ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
笹幸恵
2021.8.4 17:34ゴー宣道場

岡山といえば・・・コレ〈後編〉

岡山開催の中四国ゴー宣道場、
もう申し込みされましたか?

岡山の魅力といえば、「オハヨー乳業」!!!
というわけで、前回ブログにてご紹介しました。
岡山といえば・・・コレ〈前編〉

さて、後編は・・・「吉備路」です!

歴史好きにはたまりませんぜ。
何といっても古墳やら神社やら、あちこちに
史跡が詰まっておりますからな~。ぐふふ。

前回の岡山道場では、古墳を目当てに吉備路をサイクリング。
お天気にも恵まれ、萌えまくって東京に戻りました。

※古墳にコーフンしている様子は、こちらをご参照ください。
吉備路の古墳

吉備路にはほかにもいろいろ見どころがあります。
基本ルートはこちら。

岡山県のサイトからも見られます↓
https://www.pref.okayama.jp/page/573732.html

吉備津駅からサイクリングロードがあるのだけど、
それを知らなかった私は、備中高松駅からスタート。

桃太郎電車、かわいいよ!

レンタサイクルのおっちゃんに、
「マスクしてないの?」とイヤミったらしく
言われながらも、チャリンコでかっ飛ばす!



見て、この景色!
都心のコンクリートジャングルにいたら
感じられない開放感!ひゃっほ~い♪


道路は整備されているし、適度に看板があるので
迷いません。


戦国時代好きにおススメなのは、備中高松駅の
すぐ近くにある高松城跡。

羽柴秀吉の有名な「水攻め」の標的がまさにココ!

ちょっとした公園のようになっています。

ほかには、本殿や拝殿が国宝に指定されている
吉備津神社などがあります。
神社めぐりが好きな人にもおすすめ!

体力に自信のある方は、岡山から総社まで
かっ飛ばしてちょうだい!


というわけで、岡山を訪れたら、
壮大な歴史の流れと人々の営みを
ぜひ体感してくださいね~。


中四国ゴー宣道場のテーマは
『女性天皇・女性宮家は不可能なのか?』

私たちは天皇を戴く長~い歴史の延長線上にいます。
その先の未来に、何を、どう残していけるか。
吉備津の空気とともに、縦軸に位置する自分を感じつつ、
ご参加いただけたら嬉しいです♪


【第101回 ゴー宣道場 in 中四国】
■テーマ:『女性天皇・女性宮家は不可能なのか?』
■日時:令和3年10月10日(日)14:00〜
■ゲスト:矢部万紀子氏 (コラムニスト)
■場所:岡山市内
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:1,500円(税込、小学生以下は無料)
■応募〆切:8月17日(火)
※応募が定員を上回った場合、予定より早く締め切る場合があります。
■お申し込みはこちら↓
https://www.gosen-dojo.com/application/
笹幸恵

昭和49年、神奈川県生まれ。ジャーナリスト。大妻女子大学短期大学部卒業後、出版社の編集記者を経て、平成13年にフリーとなる。国内外の戦争遺跡巡りや、戦場となった地への慰霊巡拝などを続け、大東亜戦争をテーマにした記事や書籍を発表。現在は、戦友会である「全国ソロモン会」常任理事を務める。戦争経験者の講演会を中心とする近現代史研究会(PandA会)主宰。大妻女子大学非常勤講師。國學院大學大学院文学研究科博士前期課程修了(歴史学修士)。著書に『女ひとり玉砕の島を行く』(文藝春秋)、『「白紙召集」で散る-軍属たちのガダルカナル戦記』(新潮社)、『「日本男児」という生き方』(草思社)、『沖縄戦 二十四歳の大隊長』(学研パブリッシング)など。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ