ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2018.11.28 02:39日々の出来事

『新潮45』はつぶれて当然?

倉持師範のブログを拝読。
人権とか自然権とか、私は全然わからないので、
ぜひ次回道場でご意見をお願いします!

皆さん、申込締切は今日ですよ!
参加申し込みはコチラをクリック


さて、移民問題や人権については当日の議論のテーマとして、
ちょっとひっかかったので、これだけ書かせてください。

『新潮45』の問題について。

「あれは表現の自由ではない、営業の自由だ。
営業利益を追求して誰かの人権を傷つけたら廃業は当然」
「新潮45が売り上げのためだけにあんな差別的な特集
組んでるのが許されるわけないでしょう」

私は『新潮45』にとてもお世話になったけど、
路線が変わってからは編集担当者にクレームもつけたし、
ブログでも掲載記事を批判したりした。
内部事情もそれなりに知って、休刊とわかったときは
「やっぱり、そうか・・・」と思ったけれど、
それでもやはり『新潮45』がつぶれて当然、とは思いません。
「あんな差別的な特集」って言うけれど、
そして確かに朝日批判特集も小川記事も
ろくでもないと私も心底思うけれど、
新潮社で培われてきた論壇誌をひとつ失った損失は
計り知れないものがあると思います。
倉持師範の言葉を借りるなら、「表現の自由は
特別であり尊いし、特に守られるべきもの」だからです。
それを言う倉持師範が、なぜ「新潮45は許されない」と
言い切ってしまえるのか、わかりません。

また「被害者」もきめ細やかに見極めないと、
ポリコレによって無敵の権利主体に仕立て上げられるという言、
それはその通りと思います。
であるなら、なおさら、『新潮45』の被害者が誰なのか、
誰が何によってどう傷つけられたのか、
明確でなければなりません。
でないと、『新潮45』はつぶれて当然、という側こそが
無敵の権利主体になっているかもしれない。

そのことに、無自覚であってはならないと思います。

 

笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ