ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.8.25 12:42その他ニュース

専業主婦も立派な役割の一つ

先ほどのよしりん先生ブログに
早速門弟からの反響です!

 


 

本当に、これは前々から
思っていたことでした。

本日のブログ
「専業主婦も社会的貢献をしている」
に同感でした。
私は、結婚後正社員共働き
→出産後専業主婦(10年くらい)
→パート共働き
と、振り返ってみればすべての結婚後の
女性の立場を経験していますが、
専業主婦も立派な社会貢献の一つで、
立派な役割の一つであると断言できます。

専業主婦家庭=男尊女卑家庭
であるかのような見方をしている
女性(男性)にたまに出くわす
ことがあるのですが、
そんなことはあり得ないと思う。

専業主婦家庭でも男尊女卑家庭
ではないところもあるし、
完全共働き家庭でも男尊女卑家庭の
ところもあるでしょう。

男尊女卑かどうかは、女性を下に
見ているかどうか?であって、
各家庭の試行錯誤の上で成り立った、
専業主婦家庭かどうか?という
「家庭の在り方」でしかないものを捉えて、
男尊女卑か?どうか?と見る向きが
世の中的にあるような気がしますが、
そんなことはあり得ない!と思っています。

専業主婦時代は、子ども3人育てて、
一日中おんぶして家事と育児と
息つく暇もないほどで、ここ(家)は
戦場か!!!だったし、
365日、何年も睡眠不足時代が
続いている中でのたまーの
息抜きの友人とのランチが、
どんなに楽しかったことか。
(よしりん先生が目撃している
専業主婦の方々も、家に帰れば
戦場のはずですよ、きっと)

こんなに大変な仕事が世の中に
あったのか!と、慧眼でした。
これを、社会貢献と言わずして
なんというのか?

「どうせお前は家でゴロゴロテレビでも
見て、たまに子供の相手して遊んでる
だけだろ?俺は外で働いてるんだぜ。
なんで家の中がこんなに汚いんだ?
そのくらいできるだろう!」
と、戦場で奮闘してクタクタになった
奥さんに、偉そうに見下した発言する
ダメ男と同じになっちゃう
じゃないですか。

一方で、「専業主婦こそ女性の生き方」
と決めつけるようなものも
間違っていると思う。
働くことが好きで輝く女性だって
沢山いるし、それぞれの夫婦で
決めればよいこと。

さらに言えば、家庭の経済状況、
子供の有無、子供の年齢等々…
その時々の家庭の状況によって柔軟に
家庭の「形」も変化していけば良いことで、
女性の生き方を1つの形に固定して
しまうのはあまりにもナンセンスだし、
そんなの窮屈で逃げ出したくなります。

私がゴー宣道場に参加し始めたのは
専業主婦だった時です。
その後、家庭の事情で共働きへと
変化しました。
子供が小さくても道場に参加できたのは、
家族の理解と、近くに理解のある母がいて
私が道場へ行っている間子供たちの
面倒を見てくれていたからです。
専業主婦家庭は、子供が小さいご家庭が
多いと思うので、なかなか親が子供を
置いて外出するのも大変な時期だと思います。
道場に託児ルームがあれば、もっと
専業主婦の方々も参加しやすく
なるかもしれませんね。

ふー。
つい、日頃思っていたことを
吐き出してしまいました。
失礼いたしました・・・
(よっしーさん)

 


 

「主婦もプロだ!」というのは、
ファースト・ゴー宣時代からの
よしりん先生の持論で、
24年前の「就職氷河期」の際、
女子大生の専業主婦願望が高まった時も、
安易に結婚に「安定」と「永遠の休息」を
求める女はキライだとした上で、
働く意気込みを持って
主婦業を
行っている
「働く主婦」はいるのだと
評価しています。
事あるごとに、
一貫してるなーと思わされます。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ