ゴー宣DOJO

BLOGブログ
ゴー
2024.1.31 00:15

【外道】愛子様を褒めるふりしてディスりマウントをとってる記事はコチラです/筆者の心の薄暗い部分が現れてるよ(=_=)

か弱い個人事業主のゴーです。

 

しかし、寒い日が続きますね(・∀・) 

こんなときは温そうめんに限ります。

もちろん深夜ハイカロリーの時間帯です。

今日のはサバ缶ナムルが入っているのがポイント。

タンパク質と食物繊維がいっぱいよ(・ω・)

 

で、温かいそうめんを食べながらSPA!を読んでたのですが、ヤベー記事が(-_-;)

みなぼんさんからめっちゃ批判されてる通り、読んでみるとこりゃヒドイ。

みんなも買って読んでね!

 

突っ込みどころ満載ですが、愛子様に対し、何となく批判されにくそうなレトリックでもってディスってますね(@_@)

 

字面としては「愛子様は雅子様を守ろうとしている!母親の望む人生を歩もうとしている!」的な孝行娘として(?)持ち上げるフリをしたりとか(*_*)

 

でも、本当に読者に印象づけたいことは「愛子様は一見すると非常に円満な人格のお方に見えて、次の皇太子に相応しいと思いそうになるけど、違うんだ!あいつは病んだ母と一体化しちゃってて、国民より自分らを優先してるんだ!」という偏見です。書いてておぞましい内容だが、そういう印象を受けたんだから仕方ない(@_@)

 

例えば、愛子様について、『「あんなお手本のような〝いい子〟って天然にはいない。作り物めいている」と知人も言う。』との文もある。でも、そんな評価する人が本当にいるの??

 

「知人」じゃなくてお前が言ったんだろ!と感じちゃうよね。で、私も、ついさっき知人とこの記事について話したんだけど、その知人は「そんな捻くれ過ぎた評論する人っているんだ。グロテスクだわ。」と言ってたよ。それが一般国民の感覚だわさ(・∀・)

 

その知人は、山口氏を知らないんだけど、「どうしてそんな人が雑誌の連載なんかもってるの?ほかの人いないの?」と訝しがっていた。

私が「櫻井よしこがもう歳で、三浦瑠麗が失脚して、で、今、彼女何となくホシュ?リベラル?で使いやすいんじゃないの」と説明したら、少し納得してた。

まあ、人材難ですね(・ω・)

 

東大出て、ハーバードも出て、財務省弁護士もちょっとやって、頑張ってストレートフラッシュにそろえた人生なんだろう。で、愛子様を見ちゃったけど、見たままを素直に肯定したくないんだろうね。

 

自分にないものがありすぎて。別にいいのに。素直に感謝してたらいいのに、欠落してるのが普通なんだからさ、俺もそうだしね。みんなも読んでみるといいよ。己の心の屈折薄暗い所が、レトリックで隠そうとしたけど、モロに現れてしまった文章の典型だ。

ゴー

昭和50年生まれ。神戸市在住。一児の父。いまのところ弁護士。サラリーマンが長続きせずバイトも続かず三十代で司法試験を目指し間違って合格。こんな責任が重い仕事は早くリタイアしたいと思っている。19歳から読み始めた漫画(ゴーマニズム宣言)を未だに卒業できず今日に至る。同書は今も隠れて読んでいる。仕入れた知識や思想で過去の自分にマウントをとるのが好き。本当は沢山の人とゴー宣の話題で盛り上がりたいと思っている。

次回の開催予定

第116回

第116回 令和6年 4/20 SAT
14:00~17:00

テーマ: ゴー宣DOJO in名古屋「人権カルトと日本人論」

INFORMATIONお知らせ