ゴー宣ネット道場

アンケート
2016.8.14 15:35

第57回「ゴー宣道場」アンケート回答2

57回「ゴー宣道場」『おそるべき天皇 生前退位の真相』

参加者のアンケート回答2です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「公」を体現なさっている天皇のご存在を取り上げている

今回、高森先生のお話を伺っているだけで涙が出ました。

天皇以外の人生を望まないとは、常人には全く計り知れない

次元におられるのだと改めて思いました。

笹さんもおっしゃっていましたが、私達国民がいかに天皇

という存在に甘えきっていたかということを、今回の

「生前退位」のご意向が明らかになって、思い知りました。

(東京都・36歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Y染色体男系カルトの信者が政権内部にまでいるから、

天皇陛下は追い詰められて、国民に直接訴えるしかなかった

んだね。

それでも男系カルト信者は妨害に血眼になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆明日、陛下によるビデオメッセージの公開ということも

あってか、今までにない熱気こもった師範方の話がきけた

と思います。

J・F・ケネディの言っていたことを少し変えて引用すると

「天皇が我々に何をしてくださるかでなく、我々が天皇に

対して何ができるか」ということを考えるべきだと思いました。

不敬極まりない知識人の発言が多くあるなかで、

125代続く皇統、皇室を護っていくことを今回の道場で

再確認できたと思います。

(大阪府・15歳男性・高校生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おおっ!ここにも15歳の少年が!

立派だぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森先生の知識量の多さとレファレンス能力の高さは

素晴らしいですね。

質疑応答の中で、シャーマニズムはないと言い切られる

キレの良さも素晴らしかったです。

(愛知県・32歳男性・公務員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高森氏の知識量は圧倒的だからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆天皇、皇室の方々が社会的弱者へ目を向けておられる

ということを改めて感じました。

私の兄も心身障害者なので、一般社会が障害者に対して

冷たいというのは、本当にそう思います。

天皇、皇室の存在は日本の良心です。

(京都府・41歳男性・大学研究員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

陛下が弱者に優しいのは、大変ありがたい。

わしの目を覚まさせてくださるから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆「天皇は何故不自由か」よーく解りました。

重責を引き受けられた覚悟、今上天皇の「象徴」たらん、

並々ならぬ熱意にも心打たれました。

特に、国民が忘れてしまう存在を天皇は忘れないどころか、

心を配られる。ホントに!

このような皇室を存続して欲しいというよしりんの言葉、

胸にささりました。

僧侶として、世襲の問題は切実です(私は在家出身ですが、

息子達)。

ダメダメも多いですが、運命と覚悟を引き受けた僧侶には、

ホントに立派な方がいます!

(岐阜県・55歳男性・僧侶)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ましてや皇位の世襲となると、基本的人権の放棄ですから、

恐ろしいことですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆不敬を恐れずに言えば、天皇陛下の経済的地位は、

中小零細企業の社長さんぐらいであるということが、

高森先生の話でよくわかりました。

その暮らしぶりは、おそらくわが国の中間層のそれに近い

のでは、と思いました。

サヨクが皇室のことを「ぜいたくな暮らしをしている」と

批判しますが、とんでもないウソ話だな、と納得しました。

民主主義においては、結局、多数派が優先されます。

このことは、常に少数派の障害者にとっては、如何に

恐ろしいことか。

この現実に対し、天皇、皇室が障害者に温かい目を向ける

ことで、ある意味強く抵抗していることを、

改めて確認しました。

(愛知県・43歳男性・司法書士)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弱肉強食の原理を和らげる効果が、天皇の存在にはあると

思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆民主主義の暴走を防ぐカウンターとしての陛下の存在、

そして立憲主義の存在を改めて学ぶことができました。

特定個人・組織の暴走、独裁を防ぎ、人々の自由を守る存在

としての陛下の無私と懐の大きさ、深さを知ることが

できました。

(大阪府・45歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天皇がいなければ、ヒトラーが出てくるだけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆私は小学生の時にカブスカウトで国体のボランティアを

していた際、天皇・皇后両陛下がお出ましになられ、

子供心にも身震いした思いがあります。

また、東日本大震災の際、メッセージをいただいたことで、

励ましになり、この天皇の制度はいつまでも続くように

したいと思っています。

そのためには、私も一生懸命制度を守るために頑張って

いきます。

(大阪府・33歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分が誰かに信頼される存在なら、誰かに話して伝えて

ほしいですね。

陛下の今の思いと、皇統の危機の現実を。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆天皇が祭祀を司っているということの重要性がよく

わかりました。

日本の中で最高の権威が神の前で額づくことでより

大きな存在に対する畏怖の念を忘れないようにする、

ということなのですね。

民主主義が暴走するのを防げるのも天皇である、というのを

聞いて、天皇の存在がこれからの世の中にも絶対に必要

なのだと感じました。

(三重県・33歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そのように必要性を本気で感じていないから、皇室の方々を

バッシングし、譲位や皇位継承の決定権の自由も、天皇に

与えない、それがY染色体カルト教団の連中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆白熱した議論、高森師範の檄に圧倒されると同時に、

師範方のかけ合いがとても面白く、楽しめました

(特に小林師範と高森師範は下手なコントより面白かったです)。

私は神道系の大学に在籍しており、天皇について学ぶ機会も

多いのですが、陛下の生前退位については、講義を聞く限り

ダンマリかあまり話題にならず、話題にする先生もいますが、

誤報だと言ってきかない始末です。

それゆえ今回の道場はとても有意義でした。

さて、質問です。私の大学の先生に、スサノオの命も皇祖神で

あると言ってきかない人がいますが、どうなのでしょうか。

(岡山県・19歳男性・大学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

記紀神話は解釈がいくらでも生まれる可能性があるから、

気を付けなければオカルト雑誌「ムー」のようになって

しまいます。

スサノオノミコトにしても、出雲神話の祖神とも考えられる

から、アマテラス大御神とは別系統の氏族の神だったのかも

しれません。

アマテラス大御神は卑弥呼だったのかもしれないから、

旧譜皇統譜どおりに、皇祖神は女性神だったというので、

いいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13歳下の妹がいます。ダウン症です。

彼女は皇室が好きなようです。

5年程前、一般参賀に誘ったら「行く」と言ったので

母と私と3人で行きました。

すごい人で143cmの妹にはほとんどお姿が見えなかった

ようで悲しそうだったので「100分待ったらもう少し近くで

見られるかもよ」と言ったところ、「待って、お顔が見たい」

と言って、寒い中、文句も言わず本当に100分待ちました。

そして先ほどよりは少し近くでお顔を拝見できて喜んで

帰宅しました。

普段は、他のことにはこんなことはないのに…

陛下のお人柄が伝わるからなのか…?と、

母と「とても不思議だね」と話した一件でした。

(東京都・41歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番美しいものが分かるんでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆天皇皇后両陛下が、月の色につて質問した盲目の子に

(ベートーベンの)『月光』を贈ったエピソードに、

両陛下はこんなささいなことにも心砕かれていることに

涙ぐみそうになりました。

そんな陛下の願いをくみ取ろうともせずにひたすら踏み

にじろうとする輩にひたすら憤りが湧きました。

(東京都・38歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天罰、神罰が下ることを祈ろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森師範が意外に熱い男で驚きました。

不勉強で詳しいことはわかりませんが、シンプルに考えて

自分のおじいちゃんや近所のおじいちゃんが隠居を

願い出ているのであれば「お疲れさま。」と言ってあげる

のが人情ではないかと思います。

僕は陛下のご意思に従いたいです。

世界第一、第二の経済大国でありながら、世界最古の皇室を

抱く日本の象徴である天皇を、これからも守っていかな

ければならないと真に思いました。

また関西でも開催してください。

(滋賀県・36歳男性・販売業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わしとしては吉本新喜劇を見るために開催したいですね。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ