ゴー宣DOJO

BLOGブログ
ゴー宣ジャーナリスト
2024.1.28 09:00ゴー宣道場

<コロナ真理教の人々㉟>【誤解:人工ウイルス説なんて陰謀論】

<コロナ真理教の人々㉟>byカイジロウ
【誤解:人工ウイルス説なんて陰謀論】

 

それは違います。
人工ウイルス説があまり語られないのは理由があります。
実はこれは私も書きたくないトピックで、それは表面的な受け止めで陰謀論と捉えられる可能性が高い一方、その事実を知ったところで対策の手立てがないという点では無意味だからです。

ウイルス変異は統計的にその進化を辿れます(分子時計※①)が、このcovid-19の配列はその進化が中立的でないばかりか、モデルナが2016年に取得した特許と同じ配列があるというのが人工説の根拠です※②。
※①:分子時計(wikipedia)
https://w.wiki/8ebu
※②:フーリン切断部位の謎(荒川央)
https://note.com/hiroshi_arakawa/n/n4f31e24ddf1c

お分かりと思いますが特許は公知情報でありデマの可能性は低いわけです。
思い返せば騒動は中国のウイルス研究所がある武漢で感染拡大したことが発端でした。新幹線の事故車両を埋めるように研究所が閉鎖された国柄を考えると、真実の解明は難しいかもしれません。

しかしここで短絡的に人口削減の陰謀論などに結びつけないことが肝要です。
事故か意図的かは分かりませんが、いずれにせよこのウイルスは人工である可能性が高いという事実だけを抑える必要があります。

そもそもウイルスの毒性を高める機能獲得研究は普通に行われています。
実際ウイルス学の権威である東大の河岡教授の研究は、アメリカで深刻な事故を起こして禁止措置となり、やがて解除されています※③。
※③:致死的ウイルスの改変実験を解禁(nature)
https://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/v15/n4/致死的ウイルスの改変実験を解禁/91562

危険な研究を完全に禁止出来ないのは、国としては技術を国内に囲い込んだ方が安全保障上有利だからです。
言わば核開発研究のようなものですが、この研究は平和利用も出来ず、小資金少人数でも可能なことが厄介です。

つまりもはや我々の科学は危険なウイルスを作り出すことが出来るし、グローバルな世界情勢の中で禁止にも出来ず、今後も同じような騒動があり得る時代に生きていることを認識しなければならないのです。

<参考文献>
『コロナワクチンが危険な理由』荒川央(花伝社)
『コロナワクチンが危険な理由2』荒川央(花伝社)

 

コロナ真理教の人々〈第1シリーズ〉
庶民が医学に疑問を持たねばならない
医学は科学ではない
医学の常識は歴史と共に変わる
医学は宗教に近い
人は信じたいことを信じる
医学と闘うために
誤解:コロナは恐怖の殺人ウイルスである
誤解:超過死亡は出ていない
誤解:死亡が増加しているのはコロナのせい
誤解:ワクチンがコロナを抑え込んだ
誤解:未知のウイルスだから最初は分からなくて当然
誤解:今更コロナを振り返っても意味ない

コロナ真理教の人々〈第2シリーズ〉
⑬誤解:コロナワクチンで薬害は起きていない
⑭誤解:そんなに酷い薬害ならマスコミが騒ぐはず
⑮誤解:ワクチン効果は、打つまで分からなかった
⑯誤解:ワクチン有効率95%はスゲエ
⑰誤解:コロナワクチンは感染を防いだ
⑱誤解:コロナワクチンは死亡を防いだ
⑲誤解:それでもワクチンは感染死亡を防いだ
⑳誤解:ワクチンは集団免疫達成に必要だった
㉑誤解:mRNAワクチンは救世主の技術だ
㉒誤解:mRNAワクチンは安全だ
㉓誤解:でもインフルワクチンは効いているでしょ?
㉔誤解:でもワクチンで天然痘が絶滅したでしょ?
㉕誤解:健康であればあるほどよい
㉖誤解:製薬会社は人々の健康のために創薬している
㉗誤解:行動制限に意味はあった
㉘誤解:病院に行くほど健康になる
㉙誤解:マスクに感染防止効果はある
㉚誤解:マスクに効果がなくても念の為にした方が良い
㉛誤解:でもマスクに害はないでしょ

コロナ真理教の人々〈第3シリーズ〉
㉜誤解:でも健康診断は身体のためだよね?
㉝誤解:日本の研究者は誠実で優秀
㉞誤解:薬害は推定無罪であるべき

 

 


 

 

 

【トッキーコメント】
ともかく、人工ウイルスはつくられうるということは意識しておかなければならないようですが、そうなると、今後は新種のウイルスが現れる度に人口削減の陰謀論などを騒ぎ立てるなどが必ず出てくるだろうということも予想されます。
厄介な時代になったものです。科学技術の進化は、ロクな未来を呼ばないという気もしてしまいます。

 

ゴー宣ジャーナリスト

次回の開催予定

特別回

特別回 令和6年 7/27 SAT
14:00~17:30

テーマ: 「愛子さましか勝たん!」

INFORMATIONお知らせ