人間に話をしていこうと思いました。
      (東京都・44歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    まだあきらめるのは早いな。

    世論を反対にもっていく
    時間はある。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 現在の日本人は、「国体」が何か分からない以前に、何が自分たちにとって
      幸福なのかということも分からなくなっている気がします。富も貧しさも分かち合う、
      共同体の中で生きることが日本人に安心感と幸福感をもたらしてきたのだし、
      厚い中間層を生み出すことによって、江戸時代に町人文化が花開き、驚くべき
      識字率の高さと、それによる出版文化の盛況をもたらしてきたはずなのに・・・。
      ソフト面からの日本の崩壊は、ゴー宣を含めて日本の漫画文化の中で育ってきた
      者にとって寂しく、悲しい限りです。
      (東京都・31歳女性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ケータイ・スマホなどの
    通信機器が
    出版文化の危機を
    もたらしてる非常時に、
    TPPで再販制度が崩れたら、
    本で食うのは無理になるな。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 現在の企業について、某大手印刷会社の社長は年収7億以上もらっていて
      正社員の給与を減らし、労働組合は弱く、社員は働く気力がなくなると聞いています。
      今は最悪な経済状況だと思っています。これからもっと悪くなるかもしれません。
      給与が低ければ結婚や出産もできず、高齢・少子化で、いずれ日本はダメに
      なるでしょう。
      (埼玉県・46歳女性・主婦)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    このような感覚が
    もっと拡がってほしいですよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 「国の弱い部分を関税で守っている」この意識が日本国民にまったく足らないと
      思います。TPPが自由貿易ではなくブロック経済なのだというお話にも得心が
      いきました。
      小泉・竹中構造改革によって「会社」そのものがすっかり変化させられてしまった
      という感覚をどれだけの日本国民が持っているか、はなはだ疑問です。
      日本国民は鈍感すぎると思います。
      (東京都・34歳男性・校正)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    わしも10年間、
    警告を発し続けてるのに、
    わかってくれないんだ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ アメリカのTPPに対しての回答である「外需より内需を固持し、さらに国内の
      公共投資を増やしてデフレ対策にする」という案が聞けてとてもためになりました。
      一般人では考えの限界がすぐにきてしまい思考停止になるのですが、これから
      さらに深く考えることが出来そうです。
      (東京都・40歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ハコモノ作り過ぎて
    「公共投資悪玉論」 が
    大勢を占めちゃったけど、
    それは従米ポチの
    改革派のプロパガンダに
    乗せられたからだね。

    将来設計に基づく
    公共投資をして、
    雇用を生み、
    消費できる人々を
    増やすところから
    やり直すしかないんだが。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 紀元前の人間の言葉が現代でも通じるように人間は何千年経っても進化などしない。
      直感力を養えるとしたら歴史を知る、真摯に学ぶことしかないと思います。
      負けるとわかっていても戦わないで済ますことの怖ろしさを先人達は知っていたでしょう。
      よくぞ戦ってくれたと言いたい。
      TPPを推し進めた者達も、それを許した国民も、悪しき例として子孫に刻まれるだろうと
      直感します。
      (女性)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    戦前は戦わざるを得なかった。

    しかし今、
    わしが言ってるのは
    「非戦論」 です。

    わしの方がよっぽど
    平和主義者ですよ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 日本は「共有の精神」を持った民族(だった)こと、それは公の心があるから、
      健康保険しかり、震災時の助け合いしかり、大東亜共栄圏の発想しかり。
      しかし、その「公」や「共有」とは「自立の精神」から生ずるのではないかと思った。
      自信なく、依存し、独立独歩の精神のないところから覚醒しなくては絵文字:重要
      (東京都・48歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    然り。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 結局、TPP参加はアメリカへの奴隷根性が根本にあるのかなと思いました。
      だから、自国の構造が大きく変えられることに対する、極めて当たり前の危機感が
      分からないのだと思います。
      「日本は信頼をベースにした自然国家である」「アメリカは50年後、100年後には
      小国になっている」この2点が本日の要点かと思います。
      (広島県・22歳男性・大学生)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    トラスト=高信頼 の国柄が
    崩れようとしている。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ◆ 本日の感想、というより今年一年を通して道場に参加させていただき
      ありがとうございますと感謝の気持ち、お伝えさせていただきたいと存じます。
      長年ゴー宣の愛読者をしていて本当によかったと思える一年でした。来年も
      道場の師範方々のご活躍をお祈りしております。
      「前夜」を楽しみに読ませていただきます。
      (東京都・29歳男性・会社員)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    礼節のある良い門弟ですね。

     
    今年の初めの
    「ゴー宣道場」から一年、
    TPPやグローバリズムに対する
    懐疑がやっと道場生には
    伝わったようだ。

    来年はどうするか?


    改めてそのことを
    ブログにまず
    書いておこうと思う。
     
     
     
  • 第20回 ご報告

    12月11日(日)午後1時 から 「第20回ゴー宣道場」 を開催しました絵文字:晴れ
    今年最後の「ゴー宣道場」は ホーム 「人事労務会館」 で 行ないました絵文字:昼
     準備中 今回も激戦枠を勝ち取った 設営隊の皆さんが、 早くから集合して 会場の準備を 整えてくれました絵文字:笑顔
    その設営隊の隊長が、 師範方そして 警備を担当して下さる 骨法道場生の皆さんに、 特製手作りの 絵文字:キラキラ 「おやき」 絵文字:キラキラ を 差し入れて下さいました絵文字:食事 給食
    この「おやき」は絶品で、 よしりん先生の大好物絵文字:重要
    小学館の中澤さんが 差し入れて下さった、 シュークリームもとても 美味しかったそうです。
    幻冬舎の志儀さんは 毎回、おにぎりを 差し入れて下さいます。
    皆さん、お心遣い ありがとうございます絵文字:重要絵文字:重要絵文字:よろしくお願いします
    私はいつも最後に ゴミの後片付けをしながら、 羨ましくてたまりましぇん・・・。 「ゴー宣道場」の時は忙しくて、 お昼食べられないから・・・。
    おやき、食べたかった・・・絵文字:泣く
     控え室には差し入れがいっぱい☆ さて、今回のテーマは 絵文字:星  「70年目の日米開戦前夜」  絵文字:星
    現在の 「日米開戦」 と言えば、 やはり TPP問題 は 避けて通れません。
    「ゴー宣道場」は一貫して 「開戦するな絵文字:重要 と 言い続けてきたのですが、 政府や経済界、マスコミは TPP開戦へ一直線です絵文字:急ぎ いつから日本は、 こんなに好戦的な国に なったのでしょう?絵文字:怒る
    このままいけばTPPは 参加せざるを得ない状況に なることは確実です。
    そんな現在の開戦前夜と、 70年前の開戦前夜を 比較して分析し、 何とか形勢を逆転する 方策がないか 探りたいと思います絵文字:ひらめき
     
    いよいよ 師範方が入場され、 第1部が始まりました。
     よしりん師範 高森師範 まずは、やっと再び 浮上してきた 「女性宮家創設」 の 問題について議論しました絵文字:会議
    羽毛田宮内庁長官、 渡邉前侍従長、そして 秋篠宮殿下のお言葉の 意味するところは何なのか? そして本来、 この問題で最も重要な 天皇陛下のご意思は どのようなものなのか?
    そういったことが明確になる 話し合いがされました絵文字:ひらめき
     アドバイザー・五反分氏 今回の裏テーマは 「中学生にもわかるTPP」 ということで、 始めに五反分氏より 「TPP問題」の基礎を 説明してもらいました絵文字:会議
    その後の 師範方の話し合いでは、 70年前の空気と 現在の空気を比較しながら、 何が共通していて 何が異なるのか 明らかになっていきます。
    その議論の中で見えた 面白いことは、 反対派を 「感情論」 という 賛成派こそが、 実は最も 「感情的」 だということです絵文字:ひらめき
    そして第1部の最後に 切通師範が話された、 経済戦争の 本当の恐ろしさには ゾッとさせられます絵文字:冷や汗 もしかしたら 軍事の戦争よりも 経済戦争の方が恐ろしい。 その理由とは?
    ぜひ近々公開される動画で 確認して下さい絵文字:重要絵文字:映画
     切通師範 堀辺師範 会場に戦慄が 走ったところで、 第1部は終了しました。
    新しいwebカメラを導入した ニコニコ生放送は、 大きなトラブルなく 進んだようです絵文字:良くできました OK
    ニコニコ生放送の 画面上に流れるコメントに、 面白い現象が 現われていました絵文字:パソコン
    今まで 皇統問題を扱った際には、 男系絶対派が押し寄せ コメント欄を荒らしていました。 しかし今回、冒頭の 「女性宮家創設」についての 議論の際には、 男系絶対派がコメントをすると、 女系公認派が尽く反論し 駆逐していったのです絵文字:重要絵文字:重要
    ネット上でも、 皇統問題を巡る雰囲気は、 大きく転換点を 迎えているようです絵文字:ひらめき
     ホワイトボードで説明
    第2部の始め、 よしりん師範が ホワイトボードを使いながら、 小泉構造改革以後の 日本の産業構造の変化を 説明しました絵文字:会議上場企業の 内部留保や手元資金が、 なんと戦後最大(絵文字:重要)に なっているのにも拘わらず、 とても好況とは言えず、 デフレが進み 中間層が崩れ 格差が拡大しているのは 何故なのか? その理由がよくわかる 説明でした絵文字:星 ぜひ、これも動画で チェックして欲しいと思います絵文字:重要絵文字:映画
     質疑応答 さて、その後は 参加者との質疑応答に 移りました。
    マスコミの報道についてや、 日本人にとっての幸せとは何か、 日本の保険制度や労働観、 少子化&高齢化問題、 戦勝国との関係性、 外国人労働者・移民問題、 「既得権益」について、 現代日本人の「改革神話」 ・・・等々、多岐に亘った 議論が展開されました。
    道場終盤で 注目して欲しいのは、「世界の市場にうって出て 自由競争で勝つべきだ絵文字:重要 と、あたかも弱肉強食の 世界の中で、勝ち残れる 自信があるかのように 見えるTPP推進派が、実は 「自信がないから TPPを結ぼうとしている」 と指摘されたことです絵文字:ひらめき
    それは戦後日本人の 精神性の問題に 関わってくることです。
    そして、 TPP問題に関して 今すべきこと、 まだやれることは 何なのか? 次の勝負は どのタイミングかなども 示しています。 まだまだ 諦めてはいけません絵文字:重要
    ぜひ、動画を最後まで ご覧になって下さいね絵文字:重要絵文字:映画 笹師範
    振り返ってみると、 今年最初の 「ゴー宣道場」のテーマは『日本に “ 新しい夜明け ” は来るのか?』 でした。
    そこで、よしりん師範は 女性天皇の誕生に繋げて、 TPPやグローバル 自由貿易を批判し、 近代の超克という 大きな物語を示しました絵文字:晴れ その時はいまいち 反応が薄かったものの (AKB48も絵文字:重要)、 1年経ってみたら 「ゴー宣道場」の 重要な軸になっています。
    特にTPPに関しては、 「第17回 ゴー宣道場」 の 議論をまとめた動画 『緊急警告 TPPに参加してはならない』 が多くの方に観られ、 TPPの危険性が 広まったように思います絵文字:パソコン
    今年は「ゴー宣道場」が 大きく一歩進んだ一年でした絵文字:急ぎ
    来年の日本は、 今年以上に 様々な問題が起き、 激動の一年になると 予想されます。
    そんな中、 「ゴー宣道場」は どんな役割を果たして いくのでしょうか!?絵文字:星絵文字:星
    さて、 来年第一弾「ゴー宣道場」は、 ITジャーナリストの 佐々木俊尚 氏 をゲストに迎え、 絵文字:パソコン  『ソーシャルメディアの罠』  絵文字:パソコン というテーマで開催します絵文字:重要
    「グローバリズム」 という 一つの “ イデオロギー ” を、 人々が何の疑いもなく 「良きこと」 として 捉えてしまっている 大きな要因の一つに、 世界を身近に感じさせる 「インターネット」 が挙げられます。
    特に、ソーシャルメディアが 広まった近年は、 それが一層強まったのでは ないでしょうか?
    そこに潜む 「罠」 とは何なのか絵文字:質問
    ソーシャルメディアは、 師範方よりも参加者の 皆さんにとっての方が 身近なツールでしょうから、 皆さんの意見もどんどん 聞いていきたいと 思っています絵文字:重要絵文字:笑顔
    真剣に、そして楽しく 議論していきましょう絵文字:重要絵文字:笑顔
  • 第20回 70年目の日米開戦前夜

  • 第20回 語らいタイム

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ