7155539

2017/11/14

恐怖で怯える週刊文春(その1)

Tweet ThisSend to Facebook | by よしりん

なんということか、週刊文春!ここまで腰抜けだったか!

山尾事務所に対して、文芸春秋の顧問弁護士から、抗議文書が

届いたのである。

 

わしのブログ「狂気に走る週刊文春(その1)」で、山尾氏を

尾行していた神田知子ニット帽の男の写真を載せたこと、

そして追加文書を載せたことが、「肖像権」「著作権」

「侵害する可能性があります」などとのたまっているのだ。

 

「いや、いや――!」

「尾行してた男女の写真を逆に撮られちゃいや――!」

「はんずかし――!」

「プロとしてみっともな――い!」

「大恥なの――!」

 

「だから弁護士に頼んで脅してもらっちゃう!」

「ストーカーの肖像権の侵害よ――!」

 

「私たちは山尾さんの写真をいくらでも盗撮していいの――!」

「人前でデマを言いふらして、山尾さんを追いかけ回し、

写真をバシャバシャ撮ってもOKなのよ――!」

「それは私たち週刊文春は正義だからなの――!」

 

「山尾さんは悪なのよ――!魔女なのよ――!」

「魔女狩りしたいの私たちは――!」

 

「けれど盗撮してる私たちの姿は盗撮しちゃいや――!」

「すっごく盗撮に弱いの私たち!」

「今回の小林よしのりのブログは恐怖で泣いちゃったの――!」

 

「盗撮ストーカーには肖像権があるのよ――!」

「弁護士さん、脅して――!」

「私たちは完全になめられているから、法律で守られた――い!」

 

カスである!とことんカスである!

ゴロツキ並みの手法を使って、山尾・倉持の人権をとことん

踏みにじったくせに、大恥かいたら法で守られたいという

クソ野郎どもが、地獄を見せてやる!!


18:18 | メディア