ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2018.11.29 13:15

古谷経衡の極悪デマに激怒!

古谷経衡が、名誉棄損モノのデマをぶん撒いている!!

古谷は、在日コリアンに対する「在日特権」デマと、アイヌ協会をめぐる不正経理問題を一緒くたにして、「アイヌ特権」というデマを流している奴がいる、その元凶が小林よしのりだと、一切事実無根のデマを「現代ビジネス」に書き、それがYAHOO!ニュースでも拡散している。

古谷はこう書いている。

〈小林は「アイヌ民族など存在しない」というトンデモな主張を繰り返し、「アイヌは北海道の先住民ではない」という妄想を漫画やブログで発表した。

 特に「アイヌ民族は存在しない」という持論については、学術的な根拠を何ら示さないばかりか、「殖産の時代、アイヌ民族は自らを『アイヌ』と自称していなかったから」という屁理屈を展開し続けた。〉

「殖産の時代、アイヌ民族は自らを『アイヌ』と自称していなかったから」
などと、一体どこで書いたのか、根拠を示してもらいたい。
古谷は、人が言ってもいないことを根拠にして、人を差別者として非難している。
卑怯極まりないデマ屋である!!

断言できるが、古谷は小林がアイヌ問題について描いた『ゴーマニズム宣言NEO2 日本のタブー』を、1ページも読んでいない。
この本では、学術的にも、歴史的にも綿密な検証を行っている。

「アイヌ」とは「人間」という意味であり、北海道において「アイヌ」が自ら一集団を形成したことは歴史上一度もなく、一律の「アイヌ文化」を形成したこともない。
北海道島には3大系統7分派ともいわれる社会集団が分立していたのである。
そして、アイヌと和人は前近代から混交しており、血統的にも純粋アイヌは存在していない。
昭和10年の時点で、アイヌの言語学者知里真志保はアイヌは「今ではすっかり日本化」したと言い、「父母がアイヌ語を使うのをほとんど聞いたことがなかった」と言っている。

繰り返して問うが、小林よしのりがいつ、どこで、「アイヌ民族は自らを『アイヌ』と自称していなかったから、アイヌ民族など存在しない」と言ったのか、証拠を示してもらいたい。

それができない限りは、私は決して古谷を言論人としては認めない。

ここまで悪質なやり方は、香山リカでさえやらなかった。
古谷経衡は、香山リカ以下の極左だ!

 

デマ屋古谷経衡批判一覧!

古谷ツネヒラちゃんの陳腐な『戦争論』批判
古谷経衡の戦争論批判が陳腐である理由
『戦争論』の「ネタ本」が渡部昇一だという下司ライターのデマ
『戦争論』の中核『南の島に雪が降る』
『戦争論』の「情の論理」がわからないかわいそうな人たち
なぜ『戦争論』が大東亜戦争肯定論を書いたかわからないやつら
情も知性もないことを自ら晒しているライター
よしりんに「さようなら」できないツネヒラちゃん
ツネヒラちゃんの言動の「元ネタ」は渡部昇一?
古谷経衡さんを誤解していました。
ストーカー古谷ツネヒラのデマツイート

『女政治家の通信簿』批判
1.男女格差ランキング114位を実証する国辱記事
2.女性の地位が低い理由を「自己責任」に転嫁する古谷経衡
3.欺瞞と矛盾の塊!古谷経衡『女政治家の通信簿』
4.古谷経衡がルックスにこだわる理由
5.古谷経衡は女性を個として認識していない
6.古谷経衡「女性政治家の地位が低いのは天皇制のせい」?
7.男尊女卑の本音は細部に表れる
8.所詮は権力と共謀している古谷経衡
9. 今さらの疑問
10.古谷経衡は差別者の味方

その場で言えず「新潮45」で悪口雑言のヘタレ古谷経衡
カメレオン古谷経衡の卑怯極まりない記事
正直者・古谷ツネヒラの告白

 

 

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ