7226429

2012/12/30

安倍叩きは朝日新聞の社是という陰謀論

Tweet ThisSend to Facebook | by トッキー
よしりん先生の
登場です!!
・・・・・



朝日新聞のインタビュー記事が
やけに評判になっていて、
常識ある一般国民に
「面白かった」と言われる。


これを見て、
安倍晋三とネトウヨの
関係性についての取材が
他からも来ている。


一般国民は、国の最高権力者が、
ネット右翼ともたれ合いになるほど、
弱い精神の持ち主だとは
知らなかったようだ。


弱いのは大腸ばかりだ
と思っていたらしい。

ネトウヨの支援を待望して、
ネトウヨに呼びかけているうちに、
安倍晋三自身がネトウヨ脳に
なってしまっている事実もある。


藤原帰一が言ってもいない
言葉をねつ造し、流布し、
風評被害を与え、
これを訂正も謝罪もしないという
「嘘つき首相」になっているのも、
安倍晋三自身がネトウヨ化した証拠だ。

幻冬舎から出た本で、
朝日新聞主筆の若宮という者が、
安倍叩きは朝日新聞の社是
だと言ったというくだりがある。


いくら主筆がその覚悟で
安倍叩きをしてたとしても、
「社是」は大げさだろう。


安倍叩きが激しければ、
朝日新聞の「社是」ならば、
民主党叩きが激しかったのは、
産経新聞の「社是」だったということになる。


一人の論説委員が
大げさに言ってみただけの
情報を鵜呑みにして、
「安倍叩きは朝日新聞の社是」
という風評を拡げている者、
信じている者が増えているのは、
異常なことだ。

特定の政治家バッシングを
「社是」にする新聞社なんか、
あるはずがない。


常識ある大人ならば、それはわかる。

実際には、テレ朝にも、
朝日新聞内にも、
「安倍シンパ」の記者が、
安倍晋三のオフレコ会合に
参加しているのだ。


わしのインタビュー記事も、
安倍批判だったのに、
手放しで歓迎されたわけではなく、
社内からは猛烈にクレームがつけられ、
担当してくれた記者と
複数の気概ある記者が守ってくれたらしい。

しかし、わしから見れば、
オフレコ会合で、
権力に洗脳される記者の方がヤバイ。


 

 

 

 


18:10 | よしりん先生の登場