ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2022.9.14 10:58メディア

言論人とは到底言えない卑怯!「鳥兜筆者」のデマ

表現者クライテリオンは、いい雑誌だと思います!
特に昨日も触れた武術研究家・甲野善紀氏の記事で、甲野氏が語った新型コロナ騒動に関する見解は100%同意です!
(でも、だったらなんで編集長がワクチン打ったのか疑問ですが…)
その「表現者クライテリオン」が、よりよい雑誌になってほしいと思うからこそ指摘させていただいております。

昨日挙げた7月号巻頭コラム「鳥兜」の以下の記述について、さらに詳しく検証します。

〈この学者は、「自己の相対化を説く講話は平時ならば格調高い祝辞になるかもしれないが、ロシアと心理戦を交えることになった今、そのような発言は慎むべきだ」とも述べていた。紛争当事国でもない日本の映画監督にそれだけ言うのだから、八十年早く生まれていたら、さぞかし立派な「国民精神総動員」の指導者になったであろう。〉

鳥兜筆者はこのように慶應大の細谷雄一教授をこき下ろしたわけですが、鳥兜筆者はそもそも論争のルールというものを完全に無視して恥じない人のようで、ここでも細谷氏の発言をものすごく恣意的に「つまみ食い」しています。

少々長くなりますが、これは非常に重要な問題なので、実際の細谷氏の発言を全部紹介します。

4月15日、まず細谷氏はこのツイートをしました。

そしてこれに関連して、以下の連続ツイートをしています。

ちなみにロシア軍が撤退した後のブチャで虐殺の惨状が明るみなったように、ドイツ軍が撤退した後のアウシュビッツなどでの惨状が明るみに。だがその前の時期には、ドイツが悪くはない、英仏に戦争の原因だという議論もありました(ヴェルサイユ体制批判論含む)。今回の戦争とも似ています。

権威主義体制における相手の責任を強調するプロパガンダと、民主主義諸国における自己批判とは、しばしば不幸にして共鳴することがあります。後者は真摯な姿勢かもしれませんが、今回のウクライナ戦争ではロシア政府がプロパガンダとしてそのような民主主義国の自己批判を大量にリツイートで利用。

ロシアの政府機関が発信する情報は信頼度が低いので、むしろ民主主義諸国の国内の真摯な自己批判のツイートなどが、大量にロシアの政府機関によるリツイートでSNS拡散し、悪いのは米国だ、NATOだという発信が量的にも多くなる。それを何気なく見る人たちが、米国批判とウクライナ批判に傾斜する。

ですのでその点を留意しないといけません。ロシア国内では、ウクライナ戦争についての自己批判のSNSなどでの発信は、処罰対象となります。なので、出てこない。以前から指摘されている、自由主義的で、開放的な民主主義国が「影響力工作」に対して脆弱であることが、今回のウクライナ戦争でも明瞭に。

確かにロシアばかりを批判するべきではなく、ウクライナにも問題があった、アメリカにも問題があったという主張はそれ自体としては何ら不思議なことではなく、健全なことなのかも知れません。だが戦争中にそのような健全な発想の発信が、実は「心理戦」において悪用されていることにも留意すべきでは。

なので、鳩山元首相がなぜ頻繁にロシアや中国に招待されて、両国できわめて高い評価を受けているのか、そしてなぜその主張や発信がしばしばロシアや中国のメディアで取りあげられて拡散されているのか、その構造がご理解頂けるのではないでしょうか。

こういった議論に疑念を持つ方は、前にも紹介した下記のリンクをご覧下さい。世界中のロシアの政府機関で、発信回数の順位で、なんと日本語で発信する(つまり日本国民のみに発信している)駐日ロシア大使館が第4位。そして、ツイート数が137回に対して、リツイート数が2万1900回です。
securingdemocracy.gmfus.org
Hamilton 2.0 Dashboard
Hamilton 2.0 Dashboard

そしてそれらのリツイートなどを通じて、米国批判、ウクライナ批判の発信が拡散、蔓延。それらを見て、やはり米国が「悪の権化」と反射神経で感じた人たちの発信が、さらにまたリツイートされる(利用される)という構造。そしてそれらの一部の方が、私に対して攻撃を仕掛けてくるというシステムです。

 

これだけの長い前提があった上で、細谷氏は最後に映画監督・河瀨直美氏の東京大学入学式における祝辞について、こう書いたのです。

 


 

河瀬監督の自己批判、自己の視点の相対化の講話は、平時であればきわめて真摯な、格調の高い祝辞になったかもしれません。だが、現在の「心理戦」のなかで、そのようなシステムに組み込まれていることに対する無自覚なところに、私は懸念を感じました。河瀬監督に一切否定的な感情はありません。

 


 

公正な議論を尊重する人ならば、これを見れば唖然とするはずです。
鳥兜筆者のやり口は卑怯すぎます。
とても言論人として認められるものではありません。

細谷氏は権威主義国との戦争における「心理戦」の実態についてこれだけ懇切丁寧に説明した上で、河瀨氏の祝辞に懸念を示したのです。

ところが鳥兜筆者はその前提部分を全て無視し、しかも細谷氏が言ってもいない「そのような発言は慎むべきだ」という言葉を入れて、発言を改ざんして紹介し、細谷氏が「『国民精神総動員』の指導者」のように、問答無用で特定の意見の表明を封殺しようとしたかのごとく、でっち上げて非難したのです。

鳥兜筆者は完全なデマ屋です。
このような人が書いていては、「表現者クライテリオン」の信頼性は地に落ちると言わざるを得ません。

 

【ロシベタクライテリオン論破祭り】
第1回 ウソついて逃げるクライテリオン藤井聡!
第2回 ロシアのプロパガンダを「多面的な解釈」と強弁する藤井聡!
第3回 道路交通法と国際法の区別がつかない藤井聡!
第4回 藤井聡の言う「多面的解釈の外交」とは何か?
第5回 NATOの東方拡大はアメリカの「裏切り」か!?
第6回 確かにアメリカは悪い! けど…?
第7回 ロシア経済崩壊の「主犯」は誰か?
番外編 藤井氏動画コメントに見る、クライテリオン読者・支持者の「程度」
第8回 藤井聡が依拠する、伊藤貫の「国際情勢認識」の正体
第10回 藤井聡氏に小学校の国語のテスト。
第11回 クライテリオンは朝日と産経の「悪いとこ取り」
第12回 ブチャ虐殺を「フェイク」だと思っていた藤井聡
第13回 「魔女狩り」という言論封じワード
第14回 もう一度、道交法と国際法の違いについて。
第15回 藤井聡氏の国際法軽視は西部邁氏の悪影響か?
第16回 明日よりクライテリオン論破祭り、最終章!
第17回 河瀨直美の祝辞はどう見ても「どっちもどっち論」「相対主義」(しかも日本絶対悪主義)だ!
第18回 篠田英朗氏は河瀨直美氏を「魔女狩り」したのか?
第19回 池内恵氏は河瀨直美氏を「魔女狩り」したのか?
第20回 細谷雄一氏は河瀨直美氏を「魔女狩り」したのか?
第21回 国連決議の「多数決」で「正義」は語れない?
第22回 「一般的道徳」って、何だろう?
第23回 平和ボケと自虐史観に完全に侵された放言

トッキー

次回の開催予定

特別回

特別回 令和4年 10/9 SUN

テーマ: オドレら正気か?in神戸「密教で語るとどうなるか?」

INFORMATIONお知らせ